本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

2018-11-06から1日間の記事一覧

児童書の萌え絵化論争について、いまさらだけど現役学校司書の視点で考えてみた

しばらく前になりますが、子どもの本の表紙絵が萌え絵化しているという話がSNSで話題になっていましたね。 いまさらですが、小学校で司書をやっていて感じることをふまえて、自分の考えを書いていこうかなと思います。 他の方々の意見を見ていると、選ぶのは…

読み聞かせにおすすめの絵本23『おにころちゃんとりゅうのはな』

『おにころちゃんとりゅうのはな』 やぎたみこ:作 岩崎書店 おにころちゃんとりゅうのはな (えほんのぼうけん 16 ) 作者: やぎたみこ 出版社/メーカー: 岩崎書店 発売日: 2010/08/24 メディア: 大型本 この商品を含むブログ (1件) を見る くもの上にすんで…

ほどける男子とこじれる女子

はじめのあいさつをしてから、絨毯のスペースに子どもたちは向かう。 読み聞かせをするために、そこに着席するときには落ち着いた状態でいてほしいという願いを、子どもたちはしらないだろうけど、司書はひそかにもっている。 クラスによっては、本当に静か…