本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

2019-03-09から1日間の記事一覧

【百人一首】を第一首から学ぶ(49・50)

百人一首を第一首から学ぶ(49・50) 49首目 御垣守 衛士のたく火の夜は燃え 昼は消えつつ ものをこそ思へ 大中臣能宣 訳 宮中の門番が焚くかがり火は、夜は赤々と燃え盛り、昼になると消えてしまう。 それと同じように、夜には激しく燃え上がる私の心…