本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

2019-03-19から1日間の記事一覧

【百人一首】を第一首から学ぶ(67・68)

百人一首を第一首から学ぶ(67・68) 67首目 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ 周防内侍 訳 春の夜の夢のようにはかない腕枕のために、つまらないうわさが立ってしまったら、それは誠に残念ではありませんか。 解説 親しい…