本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

子どもに本を読んでほしい大人のエゴに触れた

塾の生徒、中学三年生の女の子に、最近何か本を読んでる? ときいてみた。 すると、「『天地明察』を読んでいます」と返ってきたのでおどろいた。 天地明察(特別合本版) (角川文庫) 作者: 冲方丁 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2014/06/20 メディア: …

Wixというツールでホームページを作っている

Wixという無料ホームページ作成ツールで、二つホームページを作っている。 一つは、勤めている塾のもの。 もう一つは、絵本関係の。 現在、塾のホームページは委託という形で、iタウンページにほとんど丸投げしている状態。 時々、夏期講習だとかで新たなお…

こんな上司はいやだ【殺虫剤】

上司からきいた話。 ふうんという部分と、えっという部分と、それから、うわあという部分。 上司がある日、夜にコンビニに寄ったときのこと。 高校生のアルバイトらしき男の子が、店の入り口付近のガラスに何かスプレーらしきものを噴射していたそう。 近づ…

親切と迷惑

その男は、ドアを開けるといつもかしゃかしゃと耳障りな音を立てながら入ってくる。 たいていはコンビニの袋で、学生の買い食いのような中身をぶら下げて、なぜだか不機嫌そうな顔をして、あいさつにもなっていない声を出す。 その後、自分をふくめて二人し…

元学校司書が塾で働くとこんな企画を思いついてしまう

暑い。 外はそんなにでもない、と言っても、歩いたりなんかしていれば、すぐに背中にじんわりと汗をかくくらいには暑い。 職場は、外から丸見えというわけではありませんがガラス張りの構造となっていて、日が差し込むととにかく暑い。 でも、二人しかいない…

塾に設置した本棚から人気作を紹介

塾に本棚を設置して、数か月が経ちました。 本が好きな生徒もけっこういて、よく、授業が始まるまでの時間、棚を眺めては気になるものを立ち読みしたりしている姿も見られます。 入塾した当初から、読書家で、すでにいろいろと読んでいる子がいるのですが、…

個別指導の塾講師と学校司書の大きな違い

学校司書をやめ、個別指導型の塾の講師になったことで、大きく変わったことがあります。 それは、大勢の前で喋る機会がなくなったということです。 学校司書になる前は、司書がこんなにも対人の仕事だとは思ってもみませんでした。(そもそも、学校司書にな…

個別指導塾の講師となって一日目の話

新年度が始まりました。 世の中は来月からの年号「令和」の話題で盛り上がっていますね。 私個人としては、学校司書でなくなって、塾の講師としての日々のスタートです。 ただ、これまでもかけもちでやってきたアルバイトが正規の社員となった形なので、がら…