本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

日記

図書館のBGMは少しずつ上手くなる【学校司書をやめるまでの話 その16】

春の読書旬間を終えると、おだやかな日々が待っていました。 次の学校行事は音楽会で、だんだんと、学校全体がそれに向かっているという雰囲気に。 図書館も音楽室も二階で、図書館の窓から音楽室が見えました。 光の加減で、人の顔はほとんどわからなかった…

図書委員会によるクイズの発表【学校司書をやめるまでの話 その16】

春の読書旬間では図書委員会の発表があるということですが、来たばかりの自分には、どういった感じなのかが全くわかりませんでした。 去年までの様子をきくと、クイズをやったり、劇をやったり、まあ、年度によっていろいろだそうで。 準備の時間があまりな…

図書委員会の当番活動始まる【学校司書をやめるまでの話 その15】

オリエンテーションが始まって、朝と休み時間に図書館が開館するようになると、図書委員の子たちの当番活動が始まります。 仕事は三つあります。 ・カウンター ・本を棚に戻す ・棚の整理 これらをローテーションで、二人か三人一組で回していきます。 カウ…

高学年から低学年への読み聞かせ【学校司書をやめるまでの話 その14】

www.nahdaannun.com 先生たちのおすすめの本の紹介企画の準備は着々と進んでいきました。 しかし、読書旬間の企画はほかにも。 子どもが子どもに読み聞かせをする企画があるということに、最初は驚きました。 高学年のおにいさんおねえさんが低学年の子たち…

慣れてきた頃に春の読書旬間【学校司書をやめるまでの話 その13】

www.nahdaannun.com 音楽会での職員合唱ではその前にちょっとした出し物がある、という話を前回の記事で書きました。 あまり人前でしゃべったりなにかしたりするのが得意ではない自分にとって、当時流行っていたパーフェクトヒューマンのセンター(あっちゃ…

1年生と学校図書館【学校司書をやめるまでの話 その12】

5月の連休が明けると、1年生のオリエンテーションが待っています。 2年生以上は、もう図書館を利用してきているので、新米の学校司書よりもこの学校の図書館をよく知っています。 図書館の使い方や、どういったことをしたら怒られるのか、ということも。 …

読書ノートは面倒くさい?【学校司書をやめるまでの話 その11】

通常の図書の時間が始まった。 各クラスが週に一度図書館に授業としてやって来る。 各学年1クラスずつ+特別支援学級が2クラスの計8クラスなので、かなり少ない方ではある。 でも、初めての年は毎週読み聞かせをする絵本を考えたり、ブックトークの内容を…

毎日朝読書の時間があるのは幸せなこと?【学校司書をやめるまでの話 その10】

どこの小学校でもそうなのかな。 1年生だけは、オリエンテーションをするのは5月の連休明けということになっていた。 たぶん、小学校というものに慣れて、先生に慣れて、授業というものに慣れてきてようやく、図書館のお勉強を、ということなのだろう。 だ…

どんな絵本を読み聞かせればいいのか!?【学校司書をやめるまでの話 その9】

オリエンテーションが終わると、次の週からは通常の図書の時間に。 といっても、初めてなので通常の図書の時間がどういったものなのかもわからない。 とりあえず、流れやルーチンを決めておこう、ということで。 ・まずは読みきかせをする。 ・そして、その…

5年生のタブーと6年生の実情【学校司書をやめるまでの話 その8】

各クラスのオリエンテーションが終わると、朝や休み時間に子どもたちが図書館にやって来るようになった。 まだイベントも何もできず、ただ、子どもたちが来てくれるのを待っているだけの時期で、それでも図書館に来る子たちというのは、あとではっきりしたけ…

初めてのオリエンテーション【学校司書をやめるまでの話 その7】

初めてのオリエンテーションはとにかく緊張した。 学校司書というのが子どもたちの前でどのようにふるまい、どういったことをしゃべればいいのか。 たしか、4年生のクラスだった。 図書館の開館時間や貸出冊数、してはいけないことなど、子どもたちはきっと…

給食の時間は休憩にならない 【学校司書をやめるまでの話 その6】

1年生を家まで送ることと、給食を食べきること。 その二つが図書館開館までの主な仕事といってもいいくらい、なかなかハードだった。 1年生は、日々分担が変わるので、初日に送った子たちからどんどんやんちゃ度が増していって、人数も4人とか5人になっ…

初めての給食補助と1年生の帰り道【学校司書をやめるまでの話 その5】

子どもたちが入学してくるようになった。 でも、図書館はまだ開館していない。 それまで通り、一週間後くらいから、各クラスのオリエンテーションをして、それが済んだクラスから貸出ができる、という形になっていた。 入学式の次の日も、だから、図書館の整…

学校司書になり、学校司書をやめるまでの話 その4

いよいよ、入学式・始業式の日。 朝は、入学式の準備も終わっていて、入場までしばらく時間があったので、図書館に行っていた。 何をするわけでもないんだけど、職員室でぼうっとしているよりは、やっぱり図書館にいる方が落ち着くので。 図書館にいると、次…

学校司書になり、学校司書をやめるまでの話 その3

子どもたちが登校するようになるまでの数日は、ばたばたしていた。 からだが、というよりも主に心が。 何をしたらいいのかわからない。 だれかが、これをして、あれをして、と指示をくれることもなく、学校司書になったらこれをしなさいというマニュアルもな…

学校司書になり、学校司書をやめるまでの話 その1

学校司書をしていた頃の日々を、この頃よく思い出す。 今の仕事も自分には合っていると思うし、自分で決めて選択したことだから、もうそれはそれで仕方がないことなんだけれど。 どうせ思い出すのなら、と思って、このブログに当時のことをいろいろと書き残…

健康診断で要精密検査の「E」が出た原因

今週のお題「運動不足」 自分が運動不足だとはっきり自覚したのは、三年前の健康診断でのことです。 当時、学校司書一年目で、初めてのことだらけで毎日てんやわんやしていたのですが、ある日届いた健康診断の結果を見ると肝機能の欄が「E」。 要精密検査と…

Wixでホームページを作ってみました【絵本・学校図書館】

このブログを始めて1年くらいが経ちました。 絵本や小説の紹介や、学校司書時代の実践紹介などについて、つらつらと書いてきましたが、その裏で、ひっそりとホームページ作りなどもしていました。 パソコンもネットもプログラミングもあまり詳しくない自分…

腱鞘炎・バネ指は甘く見てはいけない

腱鞘炎・ばね指について 腱鞘炎になりました。 八月の頭くらいから、右手の親指がなんか痛いな、どこかで突き指でもしちゃったかな、と思いながらも、そのうち治るだろうと放置していました。 普段生活している分にはそれほど痛くはないのですが、深く折り曲…

母に更級日記をおすすめしたのだけれど

先日、休みが合った母と数年ぶりに本屋に行った。 枕草子が好きな母に、更級日記をおすすめしたところ、どの本で読めばいいのかと言われたので、お昼ご飯を食べにいった帰りにそのまま本屋へ。 検索機で調べてみたところ、二冊以上在庫有りを示す○のマークが…

子どもに本を読んでほしい大人のエゴに触れた

塾の生徒、中学三年生の女の子に、最近何か本を読んでる? ときいてみた。 すると、「『天地明察』を読んでいます」と返ってきたのでおどろいた。 天地明察(特別合本版) (角川文庫) 作者: 冲方丁 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2014/06/20 メディア: …

『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延 大ヒットしそうな本

以前は土日のどちらかに分担場所の掃除をするようにしていたのだけど、この頃は休日はもう楽しいことだけをやると決めている。 なので、土日にしない分、月曜日にやることになる。 塾の仕事に専念してから、午前中は時間があるので、そこで掃除をする。 なの…

今村夏子さん『むらさきのスカートの女』芥川賞受賞に際して【祝】

www.nahdaannun.com 以前記事にも書いた、今村夏子さんの『むらさきのスカートの女』が芥川賞を受賞したそうで。 むらさきのスカートの女 作者: 今村夏子 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2019/06/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『…

図書館と書店と14の夜と蒙古タンメン中本の一日

三連休真ん中の、高速バス乗り場の駐車場は車で溢れていた。 まだ遠出している人もいればこれから出かけようとしている人もきっといて、停めてはいけない場所に、申し訳なさそうに何台もの車が。 機嫌が悪ければふてぶてしい顔にも見えるんだろう。 そういう…

気になる新刊『カザアナ』森絵都 他数点

ここ一週間ほどの新刊で気になるものをピックアップ。 カザアナ 作者: 森絵都 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2019/07/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 国の規制が増し監視ドローン飛び交う息苦しい社会で、負けじとタフに生きる母…

学校司書の責任について思うこと

司書による児童の監督責任についての話がツイッターで話題になっていたので、学校司書をしていた時のことを思い出しながら書いてみます。 学校司書になったばかりの一年目の四月のこと。 当時の勤務校では、司書は給食を子どもたちと一緒に食べる、という風…

Wixというツールでホームページを作っている

Wixという無料ホームページ作成ツールで、二つホームページを作っている。 一つは、勤めている塾のもの。 もう一つは、絵本関係の。 現在、塾のホームページは委託という形で、iタウンページにほとんど丸投げしている状態。 時々、夏期講習だとかで新たなお…

嫌いなものについて 好きな作家について【じょるのの好きな作家リスト】

人の良いところを見るようにしたい、と常々思ってはいるのだけれど、どうしても嫌なところばかりが目につく。 これまでに出会った人の中にも、全然人を嫌わずに、悪口も言わず、むしろ、その人を肯定的に見ようとしているという仏のような人がいて、自分はこ…

たとえことばが面白い【たとえことば辞典】

『たとえことば辞典』 丸善に出かけたときに、ふとこの本が目に入った。 たとえことば辞典 新装版 作者: 中村明 出版社/メーカー: 東京堂出版 発売日: 2011/07/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る たとえると楽しい、と…

こんな上司はいやだ【殺虫剤】

上司からきいた話。 ふうんという部分と、えっという部分と、それから、うわあという部分。 上司がある日、夜にコンビニに寄ったときのこと。 高校生のアルバイトらしき男の子が、店の入り口付近のガラスに何かスプレーらしきものを噴射していたそう。 近づ…