本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

読み聞かせが苦手すぎる司書がおすすめする絵本の話1

 

まわるよる (おひさまのほん)

まわるよる (おひさまのほん)

 

 

まわるよる

作者 tupera tupera

小学館

 

 

寝る前にみていたテレビの光景が、夢にでる、というよくある話。寝ぼけまなこで回転寿司の番組をみていた主人公は、お母さんに「ベッドに行きなさい」と言われ、たこのぬいぐるみを持って、じぶんの部屋に向かう。

 

主人公のベッドは厚みのある白いマットレスに、赤いかけ布団。

そのフォルムはどうみてもあれ……。

 

そしてねむりにつくと、とつぜん、ベッドががたんと音を立てて動き始める。ぱかっと何かのドアが開き、主人公は眠ったままベッドごとどこかに流されていく。

 

そこは回転寿司のレールの上。

 

主人公はマグロのお寿司になってしまっていた……!

 

ほかにも、子どもたちが様々なお寿司となって、同じように流されていく。

そして、その先で待ち受けているのは……。

 

 

すごく短い絵本で、あっという間に読み終わります。

でも、ずっしりとした読後感。

というのも、夢でした、よかった、というものでなく、本当にあれは夢だったのか? という疑問が残るような仕掛けがあるのがポイント。

 

読み聞かせをしたときも、子どもたちから「えっ、あれがある!」とか「現実になってる!」とか声をあげ、「こわーい」という声もちらほら。

 

いつもじぶんがしていることも、目線を変えればとてもおそろしかったり、残酷なことに思えたり。

でもだからこそ、「いただきます」という言葉が形だけでなく、そこにきちんと感謝の気持ちをこめられますように、と思えたりも。

 

 

そして、タイトルの『まわるよる』。

主人公が回転寿司のレールにのって回る、そんな夜という意味もあるだろうし、もうひとつ、まわっているものがある。

それは最後のページを読むとわかるようになっていて、それがまた、この絵本をよりホラーチックにさせている。

 

こわい本が大好きな子どもたち。

「こわかったあ」という声がもれる一方で「ぜんぜんこわくなかった!」という勇ましい声も。そう声高に言うことで、こわがっているじぶんを守ろうとしているんじゃないの? といじわるな大人は考えてしまうんだけど、ファンタジーをリアルに置き換えられない子にとっては、もしかしたらちっともこわくないのかも。

 

食育の勉強とかにも使えそう(?)だし、夏のホラーシーズンにもおすすめ。

一度読んだら忘れない、インパクト大の絵本でした。