本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

ブログの更新を約一ヶ月、ほぼ毎日続けることができたお祝い

このブログを始めてだいたい一ヶ月が経ったので、それっぽい記事を書いてみます。

 

まずは、大勢の読者登録、ありがとうございます。

164人!!

なによりの励みです。

こんなにたくさんの方に読者登録をしていただけると思っていなかったので、びっくりしています。うれしいです。

 

案外、世の中絵本が好きなひとが多いのでしょうか。

全然違っていたらごめんなさい。

 

そして、いつも、スターやコメント、はてブ、ありがとうございます。

通知を見ては、にまにましています。

 

あまり、いろいろなことが長続きしない性格だと自覚しているので、このブログもいつまで続くことかと思っていましたが、一ヶ月続いたということはたぶん半年続けられるということで、半年続けられるということは一年続けられるということです。

 

そういう話を、以前、校長先生から聞いたことがあるような気がするのです。

 

その校長先生は、ある日、朝、子どもたちが登校してくる時間に、学校のすぐ近くの交差点に立つように決めたそうです。

でも、家は遠いし、暑かったり寒かったりもする。

毎日続けられるのだろうか、と思ったこともあるそうです。

 

でも、実際に一週間続けてみる。

と、意外となんとかなる。

それを四回、一ヶ月続けてみても、無理じゃないことがわかってくる。

 

そうして、三か月が過ぎ、半年が過ぎ、一年が経ったそうです。

 

「一ヶ月続けば、一年続けるのもそれほど苦じゃなくなってくる」

 

そんな風におっしゃっていました。

たぶん、このブログも同じようなものなのかなと思います。

それに、校長先生も、朝、子どもたちにあいさつをするのを楽しみながら、交差点に立っていたのでしょう。

 

ブログも、自分が楽しいと思うように書いていければと思っています。

そして、それが、だれかの役に立ったりしたら、それ以上の喜びはありません。

 

一ヶ月目は絵本の紹介が主でした。

これからも、読んだ絵本やおすすめの絵本の紹介は続けていきたいと思っています。

また、今後は絵本だけじゃなく、そのほかにも、児童文学や純文学等の文芸作品も紹介していきたいなあと考えています。

 

 あんまり、中身の無い報告になってしまいましたが、書きたいことができたら書くというスタンスで、これからもゆるくできるだけ長く続けていきたいと思います。

 

お付き合いいただけるとうれしいです。

では。

f:id:nahdaan:20181031195836j:plain