本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

この動物たちの違い、言えますか? 話したくなる、似ている動物の見分け方!

突然ですが、動物は好きですか?

 

個人的には、ひつじと、ねこが好きです。

でも、ひつじとやぎって、なにがどう違うんだろう?

そう考えたときに、はっきりしたことを言えない自分に気がつきました。

 

好きな動物なのに、違いがわかっていないなんて……。

 

似ているけれど、どこかが違う。

でも、どこがどう違うのか、はっきり言えない……そんな動物たちはいないでしょうか。

 

たとえば、先ほどのヤギとヒツジ。

調べてみました。

しっぽの状態というのが、違いのうちの一つです。

ヤギのしっぽは短くぴんと立っている一方で、ヒツジのしっぽはないか、長く垂れているか、という違いがあるそうです。

 

また、群れを作るのかどうか、という点では。

ヤギは単独行動を好みますが、ヒツジは群れをつくって暮らします。

 

首の太さについては。

ヤギは全体にスマートで、ヒツジはずんぐりしています。

 

攻撃方法は。

ヤギはツノを攻撃に使いますが、ヒツジはツノをもっている種類もいますが、攻撃には基本的に使いません。

 

といったような違いが、両者にはあります。

 

 

言われてみればわかる気がしますが、そうだったんだ、という感じです。

 

 

ほかにも、例えば、アシカとアザラシの違いをご存知でしょうか?

 

耳(耳たぶのようなもの)があるのがアシカで、ないのがアザラシです。

上体を起こせるのがアシカで、起こせないのがアザラシ。

魚のように泳ぐのがアザラシで、そうでないのがアシカ。

 

というような違いで、見分けることができます。

 

 

今回、色んな動物の違いについて調べようと思ったときに、うってつけの本が売っていたので、即購入してしまいました。

似ている動物「見分け方」事典

似ている動物「見分け方」事典

 

 こちらの本を読むと、似ている動物たちの違いがよくわかります。

 

 

この記事で紹介した動物以外にも、

ハムスターとモルモットや

ヤマアラシハリネズミ

テンとイタチや

ジュゴンマナティー

などなど、ぜんぶで27パターンの違いを説明してくれています。

 

違いのわかりやすいイラストもたっぷりあって、非常に読みやすい一冊です。

動物好きの方におすすめです。