本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

授業中、教科書よりも国語便覧を読んでいたのは誰

先日、書店に行ったときのこと。

 

尾崎世界観さんと千早茜さんの『犬も食わない』を探したのだけど、どうやら在庫なしらしい。

王様のブランチのブックランキングでも一位になっていたから、品薄なんだろうか。

犬も食わない

犬も食わない

 

仕方がないので、友人に薦めてもらった片桐はいりさんの『わたしのマトカ』を探してみるも、こちらも置いてない。

そこの書店は、中古本の買取・販売も行っており、中古の棚にも行ってみたのだけど、やっぱりない。

 

文庫の棚は著者別のあいうえお順になっていて、探すときに、目線が左から右へと移りつつ、同時に、上下していることに気づく。

出版社によって、背表紙の上から題名・著者名となっていたり、著者名が先にあってそれから題名だったりするせいだ。

 

結構、目が疲れる。

そして、だんだんと探していた本とは全然違うところに目がいって、ぱらぱらとめくる。

 

好きなジャンル、というのは、歳をとれば変わっていく。

昔は恋愛小説ばかり読んでいた。

といっても、どの本が恋愛小説なのかもよくわかっていなかったし、恋愛小説だと思っていた作品も、いま思えばそうでもなかったんじゃないかというものも。

 

社会人になってからは、純文学と児童文学を主に読むようになった。

どちらかといえば苦手意識のあった近代文学も。

 

近代文学とひと口に言っても、いろいろある。

自分に合うのは、志賀直哉や武者小路実篤といった、いわゆる白樺派。

素朴でありながら、洗練された簡潔な文章に惹かれる。

でも、そこにこめられている意味の深さといったら。

 

高校生の頃、国語便覧を読むのは好きだったのだけど(読書好きあるあるでしょうか)、作家のそれぞれの作風とかまでは知らなかったし、作品もほとんど読んでいなかった。

その作家がどういう作品を書いたのかがわかった上で読むと、国語便覧は、より楽しめるというのを、大人になってから知った。

 

だからやっぱり、早い時期からいろんなジャンルの本に触れている学生なんかをとても羨ましく思う。

あの頃にもどれたら、もっと貪欲に、便覧に載っている作家の作品を片っ端から読むくらいの勢いで読書をしたい。

でもきっと、自分は自分なので、そうじゃない読書をしてきたから、いまの読書好きの自分がいるんだろうとも思う。

 

 

それで、書店での話にもどると、目的の本のことを忘れて、棚をぶらぶらながめているうちに、この頃(自分にとっての)新しい作家を全然発掘できていないし、そろそろ新境地に行きたいという気もちがじわじわとわいてきた。

 

でも、なまじいろんな本を読んできたばっかりに、偏見や先入観が先立ってしまい、この本は自分の感覚には合わないだろう、というセーブがかかってしまう。

何も知らなかった頃は、そういうのがなかったと思うんだけど。

 

そんなわけで、未読の作家さんの作品を読みたいという気もちをもちつつ、でも、ぴんとくる本がない、という不完全燃焼状態で店を出ることに。

 

きっと、こういうのもタイミングがあるんだと思う。

何かの雑誌で見かけて興味を持ったり、新しく出会った誰かにおすすめされて手に取ったりと。

だから、焦らずにその機を待ってみようと思うきょうこの頃なのでした。

武者小路実篤詩集 (新潮文庫)

武者小路実篤詩集 (新潮文庫)