本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

読み聞かせにおすすめの絵本38『みえた! ジャングルのおく』

クリスマスのプレゼントにもおすすめ 変わり種絵本

 

『みえた! ジャングルのおく ひかりではっけん』

キャロン・ブラウン:作 アリッサ・ナスナー:絵 小松原宏子:訳

くもん出版

みえた! ジャングルのおく (ひかりではっけん)

みえた! ジャングルのおく (ひかりではっけん)

  • 作者: 今泉忠明,キャロンブラウン,アリッサナスナー,河原孝行,Carron Brown,Alyssa Nassner,小松原宏子
  • 出版社/メーカー: くもん出版
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

あらすじ

いきものでいっぱいのジャングル。

一本一本の木を、枝を、葉っぱを、小さな草を、よく見てみるとそこかしこにむしやどうぶつがくらしています。

 

どんな生きものがいるのでしょう?

 

ページのうしろからライトで照らしたり、ページを光にかざしたりしてみると、あらふしぎ!

かくれているものが、見えてきます。

 

たとえば、葉っぱの上でひなたぼっこをしている虫たちがいます。

その、葉っぱの裏がわには、なにがいるのでしょう?

 

たくさんのチョウが、いっせいに飛び立ちました。

なにかにびっくりしたようです。

えだをゆらして、いたずらしたのはだれでしょう?

 

細くて長いつるが木の枝にからまっています。

と、そこに、なにかがいます。

つるみたいに枝にまきついているこの生きものは、なんでしょう?

 

ジャングルに咲いている、あざやかな色の花たち。

そのみつを吸っているのは、だれでしょう?

 

 

あっちにもこっちにも、ジャングルのいたるところに、いろんな生きものがかくれています。

 

 

感想

ページに光を当てたり、光にかざしたりすると、ページの裏側の絵がすけて、前のページとリンクする、というなかなか新しい絵本。

宇宙たんけん (はじめての発見―たんけんライトシリーズ)

宇宙たんけん (はじめての発見―たんけんライトシリーズ)

  • 作者: クロードデラフォッス,ガリマールジュネス社,ドナルドグラント,石井玲子
  • 出版社/メーカー: 岳陽舎
  • 発売日: 2007/12/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

『たんけんライト』というシリーズの絵本があって、付属のライトのようなものを動かすとそこだけ明かりに照らされているように見える、という楽しい絵本もあるけど、それとはまた違って、この本も楽しい。

 

それぞれのページに、必ずなにかが隠れていて、そのまま読んでいる分にはなにも見えないんだけど、光にかざしたとたん現れるそのおどろき。

f:id:nahdaan:20181211195734p:plain

https://shop.kumonshuppan.com/shopdetail/000000002574/disp_pc/

↑くもん出版さんの公式サイトの紹介です。

ライトを使わなくても、天井の蛍光灯の明かりにかざしてもみえます。

 

かくれている生きものたちのバリエーションも豊富で、この絵本を読んでいると、ジャングルに生息する生きものたちについて詳しくなることも間違いなしです。

生きものたちの特徴についても、短い文ですが、各ページにあります。

 

 

大人数の前での読み聞かせにはあまりおすすめしませんが、自宅で子どもといっしょに読む、というくらいなら、むしろぴったりかもしれません。

次のページは? 次は? と子どもがどんどん読みたくなる姿が目に浮かびます。

 

クリスマスシーズンの、絵本のプレゼントにもおすすめです。

 

 

同シリーズに『みえた! からだのなか ひかりではっけん』も発売しています。

みえた! からだのなか (ひかりではっけん)

みえた! からだのなか (ひかりではっけん)

  • 作者: キャロンブラウン,レイチェルサンダース,山内慶太,Carron Brown,Racheal Saunders,小松原宏子
  • 出版社/メーカー: くもん出版
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

こちらはからだの中の見えない部分が透けて見えてしまう、というものです。

 

臓器のはたらきや、食べたものがからだの中のどこを通っていくのか、といった、保健の勉強にも繋がりそうな内容となっているので、自然や生きものに興味のある子でしたら、ジャングルの方を、からだや命に興味がある子でしたら、こちらのからだのなかを。

 

きっと、夢中になって、光にかざすことと思います。

親子でいっしょになって楽しめる絵本でした。

 

読み聞かせにおすすめの絵本のまとめの記事です。

よろしければこちらもどうぞ。

www.nahdaannun.com

 

それではまた。