本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

約3か月で合計10万PV達成できたお祝い【はてなブログ】

f:id:nahdaan:20181008233533j:plain

ブログをはじめて、約3ヶ月が経ちました。

一ヶ月目は好きなように好きなことを書いていただけですが、二ヶ月目にはもう少し、誰かの役に立つ記事を書きたい、という気もちを持って、絵本の書評や読書、図書館に関することなどを綴ってきました。

三か月目は絵本だけでなく、児童書、小説の書評もちらほらと書くように。

 

ざっくりと、この3か月間のふり返り。

初めてのバズり

幸いなことに、こちらの記事で、多くのはてブやツイッターでのリツイート、まとめサイトやニュースサイトで取り上げていただくことができました。

www.nahdaannun.com

バズることがある、というのは話には聞いていましたが、実際に自分が書いたものがそういう状態になったのは初めてです。

f:id:nahdaan:20181227215525p:plain

アクセス解析の画像を見ていただけるとわかるように、この記事をアップしてからの二日間が異常なアクセス数となっています。

 

一日約3万アクセス。

 

それまでは一日100アクセスとか、よくても250くらいだったので、300倍のアクセス数を叩きだしてしまったことになります。

 

はてブの人気エントリーに載せていただいたことと、ツイッターで多くの方がリツイートをしたりコメントをしてくださったりしたことに感謝です。

 

ブログというのは、自分の体験や感じたこと、それから、書評のように何かを紹介するもの、というイメージがありました。

でも、今回の記事で、自分が書いたもので、他の知らない方々の意見を引きだしたり、多くの場所で話題にしてもらえる可能性がある、ということがよくわかりました。

 

自分の考えが波及して、多くの方々の意見がより表に出てきた、というのはうれしいことです。

賛成反対に関わらず、そこにある感覚のズレ、というのは、見えているようで見えていないことが多い気がするのです。

 

 

この3万アクセスがあった二日間は、もう、常にスマホにはりついていたいくらい、いろんな通知がひっきりなしでした。

仕事中だったので、表面上は冷静に、でも内側はハイテンションという感じでした。

 

このハイな気分は麻薬のようなもので、また、どうしてもバズを期待してしまいます。

そうして、やたらと狙った記事を書いてはすべって、がっかりする、というくり返しを体験させていただいたのも、この記事のおかげです。

 

やっぱり、期待はしないのが一番です。

期待するから人は傷つくんです。

でも、期待するのが人でもあるのでしょう。

 

それに、アクセス急増した後の棒グラフを見ると、面白いように黄色い棒がぺしゃんこになっていきます。

日々、激減していくアクセス。

そういう悲しみも同時に教えてくれた、初めてのバズりでした。

 

とにもかくにも、とり上げていただいたサイトや記事等のみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

自分のような初心者でも、いろんなタイミングや運が重なれば、こういうことがあるという、ビギナーズラックの良い例だと思います。

 

10万PV達成までの道のり

そして、初めてのバズを経験してから二ヶ月弱ほどは、こつこつと絵本の紹介記事を書いたり、日記的な文章を書いたりしていました。

 

最初のころと比べれば、格段にPV数は増えているのですが、一度バズを経験してしまうと、もどかしく思えてしまう辛さがありました。

 

でも、先日ようやくこつこつ書き続けた結果が。

f:id:nahdaan:20181227215905p:plain

合計のところをご覧ください。

10万PVを達成することができました!!

(スクショが適当なのはお許しください)

 

萌え絵の記事関連で9万アクセスほどだったので、他の記事がいかに、まだそれほど読まれていないかが逆にわかってしまいます。

でも、ビギナーズラックも大事にしていきたいものです。

 

先ほどの記事の他に、多く読んでいただけた記事です。

www.nahdaannun.com

www.nahdaannun.com

www.nahdaannun.com

www.nahdaannun.com

 

こちらの記事でも、多くのはてブやスターをいただき、ありがとうございました!

 

飽き性の自分がこんなにブログを書き続けることができるとは思ってもいませんでした。

ひとえに、読んでいただいている皆さんのおかげです。

いつもありがとうございます。

 

 

独自ドメインをとったり、アドセンス申請し合格までこぎつけたり、パソコン音痴の自分にとっては、それはそれは苦難の連続でした。

いまでも、いろいろとよくわかっていません。

デザインとか、もう少しなんとかしたいところ。

自分で調べて試行錯誤すべきなのでしょうが、それよりも記事を書きたくなるタイプなものでして……

 

今後について

今までと変わらずに、マイペースに絵本や小説の書評を書いたり、図書館や読書のことについて書いたりしていきたいと思っています。

 

また、ブログを書いてらっしゃる方と、やっと、じわじわと交流することができるようになってきたので、ひとみしりなりにこれからはいろいろな方に声をかけてみたいな、というひそかな目標も持っています。

うっとうしい絡みをしてしまうかもしれませんが、仲良くしていただけると嬉しいです。

 

今年の後半は、ブログのことばかり考えていたような気がします。

それだけ、書くのが楽しかったということでしょう。

これからも、楽しみながら書き続けられますように。

 

それではまた。