本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

『みつけてん』ジョン・クラッセン 書評【絵本】

『みつけてん』

みつけてん

みつけてん

 

『みつけてん』

ジョン・クラッセン:作 長谷川義史:訳

クレヨンハウス

 

あらすじ

ぼうし、みつけてん。

ふたりて、ぼうし、みつけてん。

でも、ぼうしひとつやな。

ぼくら、ふたりやのになあ。

 

どや、にあう?

うん、かっこええで。

 

なあ、ぼくはどう?

ええんちゃう?

 

このぼうし、ふたりともにあうで。

でも、どっちかかぶったら、どっちかかぶられへんなあ。

そんなん、あかんなあ。

 

ほな、こないしたら、どう?

ぼうしはここにおいといて、みつけんかったことにしよう……。

 

 

感想

『どこいったん』『ちがうねん』を読んでから、このシリーズのもう一冊をずっと読めずにいたのですが、先日図書館で見つけてようやく読むことができました。

 

前の二作とこの作品、のぼーっとした、ちょっと不穏な雰囲気なんかは共通しています。

大きく違うのは、読後感だと思います。

 

前二作はどちらかと言うと、ダークな終わり方でした。

前二作のあらすじ等はこちらの記事をご参考ください。

www.nahdaannun.com

www.nahdaannun.com

 

シリーズ三作すべて読んだ方は、どれが一番好みでしょうか?

私は、この『みつけてん』が一番好きです。

(なぜ、もっと早く読まなかったのか、と思うくらい)

 

ぼうしを見つけたふたりのかめは、夕日をふたりで見るのですが、ここで、ほんのちょびっと物語が動きます。

というか、感情や気持ちの部分の違いがかいま見えます。

 

それがまた、とてもさりげなく、そしてユーモラスに描かれており、心をくすぐられました。

 

最後に、ふたりは寝ることにするのですが、ここで、片方のかめがある行動に出ます。

それは、もちろんぼうしに関わる事なんですが、書いてしまってはつまらないので、ラストはぜひ、手にとって読んでみてください。

 

かめたちは、あの素敵なぼうしをいったいどうするのでしょうか?

 

それではまた。