本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

『だるまだ!』高畠那生 書評【絵本】

『だるまだ!』

だるまだ!

だるまだ!

 

『だるまだ!』

高畠那生:作

好学社

 

あらすじ

あれはなんでしょう?

海のむこうから、たくさんのだるまがずいずいっとやって来ます。

 

陸に上がっただるまと、陸に上がれなかっただるまがいました。

いくつかのだるまは、タコのコレクションになりました。

 

それでも、海辺のまちはだるまだらけです。

町のひとたちはびっくりしましたが、ひとりがだるまを持ち帰るのを見て、たくさんのひとがそれに続きました。

 

とこやに置かれるだるまもいれば、頭にお花をかざられるだるまもいました。

 

ボクシングに使われたり、犬のおもちゃとして遊ばれたり……

 

だれもがだるまに夢中なのです。

でも、だるまが現れたのは、このまちだけではありませんでした。

 

 

感想

『まねきねこだ!』を読む前に読んでおくべき一冊でした。

まねきねこだ! !

まねきねこだ! !

 

この絵本、ラストが『まねきねこだ!』に繋がっていて、そうとは知らずにそちらを先に読んでしまった私ですが、それはそれで、ああそういうことだったんだ! という感動もちょっとあったりもしました……。

 

 

そらから ぼふ~ん

そらから ぼふ~ん

 

『空からぼふ~ん』でもそうでしたが、この作者さんは、そんなの絶対ありえないって! という出だしのインパクトがとても強くて、1ページでも開いたら、気になって全部読まずにはいられなくさせられてしまいます。

しかも、ページ数もそんなに長くない。

むしろ、短めの作品が多いので、なおさらです。

 

微妙な感情の揺れ動きや起承転結みたいなものはありません。

ひたすらに、わけのわからないことがどんどん展開されていきます。

 

でも、そこに妙なおかしみがあって、つい笑ってしまうのです。(しまうというのもへんですが)

 

町じゅうにあふれ返っただるまたちは、いったいどうなるのでしょうか?

次回『まねきねこだ!』の書評です。

 

それではまた。