本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

絵心0の学校司書が【ココナラ】を使ってみた結果

先日、ココナラでもへもへ様に依頼をし、このブログとツイッターのアイコン・ヘッダーを描いていただきました。

 

こちらのイラストです。

f:id:nahdaan:20190210224011j:plain

f:id:nahdaan:20190210224047j:plain


 

かわいい。

かわいすぎる。

 

自分では全く絵が描けない上に、デザイン的なセンスもまるでないので脱帽です。

お伝えしたイメージはかなりあいまいで漠然としたものでした。

(テーブルの上でねこが本に手をのばしているような、そんな感じで……)

それなのに、こんなにも素敵な絵に仕上げてくださいました。

絵描きさんって、すごい。

 

いえ、もへもへさんがすごいのでしょう。

 

本当にありがとうございました。

 

 

ねこの手というアカウント名でこのブログを始めて、もう四か月ほどが経ちます。

学生時代の頃から、私は、動物で言うなら何っぽいかといった話となると、だれとしゃべっていても、必ずといっていいほど、ねこっぽいと言われます。

 

ねこを飼ったことはありません。

でも、犬とねこのどちらが好きかときかれたら、断然、ねこ派です。

 

小さい頃は、家で犬を飼っていたりもしました。

でも、ある日グラウンドで友だちと遊んでいると、そこに大きな犬を連れたおじさんがやって来て、「噛まないからだいじょうぶ」と言ってその犬をリードからはなしました。

 

巨大な犬にとっては、単なる遊びだったのでしょう。

でも、3年生くらいだった私は、食い殺されると本気で思い、本気で走って犬から逃げ回りました。

 

実際、噛まれたりはしませんでしたが、その日以来、私は犬が苦手になってしまいました。

追いかけられた犬ほど大きなものでなくても、身体が拒絶するという感じでしょうか。

犬をなでなでなんて、もう十何年もしていません。

 

 

その点、ねことはおだやかな関係です。

ときおり道ばたでばったりのらねこと出くわし、お互いに目線だけでけん制し合ったりもしますが、あの犬に比べればかわいいものです。

それにあの、気まぐれな感じ、たまらないですよね。

そんな感じで、ねこ派になった私なので、ねこっぽいと言われるのは嬉しいことです。

 

ゲームや読書をするときの姿勢が悪かったせいか、ねこ背ですし、ねこ舌です。

髪はねこっ毛で、ねこまんまは食べませんが、どちらかと言えばねこ目っぽい若干のつり目のようです。

 

前世はきっと、ねこだったのでしょう。

 

 

そういうわけで、ねこの手を名乗っているのでありました。

 

 

ココナラというサービスの存在は、どこかで聞いて知っていたような気はするのですが、使ったことは一度もありませんでした。

今回、利用することに決めたのは、ドメニコさんの記事を読んだことが大きかったです。

otnika301-703.hatenablog.com

ココナラで依頼をし、ヘッダーを描いてもらったという記事なのですが、その絵を見て、なにそれちょっと素敵じゃないですかいいないいな、と羨ましい気もちでいました。

ねこと本という取り合わせも、やられた……と思っていました 笑

それくらい素敵だったので……。

 

それじゃあ自分も作ってもらおうということで、ココナラを利用するに至ったのでした。

今回はアイコンやヘッダーを制作していただきましたが、ほかにもいろいろなものの制作代行が売られていることにおどろきました。

まったく、世の中には便利なサービスがあるもんだなあ、と。

 

書いた小説を全力でほめる甘口の感想が500円だったり、恋愛相談が数千円だったり、絵本を贈るお手伝いがあったり。

知らなかった世界。

絵本をおすすめしてお金がもらえるならやりたいくらいだけど、なんだか気が引けてしまうのはなぜなんでしょう。

 

まあ、それくらいありとあらゆる絵本を知っていて、その人の内面に沿った絵本を紹介できるスキルがあるということなのでしょう。

 

なんでもお金になる時代なんだなあということを改めて実感しています。

絵が描ける、文章が書ける、音楽が作れる、プログラミングができる、好きで何かを突きつめた、何かに特化したスキルを持っているということを活かして、それらを欲している人の助けとなる、というのは良いことじゃないですかね。

 

あとは個人の判断の問題、という感じで。

 

 

なにはともあれ、今回ココナラのサービスを利用してみて、自分にできないことでそれなりのクオリティを求めるのであれば、得意な人に依頼をするということが一番簡単で、また、良いものが出来る、ということを実感しました。

身近にそういう人がたくさんいればいいんですけどね、なかなかそうもいかないので。

 

またいつか、ビジネス上なんかでも困ったことがあれば利用してみようかなと思います。

みなさんもぜひココナラを覗いてみてください。

いろんなサービスがあって、面白いですよ。

 

それではまた。