本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

『くいしんぼうのあおむしくん』槇ひろし・前川欣三 書評【絵本】

『くいしんぼうのあおむしくん』

くいしんぼうのあおむしくん (こどものとも傑作集)

くいしんぼうのあおむしくん (こどものとも傑作集)

 

『くいしんぼうのあおむしくん』

槇ひろし:作 前川欣三:画

福音館書店

 

 

あらすじ 

ある日、まさおのぼうしに穴が空いていました。

そこには、そらと同じ色のあおむしがいて、ぼうしをたべながらどんどん大きくなっていっているのでした。

 

「おまえはぼうしをたべるわるいむしだろう」

「ごめんね、ぼく……くいしんぼうのあおむしなの」

 

あおむしは、まさおのおやつのパンもチョコレートも、紙くずまでたべて、まだ、「おなかがすいたよう!」とうるさいのでした。

 

それから三日目のこと。

まさおがようちえんから帰ると、絵本もおもちゃもクレヨンもみんな、あおむしくんがたべてしまっていたのです。

 

パパとママは「そんなむし、すててきなさい」とおこりました。

「ごめんなさい。おなかがすいて、しにそうだったの」

あおむしくんの目からなみだがおちたのを見て、まさおは、

「ぼくがちゃんとそだてるから、あおむしくんをすてないで!」

と言いました。

 

「いらないごみ、なんでもかんでもだしてくださあい」

あおむしくんをつれながら、まさおは毎日町をあるきました。

 

まちはどんどんきれいになり、あおむしくんはどんどん大きくなりました。

 

ごみがなくなるとあおむしくんは、

「おなかがすいたよう」とだだをこねはじめました。

 

つぎの日の朝、まさおが目を覚ますと、そこはなにもない荒野でした。

「あのねえ、ぼくがみんなたべちゃったの」

パパもママも、あおむしくんにたべられていました。

 

まさおは泣きながらおこりました。

あおむしくんも、謝りながら泣きました。

 

それから、ふたりはたびにでることにしました……。

 

 

感想

タイトルだけ見て、『はらぺこあおむし』的なかわいい絵本かなと思ってしまいましたが、ぜんぜん違いました。

なかなかに衝撃的な展開です。

なんでも食べるあおむしくんは、もう食べるものがないとなったとたんに、町も人もばくばくと食べてしまうのです。

 

主人公のまさおのパパとママも、序盤であっさりと。

 

でも、「ぼくがちゃんとそだてるから」と言ったまさお。

あおむしくんを見捨てないで、ちゃんと、どこまでも付いていきます。

 

その後もあおむしくんはいろんなものを食べ、食べるものがなくなるまで食べ、その後はもう絶望的な光景が広がるんですが、そこからのどんでん返し(と言っていいのかどうか)があざやかでした。

 

荒野となった大地のシーンなんて、核戦争の起きた後の世界みたいな描かれ方で、ほとんど、『The End of the World』那須正幹:作 を思い起こされるような。

 

決してハッピーエンドとは言い難い読後感なのですが、それでも、最後の温かいページにはたしかに、よかった、と思わせる何かがあります。

子どもたちはこれを読んでどう思うのかものすごく気になります。

 

読んだその日から、この世界のことも疑い始めてしまう、そんな一冊でした。

 

 

それではまた。