本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】を第一首から学ぶ(31・32)

百人一首を第一首から学ぶ(31・32)

 

31首目

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪

坂上是則

 

空がほのかに明るくなってきた明け方m有明の月と間違えるほど明るく、吉野の里に雪が降っている。

 

 

坂上是則は生年不詳~930年没。

宇多天皇から醍醐天皇の治世で活躍しました。

蹴鞠も得意だったことでも有名。

 

 

解説

きんと冷え、さえわたった冬の空気が伝わってくるような歌です。

「朝ぼらけ」は現在でも使いますが、「夜明け前の、少しずつ周囲が明るくなってくる頃」のことで、曙と同じか、それより少し明るくなった頃です。

春には曙、冬には朝ぼらけがよく使われます。

 

「白雪」と体言止めで終わることで、真っ白に積もった雪を驚く気持ちが強く表現されています。

 

「有明の月」は、夜明けが来ても西の地平に沈まず、空に残っている月です。

「吉野の里」は現在の奈良県吉野郡で、春は桜、秋は紅葉、冬は雪が楽しめる景勝地です。

 

吉野の里には離宮(場所については諸説あり)があり、持統天皇や文武天皇たちが行幸していた。

 

この歌は三十六歌仙にも数えられる坂上是則の作で、是則が大和国に赴任した際に詠んだ歌とされています。

また、是則は坂上田村麻呂の子孫と言われています。

 

 

 

32首目

山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり

春道列樹

 

山中の川に、風がかけた流れ止めの柵があると思ったが、それは、流れきれないで溜まっている紅葉だったよ。

 

 

春道列樹は生年不詳~920年没。

『古今和歌集』に3首入首しています。

 

 

解説

「山川」は山の中の川のことで、「しがらみ」は、川の流れをせきとめるために打った杭のことです。

この歌では、重なり合って岩の間でせき止められた紅葉を「風がつくった」と言い、擬人法が用いられています。

風と柵、柵と紅葉をきれいに関連付けて、視覚的にも美しい秋の歌となっています。

 

 

ちなみに、百人一首で詠まれるもみじは、貞信公以外はすべて散ったものを題材にしているそうです。

超訳マンガ 百人一首物語 全首収録版

超訳マンガ 百人一首物語 全首収録版