本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【おすすめ】クマの絵本3選【読み聞かせ】

こんにちは。

今回は、クマをテーマにしたおすすめ絵本を紹介します。

 

現役学校司書がおすすめするクマの絵本3選! 

 

1冊目

『ねむるまえにクマは』

フィリップ・C・ステッド:文 エリン・E・ステッド:絵 青山南:訳

光村教育図書

ねむるまえにクマは

ねむるまえにクマは

  • 作者: フィリップ・C.ステッド,エリン・E.ステッド,Philip C. Stead,Erin E. Stead,青山南
  • 出版社/メーカー: 光村教育図書
  • 発売日: 2012/12/01
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あらすじ

冬が近づいてきて、ねむくなってきたクマでしたが、ねむるまえに、みんなに話したいことがありました。

 

そこにいたネズミに話しかけてみますが、ネズミは「木の実を集めておかなくちゃ」と、いそがしそうです。

クマはネズミといっしょに木の実をさがし、集めおわると、ネズミは「じゃあ、またね!」と言って、土の中にもぐっていきました。

 

森の中を歩いていくと、カモがいたのでまた話しかけました。

「南のほうへいかなくちゃ」とカモが言うので、クマは風向きをしらべてあげ、飛んでいくカモを見送りました。

 

カエルも、モグラも、クマの話をきいてはくれませんでした。

 

やがて冬が来て、雪がふりはじめます。

 

クマくんの話はだれかにきいてもらえるのでしょうか。

そして、その話したかったことというのは、なんだったのでしょう。

 

 

感想

秋から冬にかけての、しんとした空気感が伝わってくるようなしずかな絵本です。

だれでもいいから話をきいてほしい……! でもだれもきいてくれない。

そんなクマの哀愁が終始漂い、応援したくなってきます。

 

えんぴつや水彩絵の具で描いたような(違っていたらすみません)やさしいタッチの絵がたまりません。

生まれ変わったら、こんな風に絵を描いてみたいものです。

 

お話は冬を迎えたあとから、ゴールに向けて、少しずつ緊張を高めていきます。

どんな話をしてくれるんだろう。

みんなに話したかった話って、いったいどれだけ面白い話なんだろう。

 

そのふくらんだ期待に、作者は、ラストでとてもしっくりくるような、意外性たっぷりのような1ページでこたえてくれます。

じーんときました。

 

たしかに、それはみんなに話したくなる話かもしれないなあ、と。

 

冬が近づいてきた夜に、毛布にくるまって読みたい一冊です。

 

 

ちなみに作者は夫婦です。

夫婦でこんな素敵な絵本を作っているなんて、きっと素敵な夫婦に違いありません。

 

 

 2冊目

2『おじゃまなクマのおいだしかた』

エリック・パインダー:作 ステファニー・グラエキン:絵 三辺律子:訳

岩崎書店

おじゃまなクマのおいだしかた

おじゃまなクマのおいだしかた

  • 作者: エリックパインダー,ステファニーグラエギン,三辺律子
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2016/02/19
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 
 
あらすじ 

ある寒い日に、トーマスがクッションや毛布を集めて、あたたかできもちのいいほらあなをつくりました。

 

本を読もうと思ったけど、暗いので、懐中電灯をとりにいき、もどってみると、ほらあなの中に、なにかがいるようでした。

おおきいぞ!

 

トーマスはそっと中をのぞきこみました。

するとそこには、クマが……!

 

クマを追い出すために、ブルーベリーでクマをおびき出したり、きもちよさそうにまごの手で背中をかくところをみせつけたり、トーマスはいろいろな方法を試みます。

 

でも、クマはなかなか強敵です。

 

トーマスはクマをおいだすことができるのでしょうか。

そして、クマというのはほんとうにほんとうにクマなのでしょうか……?

 

 

感想

トーマスとクマの心理戦がとてもかわいくて、読んでいると自然に顔がにやけてくるような絵本です。

 

トーマスも純粋そのものだし、クマも負けじとかなりの無垢だし、どちらかを応援したいような、どちらも応援したくなるような、で、困ってしまいます。

 

最後にはちょっとしたどんでん返し(?)もあって、なあんだそうだったのか、という子どもたちの反応も楽しめます。

きっと、大人も、えー、そうだったの? と思うのではないでしょうか。

 

おわりのページには、4ステップでできるほらあなのつくり方も載っています。

子どもと寒い日にこの絵本を読んで、いっしょにほらあなをつくってぬくぬくしてみたくなりました。

 

 

3冊目

『クマと森のピアノ』

デイビッド・リッチフィールド:作 俵万智:訳

ポプラ社

クマと森のピアノ (ポプラせかいの絵本)

クマと森のピアノ (ポプラせかいの絵本)

  • 作者: デイビッドリッチフィールド,David Litchfield,俵万智
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2017/10/03
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 
あらすじ 

森の中で「へんなもの」を見つけたブラウンは、おっかなびっくりそれにふれてみます。

すると、ぽろん、と音がします。

気になったブラウンは次の日も、その次の日も「へんなもの」をさわりにやって来て、やがて、なかよしになります。

 

森にやって来た親子にそれが「ピアノ」であることを教えてもらい、また、都会に行けばもっといろんな音楽を聴けるし、有名にもなれると言われ、ブラウンは迷います。

森の仲間たちはなんて言うだろう……。

 

でもブラウンは都会に行きました。

 

そして、またたく間に人気者になり、ホールでコンサートをするほどのピアニストになったのです。

でも、ブラウンは思いました。「なにかがちがう。なにかが足りない」と。

ブラウンは森に帰りました。けれど森の様子が前とは違っていて……。

 

 

感想

まだこぐまだったブラウンが無邪気にピアノで遊んでいるうちに、大きく成長する頃には、素晴らしいピアニストになっています。

それは、このブラウンだけに起きることじゃなくて、世界じゅうのどんな子どもにも起こりうるんじゃないかなと。

 

そうしてそれだけじゃなく、今度は多くのひとに観てもらう、聴いてもらうチャンスを逃さなかった、というのが大事。

小さなころから好きで好きでそのことだったらだれにも負けない、ということがあっても、だれも知らないままだったら、それは、その本人だけのものです。

 

最近で言う、崎山蒼志くんがブレイクしたのも、これに近いのではないでしょうか。

彼はあのネット番組に出ていなかったとしても、どこかでだれかが発掘して、同じような状況になってはいただろうとは思いますが。

 

運命の選択をしたブラウンが手にしたたくさんのものは、でも、ブラウンにあることを気づかせてしまいます。

それは、手にしたものではなく、じぶんが持っていないもの。

欠けている、なにか。

 

そのことに気づいたブラウンは、その瞬間、今まで以上に、「彼ら」のことが大切に思え、なくてはならないものなのだと自覚します。

という部分がとても好きです。

 

有名になったり、地位や名誉を手に入れたりして、それまでじぶんが大切にしてきたものをすっかり忘れてしまう、というひとは少なくありません。

でも、じぶんの原点を思い返し、その想いを捨ててしまわなかった、というのがブラウンの素敵でかっこいいところ。

 

世の中の、上に立ったとたんにひとが変わってしまったようなひとたち(政治家だとか、会社の重役だとか)、そういうひとたちにぜひ読んでもらいたいですね。

 

ラストのシーンは、多くのひとの胸に響くのではないでしょうか。

今までにいろんな絵本を読んできましたが、この作品ほど温かい気持ちになれた絵本はないかもしれません。

 

本当に、多くのひとに読んでほしい一冊。

子どもはもちろん、大人にも。

 

大げさだって言われるかもしれませんが、ほんと、一家に一冊あってもいいくらいです。

おすすめ対象年齢は6才くらい~大人まで。

 

ぜひぜひ読んでみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

クマの出てくる絵本というのはもっとたくさんありますが、その中でも特におすすめの三作品です。

 

お子さんとの絵本の時間に、ご活用ください。

 

ほかにも、おすすめの絵本をまとめた記事がありますので、よろしければこちらも。

www.nahdaannun.com

www.nahdaannun.com

 

それではまた。