本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

【百人一首】を第一首から学ぶ(41・42)

百人一首を第一首から学ぶ(41・42)

 

41首目

恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか

壬生忠見

 

私が恋をしているという噂がたってしまった。

誰にも知られぬよう、想い始めたばかりだったのに。

 

 

解説

ひそかに抱いていた恋心が噂として広がっていくことを嘆く歌です。

40首目の平兼盛の歌と非常に似たテーマですが、それもそのはずで、二つの歌は内裏歌合で、「忍ぶ恋」を題材にして詠まれたものなのです。

判定の結果は忠見の負けで、忠見はあまりのショックに食欲を失ってしまい、そのまま命を落としたとも言われています。

 

この当時、忠見は摂津国の役人で、この日のために、はるばる田舎から来た役人だったそうです。

出世のチャンスでもあったこの歌は、勝負の歌だったのでしょう。

歌合では負けてしまいましたが、忠見の歌の記録には「甚だ好し」という評価が残っています。

 

「天徳内裏歌合では、「恋すてふ」「忍ぶれど」の順番で読まれた二首ですが、百人一首では順番が入れ替わっています。

これは、歌合の勝者である平兼盛をたたえたためと言われています。

 

壬生忠見は生没年不詳。

父親は壬生忠岑。

父親とともに三十六歌仙のひとりとして知られています。

 

 

 

42首目

契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波こさじとは

清原元輔

 

固く約束しましたよね。

お互いに涙を流しながら、私たちの愛は永遠に変わることはないと。

 

 

解説

永遠の愛を誓い合った恋人の心変わりに落胆し、相手をなじった歌です。

清原元輔が、失恋した友人の気持ちを代弁したものとされています。

 

「袖をしぼり」は、涙を拭いた袖が絞らなければならないほど濡れた様子を示す表現で、「泣き濡れる」の意です。

袖を濡らすと同義ですが、より激しく涙する様子を表します。

 

続く「末の松山」とは現在の宮城県多賀城周辺を指す地名で、どれほど大きな波でも超えない山という意味から、永遠の愛を示す言葉として用いられました。

 

「ちぎりきな(約束しましたよね)」で始まるところに、男性の想いの強さが込められています。

 

和歌の才能が人を評価する基準の一つとされていた平安時代。

「代詠」といって、本人に代わってほかのひとが歌を詠むということがありました。

天皇に歌をささげるとき、恋の場面など、勝負のときに和歌の名人に代詠を依頼することは、よくあることだったようです。

 

 

清原元輔は908年生~990年没。

三十六歌仙のひとり。

清原深養父の孫であり、清少納言の父でもあります。

村上天皇に命じられ、『後撰和歌集』をとりまとめました。

986年に肥後国(現在の熊本県)に赴任し、その地で亡くなりました。

田辺聖子の小倉百人一首 (角川文庫)

田辺聖子の小倉百人一首 (角川文庫)