本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【読書通帳】定価の印字より効果のある取り組みを考えてみました

読書通帳について

読書通帳がテレビ番組で取り上げられ、話題になっていますね。

ご存じない方のために、読書通帳について、簡単に説明を。

 

読書通帳とは何か?

読書通帳は、銀行で言うところの預金通帳のような、図書館専用の通帳のことです。

図書館に設置されている専用の機械に通すと、預金額が印字されるように、これまでに借りた本のタイトル、貸出日などが印字されます。

 

また、これまでに借りた本の価格と、その総額が記載されるというのが賛否両論分かれているところです。

headlines.yahoo.co.jp

 

本の価格を印字することについて

記事の中にあるように、海津図書館の日比さんは「本の定価を印字することによって、お客さまがいくら得したかなと、目で分かるかなという思いがしています」とおっしゃっています。

 

ある5才の女の子がこれまでに読んできた本の合計額は50万円ほど。

図書館スタッフの中には、通帳に133万円と出ている方もいるそうです。

 

 

子どもに、図書館で本を読むことでいくら得したとか、儲かったとかいう感覚を持ちながら読書をしてほしくないことは間違いないのですが 、読書意欲、モチベーションの増進に繋がるというのもたしかなのでしょう。

 

賛成反対どちらの意見もネット上で見かけました。

私個人としては、どちらもなるほど確かにという感じで、どっちも正しいと思ってしまいました。 

 

自分だったらどうするか?

問題点や不満については、ツイッター等で多くの方が書いているので、ここでは、価格を印字するということでなければ、いったいどういったサービスを付与すれば、読書推進・図書館利用の推進に繋がるかということを考えてみたいと思います。

 

小学校の図書館で働いている人間なので、思考に偏りがあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

また、実現可能かどうかというよりも、私の妄想によるものが大きいので、頭を柔らかくして読んでいただけるとうれしいです。

 

 

・5冊(もしくは10冊)借りるとガチャガチャが回せる

勤務校でもやっていた取り組みなのですが、子どもたちは(大人も?)ガチャガチャを回すというのが大好きです。

本を借りたら回せるガチャガチャの企画というのをやったところ、かなり多くの児童が図書館に来るようになりました。

www.nahdaannun.com

 

カプセルにはプラス1冊券やしおりを入れていましたが、公共図書館ではひと味違った「アタリ」があると嬉しいのではないでしょうか。

たとえば、その自治体のキャラクターグッズだったり、商店街のお店の割引券だったり。

図書館利用の促進はもちろんですが、地域活性化にも一役買うことができたら、一石二鳥でいいような気がします。

お母さん方も、お肉や野菜なんかが安く買えたらうれしいですよね。

 

ガチャガチャを回したいから、借りては返しをくりかえす子どもが出てくる、という問題点については、週に何回までという設定をしたり、数時間経たないと同じ通帳ではガチャガチャを回すことができないようにする、等である程度のズルは抑制できるのではないでしょうか。

 

 

・読んできた本のデータから次に読む本のおすすめを教えてくれる

アマゾンやグーグルなんかでもよくある、履歴からのおすすめ商品の紹介、の本バージョンですね。

AIも進んできていますし、できないことはないような気もするんですが、個人情報的なあれで難しかったりもするんでしょうか。

 

子どもが読んだことのない本と出合うきっかけ(薦めてもらう機会)、というのは、実はそんなに多くはないように思います。

学校の司書におすすめしてもらう、書店のPOPに目がいく、家族や近しい人にプレゼントしてもらったり紹介してもらったりする、とか、ほかにもありそうですが、大人側からのアプローチという感じがします。

もちろん、それも大事なことですが、それまで読んできた本の傾向から、次に読む本をおすすめしてくれる機械があったら、やってみたくないですか?

 

でも、借りたからといって、必ずしもそれが気にいるかどうかはわかりません。

借りたはいいけれど、読み始めてすぐにつまらなくなって返してしまった、という本も通帳には残ってしまうでしょう。

そうすると、その子の本当の意味での趣向に合ったものをおすすめする、というのは難しいのかもしれません……。

通帳の中から、面白かった本、気に入った本を選んで登録することができればいいんですが。

 

 

・読んだ本のページ数が印字され、その本の厚さから、積み重ね時の月までの距離が出る

これ、とてもロマンチックでいいじゃないと思ったんですが、だめでした。

たとえば辻村深月さんの『かがみの孤城』は588ページの厚さ約2.8センチです。

月までの距離を約38万キロとすると、1億冊以上読まないと月までは届かない計算になってしまいます……(計算間違っていたらすみません)。

 

なので、そのまま、1ページを1キロメートルとして計算した方がまだ夢があるといいますか、がんばってたどり着けない数字ではないかもしれません。

ちなみに、こちらでいくと、月まで行くには『かがみの孤城』と同じ厚さの本を600冊ほど読まなければいけません。

 

読書家であれば、子どもでも到達できそうな数字です。

月までの距離? 関係ないよね? という方にはおすすめできませんが。

 

 

まとめ

いろいろ考えていたら何がいいものなのかよくわからなくなってきました。

本の定価を印字する、ということ以外に、こんなことができたら図書館に行きたくなる、ということをぜひ皆さんも考えてみてください。

いつかどこかの誰かが実現してくれるかもしれません。

 

それではまた。

ムーミン100冊読書ノート (講談社文庫)

ムーミン100冊読書ノート (講談社文庫)

 

 

www.nahdaannun.com

www.nahdaannun.com