本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

【百人一首】を第一首から学ぶ(49・50)

百人一首を第一首から学ぶ(49・50)

 

49首目

御垣守 衛士のたく火の夜は燃え 昼は消えつつ ものをこそ思へ

大中臣能宣

 

宮中の門番が焚くかがり火は、夜は赤々と燃え盛り、昼になると消えてしまう。

それと同じように、夜には激しく燃え上がる私の心も、昼間には消え入るように沈んでしまう。

 

 

解説

燃え盛るような恋情を、かがり火の炎に喩えた一首です。

「夜は燃え 昼は消えつつ」という表現は、闇夜を照らすかがり火の情景描写であると同時に、詠み手の心情描写にもなっています。

大中臣能宣は、夜には赤々と燃え、昼には消えてしまうかがり火を自身の心に見立て、激しい気もちの浮き沈みを詠ったということです。

 

平安時代は電気もありません。

夜は今よりもずっと暗かったことでしょう。

そのため、闇に乗じて窃盗や殺人などの犯行に及ぶ者もいたため、特に皇居の周囲などは火を焚いて明るさを保っておく必要がありました。

そこで、衛士と呼ばれる宮中の警護にあたった兵士たちが、夜になるとかがり火をたいて、門番を行っていました。

 

無機質な電気の明かりとは違って、かがり火はぱちぱちと音を立てながら、まるで生きているかのように揺れ動きます。

作者が闇夜で蠢く炎に感情を投影したのは、ある意味自然な行為だったともいえるでしょう。

 

夜の間灯され続けていた炎は、日の出とともに消されます。

生き生きとしていた夜の面影は皆無で、意気消沈しているようにも見えてきたことでしょう。

 

男女が夜にしか会えないこの時代だからこそ生まれた歌です。

恋人と一緒にいる夜の間は、燃え盛るような愛に身を委ね、会えない昼間は燃え尽きた灰のように過ごす男たちも多かったはずです。

 

ちなみに、当時衛士の大半は地方から集められた農民だったそうです。

『更級日記』には、武蔵国から来た衛士が帝の姫君をひそかに連れて帰る話があります。

 

 

大中臣能宣は921年生~991年没。

神職の家に生まれた歌人です。

神祇大副頼基の子で、自身も伊勢神宮の祭主をつとめました。

歌人としては「梨壺の5人」のひとりとして、『後撰集』の編纂に携わりました。

 

この歌は、皇太后宮大夫俊成が、大中臣能宣の歌として『古三十六人歌合』に選んだことで、有名になりました。

しかし、能宣の歌集である『能宣集』に入っていないことや、『古今和歌六帖』という家集には「よみ人知らず」としてとりあげられていることから、能宣の歌ではないという説もあるようです。

 

 

 

50首目

君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな

藤原義孝

 

あなたにお会いするためなら、たとえ捨てても惜しくないと思っていた命ですが、こうして逢うことができた今となっては、いつまでも長生きしたいと思うようになりました。

 

 

解説

まだ見ぬ女性に対する恋心が、出会ったことをきっかけに作者の考え方まで変えてしまったという心の変化を詠った一首です。

出典元である『後拾遺和歌集』の詞書に「女のもとより帰りてつかわしける」とあるように、後朝の文であることがわかります。

 

作者の藤原義孝は、若くして歌の才能を認められ、「末の夜にもさるべき人や出でおはしましがたからむ(今後もこのような人は現れはしないだろう)」といわれるほどの美男子だったそうです。

一方で、仏教への信仰心が厚く、真面目な人物だったともされています。

容姿端麗で才能があり、しかも誠実となれば、女性からの引く手数多だったことは想像に難くありません。

しかし、彼は天然痘を患ってしまい、21歳という若さでこの世を去りました。

 

最後にある「思ひけるかな」という表現の「ける」は、詠嘆の助動詞「けり」の連体形で、「初めて気づいた」という意味を表しています。

 

 

藤原義孝は954年生~974年没。

平安中期の歌人で、幼少のころから歌の才能を認められていました。

謙徳公の息子。

『大鏡』には、「生き返ってお経を読みたいから火葬しないでほしい」と遺言したとも。

 

ちなみに、謙徳公・義孝親子のように、百人一首には、他にも十八組の親子の歌が選ばれています。

やはり、歌を詠むために必要な感性や教養というものが、親から子へ受け継がれていたのでしょう。

三代続けて百人一首に選ばれているのは、大納言経信、源俊頼朝臣、俊恵法師だけです。

マンガ×くり返しでスイスイ覚えられる 百人一首

マンガ×くり返しでスイスイ覚えられる 百人一首

  • 作者: 隂山英男,リベラル社,入江久絵
  • 出版社/メーカー: 星雲社
  • 発売日: 2018/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る