本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第十一首~第二十首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第十一首から第二十首を一気に学ぶ

 

 

十一首目

わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ あまの釣舟

参議篁

 

大海原に浮かぶ無数の島々を目指して漕ぎ出していったと、都の人には伝えてくれ。

漁師の釣り船よ。

 

 

参議篁は802年生~834年没。

平安前期の公卿であり、文人。

その反骨精神の強さから、「野狂」とも呼ばれたそう。

 

 

解説

一見、勇敢に海へと繰り出す男の歌のようにも思えます。

が、実際には流刑に処され、島流しになったときの心情を詠った一首です。

 

身分は高いが自由を失ってしまった高官が、身分は低くともどこへでも行ける漁師に懇願する様子が、島流しに処された作者の孤独感を一層強めています。

 

作者の参議篁は、健闘しに選ばれ二度海に出たが、いずれも難破して帰国。

三度目の際には、破損した船に乗せられそうになったことに腹を立て、仮病を使って渡航を拒否しました。

 

さらには調停を遠回しに風刺したような詩を作ったため、隠岐諸島への流罪に処されることになったのでした。

 

隠岐諸島は島根県沖にある島々ですが、当時は中国地方からの海洋ルートが確立されていなかったため、大阪から瀬戸内海を抜け、関門海峡を通ると言う長い道のりでした。

 

 

 

十二首目

天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ

僧正遍昭

 

天高く吹く風よ、天女が通るという雲の道を閉ざしてくれ。

彼女らの姿を地上にとどめておきたいのだ。

 

 

僧正遍昭は816年生~890年没。

桓武天皇の孫で、六歌仙のひとり。

僧正とは、僧侶の中でも高い地位のひとのことを指します。

 

 

解説

天高く吹く風を擬人化し、天女が展開と地上を行き来すると考えられていた「雲の通ひ路」を閉ざしてほしいと呼びかけた歌です。

 

『古今集』の詞書に「五節の舞姫を見て詠める」とあることから、実際には天女ではなく、宮廷の儀式で舞を披露する舞姫を見て詠った歌であることがわかります。

彼には、懸命に踊る舞姫の姿が天女のようにみえ、その様子をずっと見ていたいと思ったのでしょうか。

 

「五節の舞」についてですが、まず、宮中では毎年秋になると、稲の収穫を祝い、次の年の豊作を祈る「新嘗祭」という行事がありました。

その翌日にとりおこなう「豊明節会(天皇が新米を食べる儀式)」の場で行われる舞が「五節の舞」なのです。

舞姫は、貴族の未婚の女性の中から選ばれました。

 

 

 

十三首目

筑波嶺の 峰より落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる

陽成院

 

筑波嶺の峰から流れ落ちる滴が、やがて水かさを増して男女川になるように、私の恋心も徐々に積もり重なって今では深い淵のようになってしまったのです。

 

 

陽成院は868年生~949年没。

10歳の若さで第57代天皇に即位するも、奇行が目立ち17歳で退位。

退位後には何度か歌合を催すなど、歌才があったようだが、勅撰集に残っているのはこの一首のみ。

 

 

解説

次第に深く、大きくなっていく恋心を、下流に行くにしたがって太く、強い流れになっていく川に重ねて詠った歌です。

この和歌は、陽成院が光孝天皇の皇女・綏子内親王に宛てたものとされています。

 

歌の冒頭にある「筑波嶺」とは、茨城県にある筑波山のことです。

この山は山頂がふたつに分かれ、それぞれが「男体山」と「女体山」と呼ばれていることから、古くより恋歌の題材として親しまれてきました。

 

実際、この山は男女が求愛の歌を詠みながら自由な性行為を楽しむ(!)『歌垣』という行事が行われていたことでも知られています。

この歌垣は、春には豊作を願い、秋には収穫を感謝する農耕の祭りとしてはじまった行事でした。

が、やがて、若い男女が集まって、歌い、おどり、交際する場となっていき、恋愛に関する歌枕として使われるようになりました。

 

男体山と女体山の峰からは、男女川という川が流れています。

川の始まりというのは、どれも細く弱々しいものです。

が、最後には深く力強い流れとなり、下流で「淵」をなします。

淵とは水の流れがたまって深くなっている場所のことで、川の縁語として水の存在を強調しています。

 

これに加え「こひ(恋)」には、古語で「水」という意味もあることから、淵に水がたまっていく様子を、徐々に募っていく恋心に喩えていることがわかります。

 

 

ちなみに、陽成院の恋の行方についてですが、この歌を受け取った綏子内親王はのちに陽成院の后となっています。

川の淵のごとく深まっていった恋心が見事に成就したというわけです。

 

 

 

 

十四首目

陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし われならなくに

河原左大臣

 

陸奥で織られる「しのぶもぢ摺り」の乱れ模様のように私の心が乱れているのは、あなたのせいです。

 

 

川原左大臣は822年生~895年没。

六条河原に住んでいたのがその名の由来。

本名は源融といいます。

 

 

解説

「陸奥」とは、現在でいう東北地方の太平洋側一帯を指します。

続く「しのぶもぢずり」というのは、福島県の信夫地方で作られていた乱れ模様を特徴とする染物のことです。

名前の由来は信夫地方にあるとも、忍草というシダ植物の一種を使って染められていたことにあるとも言われています。

 

歌としてはここまでが序詞で、後の「乱れそめにし」にかかってきます。

この「そめ」という表現は「染め」と「初め」の掛詞で、「乱れ模様の染物」と「心が乱れだした」というふたつの意味を持っています。

また、「乱れ」と「初め」は「もぢずり」の縁語という関係にもあります。

 

最後の「われならなくに」は、「私のせいではないのに」という意味になりますが、暗に「あなたのせいだ」という想いが込められています。

つまり、「私の心が乱れだした原因は私自身ではなく、あなたにあるのです」といった、一方的に恋い焦がれている心情がここにあるのです。

 

 

ちなみに、川原左大臣は「川原院」という、広大な庭付きの豪邸を建てたことでも有名です。

陸奥の名所・塩釜(現在の宮城県の一部)の海岸をまねてつくった庭には、毎月30石(約5.4リットル)もの海水が運びこまれ、庭では塩づくりを行うこともできたそうです。

 

 

 

15首目

君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ

光孝天皇

 

あなたにお渡ししようと思い、早春の野で若菜を摘む私の衣の袖に、雪がしきりに降りかかってきます。

 

 

光孝天皇は830年生~887年没。

第58第天皇。

55歳で即位した遅咲きの天皇でした。

 

 

解説

歌の「若菜」は、春の七草に象徴される食用の野草のことです。

当時「一月七日に若菜を食べて悪いことからまぬかれる」という風習がありました。

現在にも伝わる「七草がゆ」ですね。

 

平安時代の宮中では、若菜を使った熱いお吸い物を天皇に献上する儀式が正月の年中行事として行われていました。

それが、のちに民間にも広がっていきました。

 

この歌は、光孝天皇がまだ時康親王だった頃、大事な人の長寿を願って摘んできた野草に添えた歌だといわれています。

が、若菜摘みは女性の役目であったため、男性で、しかも高貴な身分である作者が自分で若菜を摘んだとは考えられないという説があります。

そのため、この歌は想像で詠まれたものだともいわれています。

 

55歳で即位した光孝天皇は宮中行事を再興する一方、自身の生活は質素倹約を旨としていました。

 

 

 

16首目

立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば いま帰り来む

中納言行平

 

あなたと別れて因幡へ行くが、稲葉山に生える松のように、私の帰りを待っていると聞いたなら、すぐに帰ってこよう。

 

 

中納言行平は818年生~893年没。

平城天皇の孫で、在原業平の兄。

 

 

解説

優秀な役人だった中納言行平が因幡(現在の鳥取県)への赴任を命じられ、送別の宴で詠んだ挨拶の歌といわれています。

 

「いなば」は「因幡」と「往なば(行くけれど)」の掛詞で、「まつ」は「待つ」と「松」にかけられています。

また、赴任先にある稲葉山は、当時松がたくさん生えていることで知られていたため、作者はその「松」に「都で待っていてほしい」という意味を掛けています。

 

ちなみに、行平は須磨(今の兵庫県)に流されたことがあり、それが『源氏物語』の須磨の巻のモデルになったともいわれています。

 

 

 

17首目

ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 から紅に 水くくるとは

在原業平朝臣

 

不思議なことが多く起こっていた神代の世にも、こんなことがあったとは聞いていない。

龍田川が鮮やかな紅の絞り染めをしているなんて。

 

 

在原業平朝臣は825年生~880年没。

平城天皇の孫で、阿保親王の五男。

兄・行平たちとともに臣籍降下して在原氏を名乗ります。

美男子の代名詞として扱われ、『伊勢物語』主人公のモデルとされました。

 

解説

希代のプレイボーイとして有名な在原業平が書いた和歌です。

『伊勢物語』には、帝の妃、伊勢斎院を勤めた内親王といった高貴な女性との秘密の恋模様が描かれており、全部ではないにしても、何割かは業平の行状が反映されたとみられています。

 

その業平ですが、和歌にもすばらしい才能を持っていました。

 

舞台となった龍田川は、奈良県の斑鳩周辺を流れる川で、昔から紅葉の名所として有名でした。

まず、「ちはやぶる」は「神代」の枕詞です。

「神代も聞かず」で「神々の時代にも聞いたことがない」という意味になります。

 

「から紅」は唐国から渡ってきた鮮やかな紅色の染料で、「くくる」は「括り染め(絞り染め)」のことです。

これで「龍田川が鮮やかな紅色で括り染めしたような水」になります。

 

擬人法、倒置法、見立てとかなり複雑なテクニックを使った歌となっています。

 

実はこの歌は、実際に龍田川の紅葉を見て書いたものではなく、屏風歌のようです。

屏風歌とは、屏風の絵に合わせて歌を付けることです。

 

この屏風歌は、長寿や成人を祝う場、屏風を新調したときなどに詠まれることが多かったようです。

 

詞書には、二条の后(清和天皇の女御)の屏風に付けたものだと説明されています。

 

ちなみにこの二条の后、本名を藤原高子といい、業平とは昔駆け落ちまでして、はげしく愛し合った女性だそうです。

そしてこれが原因で、業平の出世が遅れたという話もあります。

 

 

18首目

住の江の 岸に寄る波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ

藤原敏行朝臣

 

波が「寄る」という言葉ではないが、なぜあなたは夢の中でさえ私と会ってくれないのでしょう。

 

 

藤原敏行朝臣は出年不詳~901年または907年没。

優れた歌人であると同時に、すぐれた書家でもありました。

が、心をこめて写経を行わなかったため、地獄に落とされてしまった、というエピソードが『宇治拾遺物語』に書かれています。

 

 

解説

平安時代の人々にとって、夢というのは、現実の延長線上にある世界でした。

恋人が夢の中にたくさん登場するのは、相手の想いの強さの表れなのだと考えられていたのです。

 

この歌は、岸に打ち「寄る」波から、「夜」のイメージを引き出し、現実世界のみならず、夢の中でも会いに来てくれない恋人への嘆きを詠っています。

 

というのは、当時、男性が女性の家を訪れるのがふつうだったことをふまえ、女性の気持ちを読んだ歌ととらえた解釈です。

 

一方、男性の立場で考える見方もあります。

そちらは「なぜわたしは人目を気にしてしまうのだろう……」と悩む、複雑な恋心を詠んだ歌として味わうこともできる、という解釈の仕方もあるようです。

 

「夢の通ひ路」とは、好きな人の夢のなかへと向かうときに通る道のことです。

これは藤原敏行朝臣の独自の表現で、この歌が詠まれるまでほかには見られませんでした。

 

 

 

19首目

難波潟 短き葦の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや

伊勢

 

難波潟に生える葦の節のように短い時間さえ、あなたに逢わないままでこの世を過ごせというのですか?

 

 

伊勢は872年頃生~938年没。

三十六歌仙、女房三十六歌仙のひとり。

藤原仲平、時平兄弟など、多くの公達と浮き名を流しました。

宇多天皇の皇子・敦慶親王と結婚。

 

 

解説

作者の伊勢は、恋多き女性として有名でした。

また、宇多天皇の寵愛を受けて皇子を産んでいます(皇子は早世)。

 

この歌では、まず難波潟の葦が登場します。

葦の節は「短い時間」を示す定番の暗喩です。

 

「逢はで」は「逢わないで」という意味で、「この世」は人生、男女の仲、世間などの複数の意味を含んでいます。

 

「過ぐしてよ」は「過ごしてしまえ」という命令に近い意味合いで、末尾の「とや」は「そう言うのか?」という問いかけです。

つなげてみると、「逢わないままで過ごせと、あなたはそう言うのか?」と相手を強く非難している語調ととらえることができます。

 

仲がこじれてしまい、少しの間も会いに来てくれなくなった恋人への抗議として詠まれた歌だといいますが、その嘆き方のスケールの大きさがなんとも恋多き伊勢らしいです。

 

ちなみに、伊勢が結婚した敦慶親王は、光源氏のモデルのひとりともいわれる、容姿端麗で琴や弓に秀でていた麗人です。

 

 

 

20首目

詫びぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

元良親王

 

こんなに思いわずらっているくらいなら、どうなっても同じこと。

身を滅ぼしてもあなたに会いたい。

 

 

元良親王は890年生~943年没。

陽成天皇の第一皇子。

『大和物語』に風流好色な逸話が残っています。

 

 

解説

この歌は、作者である元良親王が、時の権力者・藤原時平の娘で、宇多天皇の愛妃だった京極御息所との不倫が発覚した際に詠んだものとされています。

 

冒頭の「詫び」は動詞「わぶ」の連用形で「想いわずらい悩む」という意味になります。

行き詰った気持ち、というのがここに表されています。

 

しかし、その直後には「今はた同じ」、つまり、「今となっては同じことだ」と開き直りともとれる一言があります。

これは「バレてしまったからにはもうどうにでもなれ」という心情ですが、自暴自棄な感情というわけでもないようです。

 

というのも、後半「それならば自分の身がどうなろうとも、あなたに会いたい」という一層激しい恋愛感情に向けられているのがわかるからです。

 

「みをつくし」は船の道しるべとして海に立てられた杭のことですが、「身をつくす(身をほろぼす)」の意味もかかっている掛詞です。

 

 

ちなみに19首目の伊勢は恋多き女性として有名でしたが、この元良親王は「一夜めぐりの君」と呼ばれたほど、気が多い男だったそうです。

三十人以上の女性と関係を持ったともいわれています。

まんがで読む 百人一首 (学研まんが日本の古典)

まんがで読む 百人一首 (学研まんが日本の古典)

  • 作者: かめいけんじ,樹咲リヨコ,小坂伊吹,華潤,吉海直人,学研教育出版
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2013/08/27
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る