本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】を第一首から学ぶ(59・60)

百人一首を第一首から学ぶ(59・60)

 

59首目

やすらはで 寝なましものを さ夜更けて かたぶくまでの 月をみしかな

赤染衛門

 

ぐずぐず起きていないで寝てしまえばよかった。

あなたを待って夜が更け、傾いた月を見てしまいました。

 

 

解説

平安時代の婚姻は男性が女性の家を訪れる「通い婚」が主流でした。

一夫多妻制だったため、その晩にどの相手を訪れるかは、手紙などで知らせていたようです。

女性側は、男性の訪れをひたすら待つしかなかったのです。

 

この歌は、来ると言っていたのに来なかった恋人への歌です。

「かたぶくまでの 月」は、夜明けになって月が西に沈む様子を示しています。

つまり、女性は来るはずの恋人を待って、夜を明かしてしまったのです。

女性の恨めしい気もちがにじんでいます。

 

一方で「やすらはで」は現代でいう「ためらわずに」といった意味なので「どうせ来ないのならば寝てしまえばよかった」という意味になります。

 

作者の赤染衛門は、自分の姉妹に行くと申し伝えながら訪ねてこなかった関白・藤原道隆(当時は少将だった)に宛てて、この歌を代筆で読み送ったと言われています。

 

 

赤染衛門は956年生~1041年没。

夫の大江匡衡とはおしどり夫婦として有名であり、良妻賢母としても知られています。

 

 

 

60首目

大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立

小式部内侍

 

道のりが遠いので、まだ天橋立に行ったことはありません。

まして、母からの手紙など見ていませんよ。

 

 

解説

作者の小式部内侍は幼いころから歌が上手いことで有名でしたが、著名な歌人である和泉式部を母に持つという環境が災いして、「彼女の歌は、実は母親が作っているのではないか? という疑惑を抱かれていました。

 

ある時、小式部内侍は歌合に招かれます。

当時、彼女の母である和泉式部は夫とともに天橋立がある丹後国に赴いており、不在でした。

この状況を知った藤原定頼は、小式部内侍に「母上がいる丹後国に使いを出しましたか? 返事は間に合いそうですか?」と立て続けに皮肉を述べたそうです。

その時、小式部内侍がとっさに返したのが、この歌だったのです。

 

「大江山」や「いく野」というのは、母がいる「天橋立」への道中にある地名です。

「まだふみも見ず」の「ふみ」は、「文」と「踏み」の掛詞になっており、「まだ行ったことがない」という意味と「まだ母からの手紙を見ていない」という2つの意味を同時に表しています。

 

驚くべきことに、この歌を詠んだとき、作者はなんと15歳でした。

 

 

小式部内侍は999年生~1025年没。

橘道貞と和泉式部の娘。

母親同様、中宮彰子に仕え、幼少から歌人としての頭角を現していました。

小式部内侍は歌の才能もあり美人だったため、母親と同じく恋多き女性だったと言われています。

 

百人一首 千鳥

百人一首 千鳥