本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】を第一首から学ぶ(69・70)

百人一首を第一首から学ぶ(69・70)

 

69首目

嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり

能因法師

 

嵐が吹き散らかした三室山の紅葉は、麓を流れる龍田川の川面を彩って、豪華絢爛な錦のようであったよ。

 

 

解説

この歌には、「三室の山」と「龍田の川」という、ふたつの歌枕が詠まれています。

「三室の山」は奈良県斑鳩の山で、紅葉の名所です。

その山に嵐が吹いて紅葉が舞い、「龍田の川」に落ちてきます。

川面に浮かぶ紅葉は「錦」、すなわち絢爛豪華な織物のようだった、と感動を詠った歌です。

 

ちなみにふたつの場所は離れているのですが、あえてふたつの名所を結びつけることで、華やかな情景を描き出したといわれます。

 

 

能因法師は988年生~1050年没。

藤原長能に師事し、各地を旅して歌を詠みました。

1013年に出家し、摂津国に移住。

独自の歌論をまとめた『能因歌枕』があります。

 

 

 

70首目

寂しさに 宿を立出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ

良暹法師

 

あまりにも寂しさが募るので、庵から出て周囲を見渡してみたが、どこも同じ寂しい秋の夕暮れが広がっていた

 

 

解説

比叡山で仲間の僧侶とともに修行に励んでいたころからは一転し、晩年は京都の大原という静かな土地で一人暮らしていた良暹。

詳しい経歴については謎が多い作者ですが、そんな隠棲生活における人恋しさ、寂しさを詠んだものだと言われています。

 

「秋の夕暮れ」で体言止めにするのは、百人一首の撰者である藤原定家も好きだった手法です。

 

「宿」とは、一般的には俗世を捨てた人などが一人で住むような、粗末でわびしい家を指すことが多いです。

 

 

良暹法師は生没年不詳。

詳しい経歴については不明。

 

おぼえやすい百人一首 (キッズレッスン)

おぼえやすい百人一首 (キッズレッスン)