本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

ジョン・クラッセンのおすすめ絵本4選【読み聞かせ】

ジョン・クラッセンのおすすめ絵本4選

こんにちは。

今日はジョン・クラッセンの絵本の中から、おすすめの4冊を紹介したいと思います。

 

『どこいったん』

どこいったん

どこいったん

 

『どこいったん』

ジョン・クラッセン 作   長谷川義史 訳

クレヨンハウス

 

あらすじ

ぼくのぼうし どこいったん

さがしにいこ

と言って、くまはぼうしを探しにいく。

どうぶつたちと会い、

ぼくのぼうし どこいったん

ときいてまわる。

でも、だれもくまのぼうしのことは知らない……。

 

けれど、シカに

どんなぼうし?

どきかれ、その特徴を答えているうちにくまはあることに気がつき……。

 

 

感想

含みのあるラストで、賛否両論あるそうですが、子どもの想像力に問いかける、という意味では間違いなく素晴らしい絵本です。

 

ラストのなんとも言えないくまの表情と、不穏でダークな雰囲気がくせになります。

読み終えたあと、子どもたちはそれぞれに、結末はああだこうだと言って、もり上がったりもして。

それでいいと思うのです。

その子がそう思ったのなら、それで。

 

そういう、ふところが深いところも、絵本のいいところな気がします。

 

『ちがうねん』

ちがうねん

ちがうねん

 

『ちがうねん』

ジョンクラッセン・作 

クレヨンハウス

 

あらすじ

主人公は小さなさかな。

小さなさかなは大きなさかなからとってきたぼうしをかぶって、ジャングルへとにげていく。

ひとのものを盗ってきたにもかかわらず、小さなさかなはよゆうしゃくしゃく。

でも、じつは小さなさかなが思っているようにはことが運んではおらず……。

 

感想

どこいったんとは物語の運び方が少し違っていて、どのページでも子どもたちが反応しやすいしかけがほどこされています。

 

読み聞かせをしながら、子どもたちはいろいろなことに気づき、いろいろなことを指摘してくれます。

しずかに聞いていてほしいときももちろんありますが、こういう絵本は、気づいた感動や発見の楽しさを十分に表現してほしくなります。

 

ラストはこれもまた意味深な閉じ方で、子どもたちはじぶんの考えを主張したくなって、ああだこうだが止まらなくなるのが楽しいです。

 

因果応報と思うか、かわいそう、と思うかはひとそれぞれ。

それでいいじゃない、と思うのです。

 

 

『みつけてん』

みつけてん

みつけてん

 

『みつけてん』

ジョン・クラッセン:作 長谷川義史:訳

クレヨンハウス

 

あらすじ

ぼうし、みつけてん。

ふたりて、ぼうし、みつけてん。

でも、ぼうしひとつやな。

ぼくら、ふたりやのになあ。

 

どや、にあう?

うん、かっこええで。

 

なあ、ぼくはどう?

ええんちゃう?

 

このぼうし、ふたりともにあうで。

でも、どっちかかぶったら、どっちかかぶられへんなあ。

そんなん、あかんなあ。

 

ほな、こないしたら、どう?

ぼうしはここにおいといて、みつけんかったことにしよう……。

 

感想

『どこいったん』『ちがうねん』を読んでから、このシリーズのもう一冊をずっと読めずにいたのですが、先日図書館で見つけてようやく読むことができました。

 

前の二作とこの作品、のぼーっとした、ちょっと不穏な雰囲気なんかは共通しています。

大きく違うのは、読後感だと思います。

 

前二作はどちらかと言うと、ダークな終わり方でした。

 

シリーズ三作すべて読んだ方は、どれが一番好みでしょうか?

私は、この『みつけてん』が一番好きです。

(なぜ、もっと早く読まなかったのか、と思うくらい)

 

ぼうしを見つけたふたりのかめは、夕日をふたりで見るのですが、ここで、ほんのちょびっと物語が動きます。

というか、感情や気持ちの部分の違いがかいま見えます。

 

それがまた、とてもさりげなく、そしてユーモラスに描かれており、心をくすぐられました。

 

最後に、ふたりは寝ることにするのですが、ここで、片方のかめがある行動に出ます。

それは、もちろんぼうしに関わる事なんですが、書いてしまってはつまらないので、ラストはぜひ、手にとって読んでみてください。

 

かめたちは、あの素敵なぼうしをいったいどうするのでしょうか?

 

 

『アナベルのふしぎなけいと』

『アナベルのふしぎなけいと』

マック・バーネット:文 ジョン・クラッセン:絵 なかがわちひろ:訳

あすなろ書房

 

あらすじ

雪のつもったある寒い日、アナベルははこをひろった。

なかには色とりどりのきれいな毛糸が。

 

うちに帰ったアナベルは、その毛糸で、セーターをあんだ。

でも、まだ毛糸がのこっていたので、いぬのマースのセーターもあんだ。

 

それでも毛糸はまだのこっている。

 

近所の友だちのネイトとネイトの犬のセーターをあんでも、クラスメイトと先生のセーターをあんでも、それでもけいとはまだのこっていた。

 

まちじゅうが、アナベルの毛糸の色にそまっていった。

 

やがて、ふしぎな毛糸の話は世界じゅうに広まり、ある日、おしゃれなことで有名な王子が海の向こうからやって来た。

百万ドルはらってもいいから、その毛糸を売ってくれ、と言われたアナベルは首をたてにはふらなかった。

 

でも、王子はどうしてもふしぎな毛糸がほしかったので……

 

 

感想

雪のふる町の、しずかな音がきこえてくるような絵本です。

ひろったふしぎな毛糸が、次から次へとセーターになっていき、町の様子が変わっていく感じが幻想的です。

 

そこに現れる強欲な王子がまた、いい味を出しています。

アナベルのふしぎな毛糸はどうなってしまうのか、とやきもきしながら読んでいったところに、あのラストの展開。

素晴らしいです。

 

絵を描いているのはあの『どこいったん』や『ちがうねん』を書いたジョン・クラッセンです。

このひとの描く絵がまた独特ですてきなんです。

ジョン・クラッセンの絵本ファンが喜びそうなページも。

どこがそのページか、探してみてください。

 

 

まとめ

『どこいったん』を見たことがある、という方は多いのではないでしょうか?

ジョン・クラッセンは他にも素敵な絵本を作ってらっしゃるので、ぜひ、子どもと一緒に読んでみてください。

 

 入園・入学のお祝いに、ぼうしシリーズの絵本セットもおすすめです。

ジョン・クラッセンのぼうしシリーズ絵本

ジョン・クラッセンのぼうしシリーズ絵本

 

 それではまた。

www.nahdaannun.com

www.nahdaannun.com