本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】を第一首から学ぶ(79・80)

百人一首を第一首から学ぶ(79・80)

 

79首目

秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ

左京大夫安顕輔

 

秋風によって長く引いた雲と雲の切れ間から、こぼれ出る月の光は、なんと清く澄み切って明るいことでしょう。

 

解説

崇徳院にささげたとされる百首歌(いくつかの決められた題にそって詠んだ歌を、百首合わせたもの)の中の一首です。

この歌にある「かげ」は光を意味します。

同じ言葉でも、昔は現代と違う意味で使われていた典型です。

 

「さやけさ」は清らかですっきりした様子を示す名刺で、月光が澄んで明るい様子を表現しています。

 

 

左京大夫顕輔は1090年生~1155年没。

白河上皇の院近臣として活躍しました。

左京大夫というのは、平安京の朱雀大路を中心に東側を取り締まる長官です。

天皇の住まいから見て右が右京、左が左京です。

 

 

 

80首目

ながからむ 心も知らず 黒髪の みだれてけさは ものをこそ思へ

待賢門院堀河

 

末永く私のことを愛してくださるという、あなたの心が確かなものかが分からず、会って別れた今朝の寝乱れた黒髪のように、私の心も乱れて、もの思いに沈んでいます。

 

 

解説

この歌は、後朝の文をもらった女性が、返歌として贈ったという設定です。

「ながからむ」は末永く変わらないだろうという意味で、「長い」は「黒髪」「乱れて」の縁語です。

相手から末永くあなたを想い続けると文が送られてきたけれど、それが本当かはかりかねて心乱れている、のです。

恋人への不安を表した繊細な歌であるとともに、「寝乱れた黒髪」のようにエロティックな表現まで盛り込んで、相手を煽る一面もあります。

平安時代の女性ならではの駆け引きだったのかもしれません。

 

作者は崇徳院の生母・待賢門院に仕え、この一首は崇徳院の命で作成した『久安百首』の一つでした。

 

この時代、黒くつややかで長い髪ほどもてはやされたため、貴族の多くの女性が身長よりも長く髪を伸ばしていました。

この作者も髪を長くのばしており、その長い髪に、自分の気持ちを重ねて詠んだのでしょう。

一夜明けて、乱れてしまった髪のように、将来のことを考えると心が乱れてしまった、と。

 

 

 

 

待賢門院堀河は生没年不詳。

崇徳院が天皇の位を退いたのちは、待賢門院とともに出家して、仁和寺に入りました。

 

百人一首読み上げ「わすらもち」

百人一首読み上げ「わすらもち」