本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第三十一首~第四十首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第三十一首から第四十首を一気に学ぶ

 

31首目

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪

坂上是則

 

空がほのかに明るくなってきた明け方m有明の月と間違えるほど明るく、吉野の里に雪が降っている。

 

 

坂上是則は生年不詳~930年没。

宇多天皇から醍醐天皇の治世で活躍しました。

蹴鞠も得意だったことでも有名。

 

 

解説

きんと冷え、さえわたった冬の空気が伝わってくるような歌です。

「朝ぼらけ」は現在でも使いますが、「夜明け前の、少しずつ周囲が明るくなってくる頃」のことで、曙と同じか、それより少し明るくなった頃です。

春には曙、冬には朝ぼらけがよく使われます。

 

「白雪」と体言止めで終わることで、真っ白に積もった雪を驚く気持ちが強く表現されています。

 

「有明の月」は、夜明けが来ても西の地平に沈まず、空に残っている月です。

「吉野の里」は現在の奈良県吉野郡で、春は桜、秋は紅葉、冬は雪が楽しめる景勝地です。

 

吉野の里には離宮(場所については諸説あり)があり、持統天皇や文武天皇たちが行幸していた。

 

この歌は三十六歌仙にも数えられる坂上是則の作で、是則が大和国に赴任した際に詠んだ歌とされています。

また、是則は坂上田村麻呂の子孫と言われています。

 

 

 

32首目

山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり

春道列樹

 

山中の川に、風がかけた流れ止めの柵があると思ったが、それは、流れきれないで溜まっている紅葉だったよ。

 

 

春道列樹は生年不詳~920年没。

『古今和歌集』に3首入首しています。

 

 

解説

「山川」は山の中の川のことで、「しがらみ」は、川の流れをせきとめるために打った杭のことです。

この歌では、重なり合って岩の間でせき止められた紅葉を「風がつくった」と言い、擬人法が用いられています。

風と柵、柵と紅葉をきれいに関連付けて、視覚的にも美しい秋の歌となっています。

 

 

ちなみに、百人一首で詠まれるもみじは、貞信公以外はすべて散ったものを題材にしているそうです。

 

 

 

33首目

久方の 光のどけき 春の日に しづごころなく 花の散るらむ

紀友則

 

光ものどかに射している、おだやかな春の日。

どうして落ち着いた心もなく、桜はあわただしく散っていくのだろうか。

 

 

紀友則は845年生~907年没。

紀貫之の従兄弟。

40歳過ぎまで無官だったが和歌は巧みで多くの歌合に出詠しました。

紀貫之・壬生忠岑と共に『古今和歌集』の撰者でしたが完成を見ずに没しました。

 

 

解説

百人一首の中でも最大級の知名度を誇る歌です。

この歌だけは知っているという人も多いでしょう。

 

「久方の」は「日」「月」「空」などの天空に関係する言葉の枕詞で、「光のどっき」は「光がおだやかな」と「のんびりした」というダブルミーニングとなっています。

「しづごころ」は文字通り「静かな心、落ち着いた心」です。

それがないので、「あわただしい」という意味になります。

 

そして、古来から和歌で登場する花といえば桜です。

「~らむ」は原因や理由を推量する助動詞なので「どうして桜は散るのだろうか?」という疑問形になります。

つまり、友則は桜を擬人化したうえで、「こんなのんびりした春の日にあわただしく花を散らす桜」に疑問を持っているのです。

 

 

なかなか出世できなかった作者は「花咲かぬ木をなにに植ゑけん」と、自分を花が咲かない木にもたとえていました。

この歌でも、散るさだめの花を通じて、この世の運命を表現しているようです。

 

平安時代の桜は、比較的明るいイメージでした。

死の印象が付くのは江戸時代以降の話。

 

 

34首目

誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに

藤原興風

 

いったい誰を親しい友人とすればいいのか。

おなじく長寿だとしても、高砂の松は長年の友人の代わりにはなり得ない。

 

 

藤原の興風は生没年不詳。

三十六歌仙のひとりで、笛や琵琶などの演奏も得意で、琴の名手としても知られていました。

 

 

解説

気のおけない友人たちが、一人また一人と亡くなっていき、自分だけが取り残されていくような孤独感を詠んだ一首です。

歳をとった作者が、旧友に次々と先立たれていくことへの嘆きが伝わってきます。

 

松は、冬でも青あおとした葉をつけるため、長寿の象徴として扱われることが多かったのですが、この歌では、歳をとった作者自身と重ね合わせて詠まれています。

 

高砂は今の兵庫県高砂市で、松の名所です。

特に、「相生の松」と呼ばれる松は夫婦の長寿をあらわすご神木として知られています。

 

 

 

35首目

人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける

紀貫之

 

あなたの心変わりはわかりませんが、昔なじみの里では、梅の花だけが昔と同じく香っています。

 

 

解説

当代随一の歌人として知られる紀貫之の作品です。

この歌だけではわかりにくいのですが、作者が編纂した『古今和歌集』の詞書に、歌のシチュエーションが書かれています。

いわく、貫之が長谷寺に参詣する時に必ず泊まる家があったそうです。

しばらく足が遠のき、久しぶりに訪れた際に家の主人が「このように、家は昔のままでありますのに(あなたは心変わりしたのか、ずいぶんご無沙汰ですね)」と言いました。

そのため貫之は辺りの梅を一枝折って、この歌を詠んだということです。

 

下に打消しの語を伴った「いさ」は「さあ、どうだろうか~ない」という意味になり、「知らず」と呼応して「さあ、どうだろうかわからない」となります。

わからないのは、ここでいう「心」=あなたの気持ちです。

個展では「花」は桜を示すことが多いですが、この歌では、詞書から梅だと推測されます。

 

昔なじみの宿の主人のちょっとした嫌味に、貫之らしい風雅な返しをした、そういう歌なのです。

そしてこの主人が女性か男性かという問題ですが、歌を贈り合う親しい関係や移ろいやすい心を詠んでいることから、恋仲だったとも考えられ、女性だという説もあります。

 

紀貫之は866年生~945年没。

醍醐天皇の命で『古今和歌集』を編纂。

『土佐日記』の作者でもあります。

 

 

 

36首目

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ

清原深養父

 

夏の夜は短いので、宵かと思ったらもう夜明けだ。

月もどこの雲に宿をとって休んでいるのやら。

 

 

解説

「雲のいづこに 月宿るらむ」は月を擬人化した手法で、夏の夜が短すぎて西の空への移動が間に合わないだろう月を案じているとも揶揄しているともとれます。

「まだ宵ながら」の宵は、現在でいう午後7~9時頃のことです。

「~ながら」は「~ままで」という意味なので、「まだ宵のままで」と思っていたら、「明けぬる(明けてしまった)」のです。

 

月が西に沈み切れずに雲のなかにかくれている、というユニークな表現で、夏の夜の短さを嘆いた歌となっています。

 

月は一般的に秋の風物詩とされていますが、深養父は「月宿る」という表現を使って、夏の夜の美しさを詠みました。

面白いのが、作者のひ孫である清少納言もまた、『枕草子』で「夏は夜、月のころはさらなり」と、夏の夜の月を風流なものとしてとらえていることです。

 

 

清原深養父は生没年不詳。

平安時代中期の歌人で、清少納言の曽祖父にあたります。

紀貫之と親しく交流していた歌人で、琴の名手でもありました。

 

 

 

37首目

白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

文屋朝康

 

草の葉で光るつゆに、風が吹きつける秋の野は、留めていない真珠が散らばりふきとんでいるようだ。

 

 

解説

「白露」は、草の葉の上に白く光って見える露のことです。

日が昇れば消えてしまうので、露は「はかなきもの」の象徴でした。

「風の吹きしく」の「しく」は「頻く」で「しきりに~すること」の意味なので「風がしきりに吹く」となります。

 

「つらぬきとめぬ」は「ぬ」が打消しを表しているので「紐を通して留めていない」ということになります。

 

秋の朝、草の葉に光る白露。

きらきら輝く白露が風邪でざあっと揺れる様子を、紐で留めていない玉が散らばる様子に見立てて、その美しさに感動しているのです。

 

この歌の「玉」は真珠という説が強い。

『古事記』『日本書紀』の頃から真珠は貴いものとして扱われており、高貴な女性の象徴でもありました。

『万葉集』に登場する〈あわびだま〉は、アワビからとれる天然の真珠のことです。

 

この歌の「風」とは、野分という、台風にともなう秋の強い風のことを言っています。

 

 

文屋朝康は生没年不詳。

文屋康秀の息子です。

平安時代、多くの歌合に参加し、評判のよい歌人とされましたが、経歴等の詳細は不明。

 

 

 

38首目

忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな

右近

 

忘れられる私は平気。

けれど、一生愛すると神に誓ったあの人が天罰で命を落とすのは惜しまれます。

 

 

解説

一生自分を愛すると神に誓った男の心変わりに対し、「天罰を受けて命を落とすであろうあなたが惜しまれます」と返すのです。

なんとも、相手を案じているともとれますし、強烈に皮肉っているとも解釈できる歌です。

平安時代の女性は儚いイメージもありますが、この歌からは強さというものも感じられます。

 

右近がこの歌で示している相手は、藤原敦忠ではないかと推測されています。

実際、敦忠は若くして亡くなっています。

天罰のせいかはわかりませんが、敦忠は、菅家に呪われている家系だったため、自分が早く死ぬことをわかっていたとも言われています。

 

 

右近は生没年不詳。

醍醐天皇の中宮・穏氏に仕え、村上帝時代の歌壇で活躍しました。

右近の名の由来は、父である藤原季縄が、右近衛少将だったことから。

『大和物語』には、その華やかな恋愛が掲載されています。

元良親王とも恋仲だったと言われています。

 

 

 

39首目

浅茅生の 小野の篠原 忍ぶれど あまりてなどか 人の恋しき

参議等

 

まばらに茅が生える野原の中の篠竹ではないが、あなたへの想いはもはや忍ぼうにも忍びきれない。

 

 

解説

抑えようにも抑えきれない気持ちを、背丈の違う2種類の植物に喩えて詠んだ恋の歌です。

『古今和歌集』にある「浅茅生の 小野の篠原 しのぶとも 人知るらめや 言うひとなしに(心の中に想いを忍ばせていても、あの人は知ってくれるだろうか? いや、知ってはくれないだろう。伝える人がいなければ)」という歌から本歌取りして創作されました。

 

「浅茅生の」は「小野」にかかる枕詞で、「丈の短い茅が生える野原」という意味になります。

「小」は接続語で、言葉の調子を整えるために使われています。

続く「篠原」は「細い竹が生えた原っぱ」のことです。

ここまでが序詞で「忍ぶれど」にかかり、高低差のある2つの植物が同じ場所に茂っている情景を描いています。

 

茅はイネ科の植物で、それほど上背はありません。

その中で、竹は隠れようがないくらい目立ってしまいます。

その様子が、隠そうにも隠し切れない恋心と重なって映ったのでしょう。

 

この「小野の篠原」というのは、この歌以前にはほとんど見られない表現でした。

が、百人一首に選ばれたことで、歌語(和歌に使われる語や表現)として定着しました。

ほかにも、百人一首に選ばれたことで有名になった表現としては、「夢の通ひ路」などがあります。

 

 

参議等は880年生~951年没。

中納言・源希の次男で、嵯峨天皇のひ孫にあたります。

本名は源等。

60歳を過ぎてから、参議の位につきました。

 

 

 

40首目

忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで

平兼盛

 

誰にも知られないように想い忍んできたのに、いつの間にか人から尋ねられるほど顔に出ていたとは。

 

 

解説

「忍ぶ恋」というお題で、壬生忠見と歌合をした際に詠った歌です。

両者とも甲乙つけがたい出来栄えで、判定は難航しました。

すると、天皇がふと兼盛の歌を口ずさんだため、兼盛の勝ちとみなされました。

 

この勝敗に関して、判定人だった藤原実頼は、その後も判定結果に疑問をもっていたと言われています。

 

 

この歌は、自分では他人に隠しているつもりだった意中の相手に対する好意が、実は周囲にはバレバレだったことを詠んでいます。

上の句で「顔に出てしまったようだ」と結論を述べてから、その理由を下の句まで引っ張り余韻を残すというように、倒置法が効果的に使われています。

 

 

・歌合とは

「歌合」は、物の優劣を競う「物合」の一種で、歌の優劣を競います。

お題にそった歌を詠む「題詠」で詠まれた歌を、左右二組に分かれて読みあげ、審判である「判者」が勝敗を決めます。

歌合は平安時代にさかんに行われましたが、この兼盛と忠見の「天徳内裏歌合」はもっとも有名な歌合です。

 

平兼盛は生年不詳~990年没。

三十六歌仙のひとり。

光孝天皇の玄孫ですが、950年に皇族の身分を離れ、「平」の姓を名乗ります。

家集(ひとりの歌人の歌を集めたもの)に『兼盛集』があります。

 

小学生おもしろ学習シリーズ まんが 百人一首大辞典

小学生おもしろ学習シリーズ まんが 百人一首大辞典