本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】を第一首から学ぶ(85・86)

百人一首を第一首から学ぶ(85・86)

 

85首目

夜もすがら もの思ふころは 明けやらで ねやのひまさへ つれなかりけり

俊恵法師

 

一晩中、つれないあなたのことを想って悩んでいるこのごろは、早く朝になってほしいのに、なかなか夜が明けなくて、朝日が差し込むはずの寝室のすき間さえ薄情に思えてきます。

 

 

解説

待っても待っても現れない恋人に一晩中想いをよせ、眠れずに朝を迎えた心情を表現した歌です。

 

この歌を詠んだ俊恵法師は男性です。

当時の時代背景を考えると、男性は待つ側ではなく、訪ねる側というのが常識でした。

この歌は、彼が女性の立場に立って詠んだ歌なのです。

 

「ねやのひまさへ つれなかりけり」という心理描写について、

「ねや」は「寝室」のことで、「ひま」は「すき間」を示します。

「さえ」には恋人だけでなく、寝室のすき間さえ」という意味が込められており、「つれなし(冷淡な、薄情な)」の連用形に詠嘆の助動詞「けり」をつけることで、「薄情に思えてくる」という心境を巧みに表しています。

 

百人一首の歌には「もの思ふ」という表現がよく出てきます。

「もの思ふ」は恋に思い悩む歌の決まり文句とされ、多くの恋歌に使われています。

 

 

俊恵法師は1113年生~1191年没。

大仏で有名な奈良県東大寺の僧でした。

祖父の源経信、父の源俊頼とともに、3代連続で百人一首に歌が選ばれています。

『方丈記』で知られる鴨長明の師でもありました。

作者の寺「歌林苑」ではよく歌合が開かれ、道因法師や藤原清輔朝臣などが出入りしていました。

 

 

 

86首目

嘆けとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな

西行法師

 

嘆き悲しめといって、月がもの思いをさせるのでしょうか。

いや、そうではありません。

それなのに、まるで月のせいであるかのように、流れ落ちる涙ですよ。

 

 

解説

「月の前の恋」というお題で詠まれた想像の歌です。

 

しんと静まり返った月夜に恋しい人を思い出し、流れ落ちてしまった涙。

その涙を月の姓にしたけれど、切なく苦しいこいごころはごまかしきれな、という心情を詠んでいます。

 

月がもの思いに耽る様子を表現するためによく用いられるモチーフであることを利用した、技巧的な一首になっています。

 

この歌では、月がわたしにもの思いさせると涙の理由を月のせいにしています。

このように擬人法を使った歌は百人一首にもたくさんあり、「夜もすがら~」や山桜を擬人化した「もろともに~」など、人間に語りかけるような表現が多くみられます。

 

ちなみに西行は「ねがはくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの 望月のころ」との歌通り、桜の季節に亡くなりました。

 

 

西行法師は1118年生~1190年没。

北面の武士として鳥羽上皇に仕えていましたが、23歳で出家しました。

出家前の名は佐藤義清。

『新古今集』の中では、最も掲載数が多い。

 

2時間でおさらいできる日本文学史 (だいわ文庫 E 336-1)

2時間でおさらいできる日本文学史 (だいわ文庫 E 336-1)