本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

【百人一首】を第一首から学ぶ(91・92)

百人一首を第一首から学ぶ(91・92)

 

91首目

きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む

後京極摂政前太政大臣

 

コオロギが鳴いている、霜がおりた夜の寒いむしろの上で、着物の片方のそでをしいて、一人で眠るのだろうか。

 

 

解説

ここでいうキリギリスは、現在でいうコオロギのことです。

「霜夜」はそのまま「霜の降る夜」を示し、「さむしろ」は「筵」と「寒い」の掛詞になっています。

いかにも、寒々しさを際立たせる描写です。

 

「衣かたしき」は「衣片敷き」です。

これは平安時代の風習を理解しておく必要があります。

当時、男女が共寝をする場合には、お互いの衣の袖を枕代わりにしていました。

つまり、衣を片方しか敷かない=独り寝の夜、ということです。

 

それが強調されるのが下の句の「ひとりかも寝む」で、「ひとりで寝るのだろうか」という疑問を呈しています。

 

もともとは「さむしろに 衣片敷き こよひもや 我を待つらむ 宇治の橋姫」『古今和歌集』詠み人知らず、と「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む」『拾遺和歌集』柿本人丸、を本歌取りしたものだと言われています。

 

妻に先立たれた作者が、となりに誰もいない寒い夜の寂しさを表現した一首です。

 

 

後京極摂政前太政大臣は1169年生~1206年没。

本名は九条良経。

土御門帝治下で摂政、太政大臣を務めました。

『新古今集』の仮名序を書きました。

 

 

92首目

わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かわくまもなし

二条院讃岐

 

私の着物の袖は、引き潮の時でも見えない沖にある石のように、ひとは知らないけれど乾く暇もないのです。

 

 

解説

「潮干」は、潮の水位が一番低くなることです。

その時にさえ「見えぬ 沖の石」と詠っているので、この石はほとんど海中にあることになります。

つまりずっと、濡れている石です。

 

そして、その石と同じくらい濡れているのが「わが袖」です。

古来より、袖が濡れる、のは、あふれる涙をぬぐうためであって、なぜ涙があふれるかといえば、つらい恋をしているから、なのでした。

濡れる袖は恋の涙の暗喩です。

 

「石に寄する恋」といいうテーマで詠んだ一首、「寄物陳思」がもとになっています。

これはモノに想いを寄せて詠う『万葉集』の時代から見られる手法です。

 

この歌は和泉式部の「わが袖は 水の下なる 石なれや 人に知られで かわく間もなし」という歌の本歌取りになっています。

 

この歌があまりにも鮮烈だったのか、二条院讃岐は「沖の石の讃岐」とも呼ばれたと言います。

 

 

二条院讃岐は1141年生~1217年没。

源頼政の娘で、二条天皇に出仕。

以仁王挙兵の関係で出家しました。

女房三十六歌仙のひとりに選ばれるなど、歌の才能を評価され、勅撰集にも数多くの歌が掲載されています。

 

任天堂 百人一首 舞扇

任天堂 百人一首 舞扇