本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第四十一首~第五十首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第四十一首から第五十首を一気に学ぶ

 

41首目

恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか

壬生忠見

 

私が恋をしているという噂がたってしまった。

誰にも知られぬよう、想い始めたばかりだったのに。

 

 

解説

ひそかに抱いていた恋心が噂として広がっていくことを嘆く歌です。

40首目の平兼盛の歌と非常に似たテーマですが、それもそのはずで、二つの歌は内裏歌合で、「忍ぶ恋」を題材にして詠まれたものなのです。

判定の結果は忠見の負けで、忠見はあまりのショックに食欲を失ってしまい、そのまま命を落としたとも言われています。

 

この当時、忠見は摂津国の役人で、この日のために、はるばる田舎から来た役人だったそうです。

出世のチャンスでもあったこの歌は、勝負の歌だったのでしょう。

歌合では負けてしまいましたが、忠見の歌の記録には「甚だ好し」という評価が残っています。

 

「天徳内裏歌合では、「恋すてふ」「忍ぶれど」の順番で読まれた二首ですが、百人一首では順番が入れ替わっています。

これは、歌合の勝者である平兼盛をたたえたためと言われています。

 

壬生忠見は生没年不詳。

父親は壬生忠岑。

父親とともに三十六歌仙のひとりとして知られています。

 

 

 

42首目

契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波こさじとは

清原元輔

 

固く約束しましたよね。

お互いに涙を流しながら、私たちの愛は永遠に変わることはないと。

 

 

解説

永遠の愛を誓い合った恋人の心変わりに落胆し、相手をなじった歌です。

清原元輔が、失恋した友人の気持ちを代弁したものとされています。

 

「袖をしぼり」は、涙を拭いた袖が絞らなければならないほど濡れた様子を示す表現で、「泣き濡れる」の意です。

袖を濡らすと同義ですが、より激しく涙する様子を表します。

 

続く「末の松山」とは現在の宮城県多賀城周辺を指す地名で、どれほど大きな波でも超えない山という意味から、永遠の愛を示す言葉として用いられました。

 

「ちぎりきな(約束しましたよね)」で始まるところに、男性の想いの強さが込められています。

 

和歌の才能が人を評価する基準の一つとされていた平安時代。

「代詠」といって、本人に代わってほかのひとが歌を詠むということがありました。

天皇に歌をささげるとき、恋の場面など、勝負のときに和歌の名人に代詠を依頼することは、よくあることだったようです。

 

 

清原元輔は908年生~990年没。

三十六歌仙のひとり。

清原深養父の孫であり、清少納言の父でもあります。

村上天皇に命じられ、『後撰和歌集』をとりまとめました。

986年に肥後国(現在の熊本県)に赴任し、その地で亡くなりました。7

 

 

 

43首目

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔はものを 思はざりけり

権中納言敦忠

 

あなたと会ってからの恋しい気もちに比べれば、会う前の悩みなどないに等しいものだった。

 

 

解説

この歌は「後朝の歌」というもので、好きな女性とはじめていっしょにすごしたその翌朝におくったものです。

「きぬぎぬ」とは「衣衣」から来ているとされ、一夜を過ごした男女は別れをおしみ、互いの着物を交換したそうです。

 

「逢ひ見て」という言葉には、「会って顔を見て」という意味のほかに「逢瀬を遂げる」、つまり男女関係を結ぶという意味があります。

 

「後」というのは男女の関係になった後という意味合いなので、この歌は恋人と結ばれてからの心境を詠んだものだと理解できます。

 

これと対比するのが「昔」という表現です。

単に昔の出来事を示しているのではなく、恋人と結ばれる以前のことを指しているのです。

 

当時の男女は逢瀬を遂げるまで、お互い顔も知らないのが当然でした。

男も女も、見たことのない相手に想いを巡らせながら、手紙のやり取りで一喜一憂していました。

「会えないこと」の苦しみの大きさが伝わってきます。

実際に結ばれるということが、いかにそのひとの世界を変えてしまうことかという歌です。

 

 

ちなみに、百人一首のもととされる『百人秀歌』は2首1組の構成です。

この歌は、敦忠に恋した右近の歌とペア。

 

権中納言敦忠は906年生~943年没。

藤原時平の息子。

歌の才能にあふれる美男子で、琵琶の名手としても知られていました。

三十六歌仙のひとり。

父の藤原時平は、菅家を九州へ追放したことによるたたりで若くして死亡。

敦忠も38歳の若さで病死しました。

 

 

 

44首目

逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし

中納言朝忠

 

あなたに会うことがなければ、あなたのつれない態度も、恋する辛さも恨んだりしなかっただろうに。

 

 

解説

肉体関係を結んだことで、お互いの気持ちが変わるというのは、珍しい話ではありません。

その後、相手が冷たくなることもあれば、より情熱的になることも。

 

「人をも身をも 恨みざらまし」という表現からは、作者がこうした心変わりに苦悩している様子がうかがえます。

ひとつは「人をも」つまり「相手の女性」、そしてもうひとつは「身をも」、つまり「自分自身」の変化に苦しんでいるのです。

 

藤原定家の考え方では、この歌における「逢ふ」とは、男女が愛し合うことをあらわしています。

つまり、ただ出会ったことではなく、一度想いが通じ合ったにも関わらず、女性に冷たくされ、逢えなくなってしまった苦しみが詠まれているのです。

 

『拾遺集』によればこの歌で歌合に参戦し、三十六歌仙のひとり、藤原元真を負かせました。

 

 

中納言朝忠は910年生~966年没。

和歌や漢学に優れ、笙という和楽器の名手でもありました。

 

 

 

45首目

あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな

謙徳公

 

私のことをかわいそうだと言ってくれそうな人が思い浮かばない。

このまま孤独に死んでいくのだろうか。

 

 

解説

『拾遺集』の詞書に「もの言いはべける女の、つれなくはべりて、さらに逢はずはべりけれ(言い寄った女性がだんだん冷たくなって、逢ってもくれなくなった)」とあることから、会ってくれなくなった恋人に詠んだ歌だということがわかります。

 

作者は、家柄も良く、美男子だったので、つれなくされて死んでしまうと大胆にも死をほのめかして詠み、恋人の反応を試したともいわれます。

 

この歌の解釈はもうひとつあります。

人が生きていくうえで感じるさびしさについて詠まれているという説です。

「恋のつらさ」と「人生のさびしさ」。

ふたつの想いが込められているという見方で読むと、印象が違ってきます。

 

 

謙徳公は924年生~972年没。

本名は藤原伊尹

花山天皇の祖父にあたり、晩年は太政大臣にまで昇進しました。

また、文才に優れ、『一条摂政御集』という歌物語をつくりました。

ちなみに、祖父は貞信公です。

 

 

 

46首目

由良のとを わたる舟人 かぢをたえ ゆくへも知らぬ 恋の道かな

曽禰好忠

 

由良の海峡を渡る船の船頭が、櫂をなくして、行く先もわからないまま漂っているように、私の恋の行く末もまったくどうなっていくのかわからないものだなぁ。

 

 

解説

自ら進むための舵を失った船に、行く先の見えない自身の恋愛を重ね合わせた一首です。

 

「由良のと」の由良は、京都府宮津市を流れる由良川を指すという説と、和歌山県にある由良の御崎を指すという二つの説があり、はっきりとはわかっていません。

「と」は海峡を示す「門」の意味で、潮の流れが複雑な船頭泣かせの場所を表しています。

 

3句目にある「かぢ」は、操船に用いる「櫂」という道具のことで、これを「絶え(失った)」状態を表すことで、船が思い通りに進めない情景を描きだしています。

潮の流れが複雑な上に、櫂を失ったとなれば、船の行く先がわからないばかりか、沈没してしまう可能性も十分に考えられます。

まさに「ゆくへも知らぬ(行く末がわからない)といった窮地なのです。

 

これが「恋の道(恋の行方)」に重ねられているとすると、それほどまでに自分の恋に不安を感じるような、前途多難な状況だったのでしょう。

 

「由良の門を」から「かぢをたえ」までの上の句は序詞で、下の句を際立たせる役目があります。

「門」「渡る」「舟人」「かぢ」「ゆくえ」「道」がすべて縁語の関係になっているなど、細部まで神経の行き届いた歌です。

 

 

曽禰好忠は生没年不詳。

丹後国(現在の京都府北部)の役人を長く務めていたことから、その名がつきました。

斬新な歌風で評価された一方、偏屈で奇行が多かったとも伝えられています。

円融院で開かれた歌合では、呼ばれていないのに粗末な格好で現れたという逸話も残っています。

 

 

 

47首目

八重むぐら 茂れる宿の 寂しきに 人こそ見えね 秋は来にけり

恵慶法師

 

つる草が何重にも生い茂って、荒れた家。

訪れる人は誰もいないが、それでも秋はやって来るのだなあ。

 

 

解説

「八重むぐら」のむぐらは、ツル科植物の総称です。

むぐらが何重にも生えていることから、荒廃した家などを象徴する言葉となりました。

 

「茂れる宿」は宿泊施設を示すのではなく、家、住処といった意味です。

寂しさ、侘しさに満ちた歌です。

 

詞書によると、嵯峨帝時代に栄華を誇った河原院(源融の邸宅)の荒れ果てた様を詠っているそうです。

いつまでも華やかな時代が続くわけではあんく、変わりゆく時代に訪れる秋という季節が、よりいっそうその寂しさを感じさせる歌です。

 

ちなみに、平安末期の説話集『今昔物語集』には、荒れ果てた河原院に幽霊が出るとのうわさもあったと書かれています。

が、作者だけでなく、すたれた場所を好む歌人たちは、ときどきこの地を訪れていたとも言われています。

 

 

恵慶法師は生没年不詳。

播磨国の国分寺の講師(僧侶の監督)でした。

平兼盛や源重之などと親しかったそうです。

歌人としては『拾遺和歌集』に初出しています。

 

 

 

48首目

風をいたみ 岩打つ波の おのれのみ くだけてものを 思ふころかな

源重之

 

風がとても激しいので、岩に打ち付ける波が自ら砕け散ってしまうように、私の心も砕けそうです。

 

 

解説

どれほど想いを伝えても心を動かさない恋人を「岩」に、それでも懸命にアタックし続ける自分を「波」になぞらえた歌です。

 

「くだけてものを思ふころかな」という表現は、平安時代にはよく使われていた慣用的な言い回しですが、それを岩にぶつかって千々に砕け散る波の姿と重ねることによって、叙情的な歌に昇華させています。

 

「風をいたみ」の「いたし」という言葉は「甚だしい」という意味を持つ形容詞で、「岩打つ波」とともに、荒れ狂う海の激しさを表現しています。

作者の心情の激しさを物語っています。

 

この歌で最大のポイントとなっているのは「おのれのみ」という句です。

恋人は、まるで岩のように何があってもまったく動じず、作者だけが何度も岩に打ち付ける波のように、心を打ち砕いているのです。

 

この歌は、上の句で「いたみ」「波」「おのれのみ」と「み」の音がくり返され、音の響きを味わうことができます。

百人一首の中で、この歌のほかに音の響きを楽しめる例として「名こそ流れて なほ聞こえけれ」の「な」の音の重なりや、「久方の 光のどけき 春の日に」の「は行」の音のくり返しなどがあげられます。

 

 

伊勢の歌集『伊勢集』には、「風吹けば いはうつ波の おのれのみ くだけてものを 思ふころかな」という、この歌によく似た歌がおさめられています。

 

 

源重之は生年不詳~1000年頃没。

清和天皇のひ孫。

源兼信の子で、伯父の参議兼忠の養子であり、三十六歌仙のひとり。

九州から東北を旅して、多くの歌を残したと言われています。

 

 

 

49首目

御垣守 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ ものをこそ思へ

大中臣能宣

 

宮中の門番が焚くかがり火は、夜は赤々と燃え盛り、昼になると消えてしまう。

それと同じように、夜には激しく燃え上がる私の心も、昼間には消え入るように沈んでしまう。

 

 

解説

燃え盛るような恋情を、かがり火の炎に喩えた一首です。

「夜は燃え 昼は消えつつ」という表現は、闇夜を照らすかがり火の情景描写であると同時に、詠み手の心情描写にもなっています。

大中臣能宣は、夜には赤々と燃え、昼には消えてしまうかがり火を自身の心に見立て、激しい気もちの浮き沈みを詠ったということです。

 

平安時代は電気もありません。

夜は今よりもずっと暗かったことでしょう。

そのため、闇に乗じて窃盗や殺人などの犯行に及ぶ者もいたため、特に皇居の周囲などは火を焚いて明るさを保っておく必要がありました。

そこで、衛士と呼ばれる宮中の警護にあたった兵士たちが、夜になるとかがり火をたいて、門番を行っていました。

 

無機質な電気の明かりとは違って、かがり火はぱちぱちと音を立てながら、まるで生きているかのように揺れ動きます。

作者が闇夜で蠢く炎に感情を投影したのは、ある意味自然な行為だったともいえるでしょう。

 

夜の間灯され続けていた炎は、日の出とともに消されます。

生き生きとしていた夜の面影は皆無で、意気消沈しているようにも見えてきたことでしょう。

 

男女が夜にしか会えないこの時代だからこそ生まれた歌です。

恋人と一緒にいる夜の間は、燃え盛るような愛に身を委ね、会えない昼間は燃え尽きた灰のように過ごす男たちも多かったはずです。

 

ちなみに、当時衛士の大半は地方から集められた農民だったそうです。

『更級日記』には、武蔵国から来た衛士が帝の姫君をひそかに連れて帰る話があります。

 

 

大中臣能宣は921年生~991年没。

神職の家に生まれた歌人です。

神祇大副頼基の子で、自身も伊勢神宮の祭主をつとめました。

歌人としては「梨壺の5人」のひとりとして、『後撰集』の編纂に携わりました。

 

この歌は、皇太后宮大夫俊成が、大中臣能宣の歌として『古三十六人歌合』に選んだことで、有名になりました。

しかし、能宣の歌集である『能宣集』に入っていないことや、『古今和歌六帖』という家集には「よみ人知らず」としてとりあげられていることから、能宣の歌ではないという説もあるようです。

 

 

 

50首目

君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな

藤原義孝

 

あなたにお会いするためなら、たとえ捨てても惜しくないと思っていた命ですが、こうして逢うことができた今となっては、いつまでも長生きしたいと思うようになりました。

 

 

解説

まだ見ぬ女性に対する恋心が、出会ったことをきっかけに作者の考え方まで変えてしまったという心の変化を詠った一首です。

出典元である『後拾遺和歌集』の詞書に「女のもとより帰りてつかわしける」とあるように、後朝の文であることがわかります。

 

作者の藤原義孝は、若くして歌の才能を認められ、「末の夜にもさるべき人や出でおはしましがたからむ(今後もこのような人は現れはしないだろう)」といわれるほどの美男子だったそうです。

一方で、仏教への信仰心が厚く、真面目な人物だったともされています。

容姿端麗で才能があり、しかも誠実となれば、女性からの引く手数多だったことは想像に難くありません。

しかし、彼は天然痘を患ってしまい、21歳という若さでこの世を去りました。

 

最後にある「思ひけるかな」という表現の「ける」は、詠嘆の助動詞「けり」の連体形で、「初めて気づいた」という意味を表しています。

 

 

藤原義孝は954年生~974年没。

平安中期の歌人で、幼少のころから歌の才能を認められていました。

謙徳公の息子。

『大鏡』には、「生き返ってお経を読みたいから火葬しないでほしい」と遺言したとも。

 

ちなみに、謙徳公・義孝親子のように、百人一首には、他にも十八組の親子の歌が選ばれています。

やはり、歌を詠むために必要な感性や教養というものが、親から子へ受け継がれていたのでしょう。

三代続けて百人一首に選ばれているのは、大納言経信、源俊頼朝臣、俊恵法師だけです。

 

ひとりでできる 小倉百人一首 読み上げ機付き

ひとりでできる 小倉百人一首 読み上げ機付き