本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第五十一首~第六十首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第五十一首から第六十首を一気に学ぶ

 

51首目

かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを

藤原実方朝臣

 

こんなにも恋しく思っているのに、いざ口に出して伝えようとすると言えません。

きっとあなたは知らないでしょう。

私の心が、伊吹山のさしも草のように燃えているなんて。

 

 

解説

詞書に「女にはじめてつかわしける」と書かれていることから、この歌は、藤原実方朝臣が想いを寄せる相手にはじめて気持ちを打ち明けた和歌であることがわかります。

溢れんばかりの想いを募らせている男が、自らの気持ちを燃えるようなさしも草に喩え、どうにか相手に伝えようと苦心している姿が目に浮かびます。

 

熱い気もちをストレートに詠んだ歌ですが、その表現には様々なテクニックが駆使されています。

 

冒頭「かくとだに」は、一見しただけでは何を意味しているのかわかりにくいですが、「かく」は「このように」という意味で、「だに」は打消しの副助詞なので、現代語に訳すと「このように~さえ」となります。

前後の文脈から「~」の部分に省略されているのは「あなたを慕っていること」だと解釈できます。

 

続く「えやはいぶきの」も非常に技巧的な表現となっています。

「いぶき」が掛詞で、上を受けて「えやは言う」、下にかかって「いぶき」という2つの意味をなしています。

 

このように技巧に満ちた表現となっているのには理由があります。

藤原実方朝臣は『枕草子』の作者として知られる清少納言と恋仲で、彼女以上の和歌を詠もうと意気込んでいたのでしょう。

 

歌の中にある「さしも草」とは、強く印象的な香りを持つ「ヨモギ」を指しています。

 

 

藤原実方朝臣は生年未詳~998年没。

恋多き人物であり、『源氏物語』の主人公である光源氏のモデルのひとりとされています。

左近衛中将まで出世しますが、宮中でもめごとを起こし、奥州に左遷されました。

 

 

 

52首目

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

藤原道信朝臣

 

夜が明ければやがて日が暮れ、またあなたと会えることはわかっています。

しかし、それでもあなたとわかれなければいけない夜明けは、とても恨めしいものです。

 

 

解説

この歌を理解するためには、まず当時の時代背景を把握しておく必要があります。

作者の藤原道信朝臣が生きた平安時代、男女が自由に会うことは許されていませんでした。

夫婦であっても別居しているのは当たり前で、女性は男性が家にやってくるのをただ待つしかなかったのです。

いわゆる通い婚という習慣です。

しかも、会うことができるのは夜のみで、男性は夜明けとともに女性の家を去らなければなりませんでした。

 

こうした状況をふまえてこの歌をみると、好きな相手と少しでも長くいたいという道信の切実な心情を読みとることができます。

夜になればまた会えることはわかっているものの、会えない昼の時間がつらく、朝がやってくるのを疎ましく感じているのです。

 

女性の家を去ったあと、男性は「後朝の文」を出すのが通例でした。

「後朝の文」とは、一夜をともにした女性に男性が送る恋文で、道信の歌もこれに当たります。

 

『後拾遺集』では、雪の降る朝に詠まれたとされ、夜が一番長いとされる冬の一夜を過ごした後でさえも、まだ名残惜しいということが詠まれた歌であることがわかります。

 

 

藤原道信朝臣は972年生~994年没。

太政大臣・藤原為光の3男で、従四位上・左近中将にまで昇進しました。

中級貴族である「朝臣」を名乗り、将来を約束された身分でしたが、23歳の若さで夭折しました。

中古三十六歌仙のひとりでもあります。

 

 

 

53首目

嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る

右大将道綱母

 

嘆きながらひとりで孤独に寝る夜。

夜明けまでの時間がいかに長いことか、あなたは知らないでしょう。

 

 

解説

詠み人の藤原道綱母は『蜻蛉日記』の作者としても有名です。

『蜻蛉日記』によると、息子の道綱が生まれた直後なのに、夫の藤原兼家は別の愛人宅に通い始めてしまいました。

ちなみに藤原兼家は政界の実力者であり、たくさんの妻がいました。

 

しばらくぶりに訪れた兼家に対し、門を開けなかったところ、兼家は帰ってしまいました。

翌日、色あせた菊一輪とともにこの歌を兼家に贈ったといわれています。

 

兼家は、扉を開けてくれなかったことに怒ったといわれています。

女性は、男性の訪れをただ待つしかなかった時代です。

辛抱強く待つことしかできない平安時代の女性の、本音が伝わってきます。

 

 

右大将道綱母は936年生~995年没。

藤原兼家の妻のひとりで、『蜻蛉日記』の作者。

『蜻蛉日記』は作者の21年分の日記です。

成長する息子のすがたや、結婚生活への不満、夫である兼家へのドロドロとした嫉妬話や怒りの数々が綴られています……。

 

『蜻蛉日記』は『源氏物語』や『枕草子』よりも前に書かれ、女流文学の先がけとなりました。

 

 

 

54首目

忘れじの ゆく末までは かたければ 今日をかぎりの 命ともがな

儀同三司母

 

忘れないというあなたの言葉も、将来では変わるかもしれません。

今日を限りに命が尽きてしまえばいいのに。

 

 

解説

詠み人の儀同三司母のもとへ、藤原道隆が通い始めたころの歌だといわれています。

ふたりは夫婦になり、男は「忘れじ」と愛を誓います。

それに対し「今日をかぎりの 命ともがな」と答える女。

 

結ばれたばかりの恋人たちの睦言のようでもありますし、男の心変わりを恐れる女性の本音のようでもあります。

 

当時、男性には何人もの妻がいました。

たとえ恋が実っても、その人の愛をひとりじめできることはほとんどありません。

女性は、どんなに甘い言葉をささやかれても、いずれ自分への愛情は薄れてしまうものだ、と考えていたのです。

 

この歌の相手である道隆は、当時、関白という政治の中心的地位にあり、女性からも非常にモテていたそうです。

 

 

儀同三司母は生年不詳~996年没。

本名は高階貴子。

藤原道隆の正妻となり、伊周、隆家、定子を産みました。

円融院に仕えて、高内侍と呼ばれました。

女性ながら漢詩を得意としたそうです。

 

 

 

55首目

滝の音は たえて久しく なりぬれど 奈こそ流れて なほ聞こえけれ

大納言公任

 

滝の音が聞こえなくなって長い年月が経つが、その名声だけは消えることなく、今も世間に知れわたっていることだ。

 

 

解説

この歌に詠まれた滝とは、かつて京都・大覚寺の庭園につくられた人工の滝のことです。

残念ながら、作者の時代にはすでに水が枯れてしまっていましたが、姿は失われても評判が消えることはなく、その美しさは後世にまで語り継がれました。

 

かつて京都の大覚寺は、嵯峨天皇の離宮でした。

そして、天皇はそこに素晴らしい滝をつくり、その流れを楽しんでいたそうです。

 

「滝」「絶え」「流れ」「聞こえ」と4つの縁語が盛り込まれているだけでなく、下の句では「な」の音を重ねた滑らかな響きをもっています。

 

 

大納言公任は966年生~1041年没。

『拾遺集』『和漢朗詠集』など、編著作は多数。

和歌や漢詩、管絃にも優れたと言われています。

大納言経信とともに、和歌・漢詩・音楽に優れた人「三船の才」とされていました。

 

 

 

56首目

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな

和泉式部

 

もうすぐ私はこの世にはいないでしょう。

あの世への思い出に、最後にひと目あなたに会いたいものです。

 

 

解説

和泉式部は平安時代を代表する女流歌人です。

波乱万丈な人生で、とくに恋多き女性として、当時から知られていました。

紫式部は「文章や和歌をよくするけれど、素行は感心できない」と書き、道長にも「浮かれ女」とまで言わしめています。

しかしながら、だからこそ情熱的で時に情念すら感じるような和歌が生まれたのかもしれません。

 

「あらざらむ」という、「生きてはいないだろう」という物騒な言葉が、読む者を一気に引き込んでいきます。

続く「この世のほかの」は死後の世界、もしくは来世です。

 

わたしはもう長くないので、死後の思い出になるものがほしい。

その願いの内容が「今ひとたびの逢ふこともがな」、つまり「最後にひと目あなたに会いたい」ということなのです。

 

「あらざらむ」と「この世のほか」という和歌では伝統的でない言葉を使ったことと、ふつうならば、「この世の思い出として会いたい」とするところを、「死後の世界への思い出として会いたい」としたことは、当時、とても独特で挑戦的な表現だったそうです。

 

なお、和泉式部の晩年は不明な点が多くあります。

藤原保昌と結婚し、丹波に赴いたという記録が1013年頃に残っています。

また、娘の小式部内侍が夭折し、かなり気落ちしたとも言われています。

 

 

和泉式部は978年生~没年不詳。

中古三十六歌仙、女房三十六歌仙のひとり。

恋愛遍歴を重ね、恋歌を中心に数多くの作品を残し、『拾遺集』などの歌集に242首も選ばれています。

これは、女流歌人では最多。

その才能は、同時代の大歌人・藤原公任にも称賛されたそうです。

 

敦道親王との恋愛を物語風に綴った『和泉式部日記』というものが残っています。

この日記によると、敦道親王の兄で、和泉式部のもと恋人である為尊親王が亡くなり、喪に服していたとき、敦道親王に求愛され、ふたりは恋仲となったそうです。

女流歌人として名高かった和泉式部らしく、日記の中で140首あまりの和歌が詠まれています。

 

 

 

57首目

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな

紫式部

 

久々に会えたのに、それがあなたかどうかもわからないうちに帰るなんて、くもに隠れた月のようだわ。

 

 

解説

あわただしく帰っていく友人を、雲にかくれる月に見立てることで、別れを惜しむ気持ちをよんだ歌です。

相手がその人かどうかも見分けがつかないうちに、という表現はすこし大げさですが、月が瞬時に雲に隠れるくらいあっという間の出来事だったことを意味しているのでしょう。

 

もともと「雲隠れ」は身分の高い人の死も意味しますが、この歌には詞書があり、相手は幼馴染の友人であるとされています。

 

 

紫式部は970年頃生~1014年没。

藤原為時の娘で、大弐三位の母親。

『源氏物語』や『紫式部日記』を執筆した女流作家。

 

 

 

58首目

有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

大弐三位

 

有馬山近くの猪名に風が吹けば、そよそよ音がします。

そうよ、どうして私があなたを忘れるでしょうか。

 

 
解説

有馬山は現在の兵庫県神戸市にある山で、猪名の笹原はその南東に広がる平地です。

現在の尼崎市、伊丹市、川西市あたりになり、かつては一帯に笹が生えていました。

有馬山から風が吹けば、猪名の笹原がそよそよと揺れる。

子の様子は昔の人々にとってはなじみのある連想で、歌にも「有馬山」と「猪名の笹原」はセットで登場することが多いです。

 

また「いで」は「いやはや、まったく」といった意味の副詞です。

「そよ」は葉ずれの音を示す擬音であるとともに、現代語で言えば「そうよ」という返答の言葉です。

 

つまり、この歌で大弐三位は風がそよぐ様と「そうよ」という返事をかけているのです。

もともとこの歌は、しばらく会わなかった恋人から「私のことを忘れていませんか」という手紙をもらった時の返歌です。

その手紙に対し、「まったく、私があなたを忘れるわけないじゃない」と返しています。

 

 

大弐三位は999年生~1082年没。

藤原宣孝と紫式部の娘で、本名は藤原賢子。

母親と同じく、一条院彰子に出仕しました。

その後、後冷泉天皇の乳母に。

 

 

 

59首目

やすらはで 寝なましものを さ夜更けて かたぶくまでの 月をみしかな

赤染衛門

 

ぐずぐず起きていないで寝てしまえばよかった。

あなたを待って夜が更け、傾いた月を見てしまいました。

 

 

解説

平安時代の婚姻は男性が女性の家を訪れる「通い婚」が主流でした。

一夫多妻制だったため、その晩にどの相手を訪れるかは、手紙などで知らせていたようです。

女性側は、男性の訪れをひたすら待つしかなかったのです。

 

この歌は、来ると言っていたのに来なかった恋人への歌です。

「かたぶくまでの 月」は、夜明けになって月が西に沈む様子を示しています。

つまり、女性は来るはずの恋人を待って、夜を明かしてしまったのです。

女性の恨めしい気もちがにじんでいます。

 

一方で「やすらはで」は現代でいう「ためらわずに」といった意味なので「どうせ来ないのならば寝てしまえばよかった」という意味になります。

 

作者の赤染衛門は、自分の姉妹に行くと申し伝えながら訪ねてこなかった関白・藤原道隆(当時は少将だった)に宛てて、この歌を代筆で読み送ったと言われています。

 

 

赤染衛門は956年生~1041年没。

夫の大江匡衡とはおしどり夫婦として有名であり、良妻賢母としても知られています。

 

 

 

60首目

大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立

小式部内侍

 

道のりが遠いので、まだ天橋立に行ったことはありません。

まして、母からの手紙など見ていませんよ。

 

 

解説

作者の小式部内侍は幼いころから歌が上手いことで有名でしたが、著名な歌人である和泉式部を母に持つという環境が災いして、「彼女の歌は、実は母親が作っているのではないか? という疑惑を抱かれていました。

 

ある時、小式部内侍は歌合に招かれます。

当時、彼女の母である和泉式部は夫とともに天橋立がある丹後国に赴いており、不在でした。

この状況を知った藤原定頼は、小式部内侍に「母上がいる丹後国に使いを出しましたか? 返事は間に合いそうですか?」と立て続けに皮肉を述べたそうです。

その時、小式部内侍がとっさに返したのが、この歌だったのです。

 

「大江山」や「いく野」というのは、母がいる「天橋立」への道中にある地名です。

「まだふみも見ず」の「ふみ」は、「文」と「踏み」の掛詞になっており、「まだ行ったことがない」という意味と「まだ母からの手紙を見ていない」という2つの意味を同時に表しています。

 

驚くべきことに、この歌を詠んだとき、作者はなんと15歳でした。

 

 

小式部内侍は999年生~1025年没。

橘道貞と和泉式部の娘。

母親同様、中宮彰子に仕え、幼少から歌人としての頭角を現していました。

小式部内侍は歌の才能もあり美人だったため、母親と同じく恋多き女性だったと言われています。

 

 

任天堂 百人一首 平安

任天堂 百人一首 平安