本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第六十一首~第七十首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第六十一首から第七十首を一気に学ぶ

 

61首目

いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に 匂ひぬるかな

伊勢大輔

 

いにしえの昔、奈良の都で咲いた桜が、今日は九重の宮中でひときわ美しく咲き誇っております。

 

 

解説

詞書には「一条院の時代、奈良から八重桜が献上された時に、その花を題材にして歌を詠めといわれて、詠んだ歌」とあります。

奈良の高僧が、一条天皇の中宮彰子(時の権力者・藤原道長の娘)に桜を献上した際、受け取る役目の女官・伊勢大輔が即興で詠んだ歌です。

 

「いにしへの奈良の都」は「古き遠き奈良の都」の意味。

平安の時代でも、すでに奈良ははるか昔の都というイメージがついていました。

 

「九重」は宮中という意味で、「いにしへ」と「けふ」、「八重」と「九重」が見事に対応しています。

また、「匂ひぬるかな」で「美しく咲き誇る」となり、これは桜の咲き誇る様子を示すと同時に、現在の一条天皇の治世の繁栄を祝う意味にも掛かっているのです。

 

平城京から平安京につながる歴史の流れと、今上帝への言祝ぎが巧みに集約されており、列席していた道長もたいそう感心したそうです。

 

ちなみに、桜を受け取る役目は本来紫式部だったところを、紫式部が新人の伊勢大輔に譲ったといいます。

また、当時、八重桜は奈良でしか見られないものだったため、京都では珍しい貴重な花とされていました。

 

 

伊勢大輔は989年頃生~1060年没。

一条天皇の中宮彰子に仕え、和泉式部、紫式部らと親交を結びました。

伊勢という呼び名は、父親が神祇伯という伊勢神宮の祭主であったため。

 

 

 

62首目

夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関は許さじ

清少納言

 

夜明け前に鶏の鳴き真似をして騙そうとしても、逢坂の関は中国の故事のようには開きません。

 

 

解説

この歌を理解するには、中国の「函谷関の故事」を知る必要があります。

「函谷関」とは、中国の国境にあった関所のことです。

夜明けに鶏が鳴くまで開かない関所だったのですが、ここを突破するために孟嘗君という政治家が部下に鶏の鳴き真似をさせた、という故事があります。

 

清少納言はこの故事を踏まえた上で、夜明け前にも関わらず「鶏が鳴いたからもう帰る」とうそをついた男性(藤原行成)を、歌で責めたのです。

 

この歌といっしょに、逢坂の関にはしっかりとした関守(清少納言のこと)がいると書き添え、念を押したといいます。

 

 

清少納言は966年生~1025年没。

『枕草子』の作者であり、父は梨壺の5人の清原元輔。

一条天皇の中宮定子に仕えました。

 

 

 

63首目

今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな

左京大夫道雅

 

今となってはもうあなたのことは諦めようと思っていますが、せめてそのことを直接伝えたいなあ。

 

 

解説

この話は実話に基づいて作られているそうです。

作者は三条院の皇女で、伊勢神宮の斎宮の任を終え、都にもどってきた当子内親王とひそかに愛を育んでいました。

すでに当子は任を解かれ、恋愛についても自由の身でしたが、ふたりの密通を知った三条院は激怒します。

ふたりの仲を裂くために、当子に見張りをつけるなどして、道雅を遠ざけました。

 

こうした経緯で、当子との恋愛を禁じられた道柾が、悲しみに暮れながら詠んだのが、この歌です。

 

「今はただ 思ひ絶えなむ(今はもう想いを諦めよう)」とあるように、道雅はすでに当子との別れを受け入れていましたが、ただひとつ未練として残っていたのが、「人づてならで 言ふよしもがな(人を通じてではなく、直接伝えたい)」ということでした。

 

結果的に、道雅は左遷され、当子は出家の後、22歳の若さでこの世を去っています。

 

 

左京大夫道雅は993年生~1054年没。

本名は藤原道雅。

父が失脚し家が没落したため風流人として生きました。

 

 

 

64首目

朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木

権中納言定頼

 

周囲が徐々に明るくなってくる頃、宇治川の川面の朝霧も薄らいできた。

そこから現れたのが網代木だ。

 

 

解説

「宇治」は現在の京都府宇治市で、当時は貴族の別荘が多く建てられていました。

「網代木」とは、網代用の杭のことです。

網代は、川の浅瀬に杭を打って、竹などで編んだざるを仕掛け、魚を捕ることで、宇治の冬の風物詩でした。

『万葉集』の頃から歌に登場しています。

また、「霧」も宇治川の名物であり、数多くの歌に詠まれています。

 

時間の流れにそって、たんたんと情景の移り変わりを詠んでいるところに趣があります。

 

 

権中納言定頼は995年生~1045年没。

藤原公任の息子で、相模、大弐三位などと浮き名を流しました。

小式部内侍も恋人で、彼女が歌人として名を上げるきっかけをつくった逸話が有名です。

 

 

 

65首目

恨みわび 干さぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

相模

 

涙で朽ちる着物の袖さえ無念なのに、失恋で悪いうわさが立ち、私の名も落ちていく。

それが口惜しい。

 

 

解説

作者は平安時代を代表する女流歌人のひとりで、相模守・大江公資と結婚したため、相模という名でよばれていました。

しかし、恋多き女であった相模の結婚生活はそう長くは続きませんでした。

別れた後も次々と恋に落ち、気がつくと「尻軽女」のレッテルを貼られてしまうことに。

 

そうした性格もあってか、相模の歌にはよく「そでをぬらす」という表現が出てきます。

 

「恨みわび」から始まったこの歌は「干さぬ袖だに」「恋に朽ちなむ」と悲劇的な言葉が続いていきます。

 

1051年の内裏歌合で詠まれたものであり、詠み人の相模は当時50代です。

そのため、実体験ではなく、根合と呼ばれる歌の会のために詠まれたものだともいわれています。

根合とは、五月五日の端午の節句で持ち寄ったショウブの根や、それに添える歌を競うものです。

 

 

相模は998年生~1061年頃没。

2回の結婚と離別を経て、脩子内親王に出仕しました。

 

 

 

66首目

もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし

前大僧正行尊

 

山桜よ、私がお前を愛おしむように、私のことも愛おしいと思ってくれ。

お前以外に知人はいないのだ。

 

 

解説

山奥で思いがけず見つけた山桜にシンパシーを感じ、ひっそりと咲き誇る花への共感を詠んだ歌です。

作者は10歳で父親を失い、12歳で出家、15歳の時には熊野や大峰の山中深くへ分け入り、修験道者としての修行を始めたそうです。

人にも合わず、食事もまともにとらず、ただひたすら自然と向き合う生活の孤独感の中で出会った山桜の花は、彼の目にどんな風に見えていたのでしょう。

 

「もろともにあはれと思へ」という言葉に、作者の気持ちがつまっています。

「もろとも」は「いっしょに」という意味の副詞です。

「あはれ」は感動を表す形容詞で、「思へ」は「思ふ」という動詞の命令形です。

現代語にすると、「いっしょに愛おしいと思っておくれ」という意味になります。

 

ちなみに、大峰山は過酷な修行をするための神聖な山としてあがめられていた、標高1915メートルの山です。

 

 

前大僧正行尊は1054年生~1135年没。

三条院の皇子、敦明親王の孫です。

12歳で出家して密教を学んだ後、熊野で山伏としての修行をつみました。

崇徳院などの護持僧を務めました。

 

 

 

67首目

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

周防内侍

 

春の夜の夢のようにはかない腕枕のために、つまらないうわさが立ってしまったら、それは誠に残念ではありませんか。

 

 

解説

親しい人々が集まって夜通し語らっていたところ、周防内侍が眠くなって「枕がほしい」とつぶやきました。

すると、藤原忠家が御簾の下から腕を差し出してきました。

腕枕といえば、男女の契りを意味するものです。

ここであまえてうわさのもとを作ってはいけないと、この歌を詠んで断ったといわれています。

 

「かひなく」は「甲斐がない(つまらない)」と「腕(かいな)」の掛詞です。

 

この歌に対して、忠家は「縁があってさし出す腕枕を夢で終わらせるものですか」といういみの歌を返しました。

 

 

周防内侍

1037年生~1109年没。

本名は仲子。

女官として4代の天皇に従事しました。

 

 

 

68首目

心にも あらで憂き世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな

三条院

 

自分の本心に反して、このつらい世の中を生き延びたのなら、その時はきっと、今宵の月の美しさを思い出すに違いない。

 

 

解説

藤原道長から強引に退位を迫られた三条院が詠んだ歌です。

さらにこのころの三条院は宮中の火災や目の病気などと災難が続いていました。

道長の目的は、わずか四歳の孫を天皇にして、みずから権力を握ることでした。

 

三条院は天皇の位を譲った後、出家しました。

その後、まもなく42歳で亡くなりました。

 

三条院は976年生~1017年没。

冷泉天皇の息子で、第67代天皇。

僅か5年で退位しました。

 

 

 

69首目

嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり

能因法師

 

嵐が吹き散らかした三室山の紅葉は、麓を流れる龍田川の川面を彩って、豪華絢爛な錦のようであったよ。

 

 

解説

この歌には、「三室の山」と「龍田の川」という、ふたつの歌枕が詠まれています。

「三室の山」は奈良県斑鳩の山で、紅葉の名所です。

その山に嵐が吹いて紅葉が舞い、「龍田の川」に落ちてきます。

川面に浮かぶ紅葉は「錦」、すなわち絢爛豪華な織物のようだった、と感動を詠った歌です。

 

ちなみにふたつの場所は離れているのですが、あえてふたつの名所を結びつけることで、華やかな情景を描き出したといわれます。

 

 

能因法師は988年生~1050年没。

藤原長能に師事し、各地を旅して歌を詠みました。

1013年に出家し、摂津国に移住。

独自の歌論をまとめた『能因歌枕』があります。

 

 

 

70首目

寂しさに 宿を立出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ

良暹法師

 

あまりにも寂しさが募るので、庵から出て周囲を見渡してみたが、どこも同じ寂しい秋の夕暮れが広がっていた

 

 

解説

比叡山で仲間の僧侶とともに修行に励んでいたころからは一転し、晩年は京都の大原という静かな土地で一人暮らしていた良暹。

詳しい経歴については謎が多い作者ですが、そんな隠棲生活における人恋しさ、寂しさを詠んだものだと言われています。

 

「秋の夕暮れ」で体言止めにするのは、百人一首の撰者である藤原定家も好きだった手法です。

 

「宿」とは、一般的には俗世を捨てた人などが一人で住むような、粗末でわびしい家を指すことが多いです。

 

 

良暹法師は生没年不詳。

詳しい経歴については不明。

 

 

私の百人一首 (新潮文庫)

私の百人一首 (新潮文庫)