本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第七十一首~第八十首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第七十一首から第八十首を一気に学ぶ

 

71首目

夕されば 門田の因幡 おとづれて あしのまろやに 秋風ぞ吹く

大納言経信

 

夕方になると、門の前の田んぼの稲葉にさわさわと音を立てさせる秋風が、茅葺きのこの山荘にも吹いてきた。

 

 

解説

この歌は、経信ら宮廷歌人たちが、京都のはずれにある別荘にて、「田家の秋風」がテーマの歌合で詠まれた和歌だと言われています。

「門田」は家の前にある田で、「あしのまろや」は茅葺き屋根の粗末な家のことです。

 

作者は農民ではありませんが、当時貴族の間では都から少し離れたところに別荘を持ち、自然や田園風景を眺めてのんびり過ごすような暮らしが好まれていました。

 

「夕されば」でも使われている「さる」は、今の「去る」の意ではなく、「来る」の意です。

 

 

大納言経信は1016年生~1097年没。

本名は源経信。

漢詩、管弦の才能にも長け、大納言公任とともに「三船の才」と呼ばれました。

82歳で大宰府にて没しています。

 

 

 

72首目

音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の ぬれもこそすれ

祐子内親王家紀伊

 

うわさに高い高師のいたずらな波をそでにかけないようにしないと。

同じくあなたのことも気にかけないようにしないと。

涙でそでをぬらすことになってはいけませんから。

 

 

解説

「艶書合」という歌合の場で、29歳の公達から70歳の女房に贈られた恋の歌への返歌です。

1102年に開催された歌合において、29歳の藤原俊忠が「人知れぬ 思いありその 浦風に 波のよるこそ 言はまほしけれ」と詠んだのに対し、70歳の女房・紀伊が返したのがこの歌なのです。

 

俊忠の歌は「夜」と「寄る」、「ありその」と「荒磯」が掛かった技巧的な歌で、「人知れずあなたを想っています。荒磯の浦風に寄せる波のように、夜にあなたと話したい」という意味です。

 

それに対して、紀伊は「高師の浜」と「高し」を掛けて「噂に名高い」と含ませ、俊忠の言葉を「あだ波」と言い切っています。

あだ波はいたずらな波のことなので、有名なプレイボーイのうすっぺらな口説き文句だと揶揄しているのでしょう。

 

「あだ」は不誠実なことを表すため、「あだ名」という言葉は元来プレイボーイの評判という意で使われていました。

 

 

祐子内親王家紀伊は生没年不詳。

後朱雀天皇の皇女・祐子内親王に仕えた以外の経歴が明らかになっていない。

 

 

 

73首目

高砂の 尾の上の桜 咲にけり 外山の霞 立たずもあらなむ

権中納言匡房

 

遠くの山の峰に桜が咲いている。

里山の霞よ立たないでくれ。

峰の桜が見えなくなってしまうから。

 

 

解説

作者の権中納言匡房は学者の家柄である大江氏の出身でした。

幼少時代から才があり、長じては菅原道真と並び称されていたとも言われています。

 

この歌は、藤原師通の家で開かれた歌合で「遙かに桜を望む」の題で歌われました。

 

「高砂」は「高い山」で、「尾の上の桜」は「尾(峰)の上」です。

「外山」は人里に近い山の意味です。

 

この歌では、かすみを擬人化し「立たないで」と懇願する形をとり、本来この歌で伝えたい桜の美しさを間接的に表現しています。

春の風物詩である桜と霞が品よく組み合わされた一首です。

 

ちなみに、平安時代より前は、「かすみ」と「きり」に区別はなく、平安時代から春はかすみ、秋はきりとされました。

 

 

権中納言匡房は1041年生~1111年没。

後三条帝治下で、延久の善政を推進しました。

和歌のみならず、漢学や政治でもその能力を発揮しました。

 

 

 

74首目

憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ 激しかれとは 祈らぬものを

源俊頼朝臣

 

つれないあの人が私にふり向いてくれるよう、初瀬の観音様にお祈りはしましたが、初瀬の山おろしよ、お前のように激しく、冷たくなってくれと祈ったわけではないのになあ。

 

 

解説

歌の中にある「初瀬」とは、現在の奈良県桜井市を指す地名です。

山に囲まれた渓谷には、霊験あらたかな名刹として、京都の清水寺などと並び称される長谷寺がありました。

 

ここは古くから観音信仰の霊場とされ、同時に、山から冷たく激しい風が吹き下ろす場所としても知られていました。

 

作者の源俊頼朝臣にはどうしてもふり向かせたい女性がいたが、相手は「憂かりける人」、つまり自分の想いに応えてはくれないつれない人だった、という様子が窺えます。

そこで、確かなご利益があることで知られる長谷寺に参り、祈った。

しかし、結果は関係性がよくなるどころか、相手の態度はますます冷たくなってしまいました。

その様子を、まるで初瀬の山から吹き下ろす、冷たく激しい風のようだったと詠んでいるのです。

 

長谷寺は平安時代、恋愛成就を祈る女性に人気があったお寺で、『蜻蛉日記』や『更級日記』にも登場しています。

 

 

源俊頼朝臣は1055年生~1129年没。

大納言経信の子。

技巧を凝らした斬新な表現を得意とし、歌壇の革新的存在として注目を浴びました。

1124年には、白河法皇の命により『金葉和歌集』の選集を行っています。

 

 

 

75首目

契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり

藤原基俊

 

あなたが約束してくれた、させも草の露のような恵みのお言葉を命のように大切にしてきたのに、ああ、今年の秋もむなしく過ぎていくようです。

 

解説

作者の基俊は、かの有名な関白、藤原道長のひ孫です。

しかし、息子である光覚の活躍はあまり見ることができず、そんな中、興福寺の法会の講師にしてもらいたいと思っていました。

そのことを藤原忠通に相談したところ、「私を頼りなさい」という返事があったので、吉報を待っていましたが、結局、選ばれることはなかったそうです。

 

そんな、無助の出世を願ったものの、うまくいかなかったことを詠んだ歌です。

 

「させも(さしも草)」と「さしも(あんなにも)」との掛詞から、忠通に裏切られたことへの憤りがにじみ、「いぬ(過ぎる)」+「めり(だろう)」から息子の出世のチャンスを逃したことへの未練が感じられます。

 

中納言定家の父俊成は、基俊を歌の師として仰いでいたと言われています。

 

 

藤原基俊は1060年生~1142年没。

歌壇の指導者として活躍しました。

 

 

 

76首目

わたの原 こぎ出でてみれば 久方の 雲ゐにまがふ 沖つ白波

法性寺入道前関白太政大臣

 

広々とした海に漕ぎ出して見わたすと、雲と見間違えるような、沖の白波が立っていることですよ。

 

解説

崇徳天皇が在位中の歌合にて、「海上の遠望」というお題で詠まれた歌です。

 

波と雲の境が分からないほどの大海原へとこぎ出す船に、摂政となり、これから政治を始める自身の立場、想いを詠んだのでしょう。

しかし、のちには暗雲が立ち込め、保元の乱で、作者は崇徳院と争うことになってしまいます。

 

「久方の」は「雲ゐ」にかかる枕詞で、「まがふ」は「区別がつかなくなる」という意味になります。

通常、「雲居」とは雲のいるところとして、空を指しますが、この歌では雲そのものを指しています。

 

法性寺入道前関白太政大臣

1097年生~1164年没。

藤原忠通のことです。

藤原氏の長として、太政大臣を務めました。

 

ちなみに保元の乱は後白河天皇と崇徳院兄弟の争いです。

作者は天皇側、作者の弟は院側に味方し、天皇側が勝利しました。

 

 

 

77首目

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ

崇徳院

 

川が岩にせき止められて二つに分かれてもまた合流するように、今は離れ離れになってもまた逢おう。

 

 

解説

崇徳院は天皇の子として産まれましたが、実の父親とは不仲でした。

弟に天皇の座を奪われるなど、過酷な運命をたどった人です。

 

この歌には、岩にせき止められて川の流れが二つに分かれていく様を、自分たちとの意思とは無関係に引き裂かれる恋人たちに喩え、川が再び合流するように自分たちもいつかはまた一緒になろうという思いが込められています。

 

「瀬」とは川底が浅く、流れが速い場所のことです。

「滝川」とは特定の地名ではなく、滝のように流れが速い川のことで、急流や激流といった意味になります。

川の流れの速さや激しさをくりかえし述べることで、恋人たちの熱量を表現しているのでしょう。

ここまでの上の句が序詞で、以下「われても末に」へと続きます。

 

「われても」が表しているのは、「川の流れが二つに分かれる」と「男女が別れる」という二つの意味です。

「末に」は「行く末」を示し、最後は強調の「ぞ」と「思ふ」を係り結びにして、再会に対する強い決意を表明しています。

 

保元の乱をおこして敗れた後に、讃岐に流された崇徳院。

その生涯を想うと、この歌も違った見え方がしてきそうな一首です。

 

ちなみに、保元の乱で敗れた崇徳院は、うらみ顔で髪の毛やひげを伸ばし放題にし、天狗の姿になったとも言われます。

そして、怨霊となり、京にたたりをもたらした崇徳院の魂は、死後700年が経ってから、京に迎え入れられました。

 

 

崇徳院は1119年生~1164年没。

鳥羽天皇の第一皇子で、第75代の天皇。

流刑先の讃岐国で崩御した。

 

 

 

78首目

淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に いくよ寝覚めぬ 須磨の関守

源兼昌

 

淡路島から海を渡って通ってくる千鳥の鳴き声に、幾夜、目を覚ましたことだろうか。

須磨の関守は。

 

 

解説

「千鳥」は水辺の小鳥の群れで、哀切を帯びた鳴き声が愛され歌のテーマにもよく使われました。

「須磨」はかつて、都から西国に向かう交通の要所で、関所もありました。

『源氏物語』須磨の巻で、老いた光源氏が「友千鳥 もろ声になく 暁は ひとり寝覚めの 床もたのもし」と詠んだ歌を踏まえての歌になっています。

 

ちなみにこの歌には、兼昌が実際に須磨に行って詠んだという説と、行かずに詠んだという二つの説があります。

 

 

源兼昌は生没年不詳。

官位に恵まれず、出家。

藤原忠通の主催する歌壇で活躍しました。

 

 

 

79首目

秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ

左京大夫安顕輔

 

秋風によって長く引いた雲と雲の切れ間から、こぼれ出る月の光は、なんと清く澄み切って明るいことでしょう。

 

解説

崇徳院にささげたとされる百首歌(いくつかの決められた題にそって詠んだ歌を、百首合わせたもの)の中の一首です。

この歌にある「かげ」は光を意味します。

同じ言葉でも、昔は現代と違う意味で使われていた典型です。

 

「さやけさ」は清らかですっきりした様子を示す名刺で、月光が澄んで明るい様子を表現しています。

 

 

左京大夫顕輔は1090年生~1155年没。

白河上皇の院近臣として活躍しました。

左京大夫というのは、平安京の朱雀大路を中心に東側を取り締まる長官です。

天皇の住まいから見て右が右京、左が左京です。

 

 

 

80首目

ながからむ 心も知らず 黒髪の みだれてけさは ものをこそ思へ

待賢門院堀河

 

末永く私のことを愛してくださるという、あなたの心が確かなものかが分からず、会って別れた今朝の寝乱れた黒髪のように、私の心も乱れて、もの思いに沈んでいます。

 

 

解説

この歌は、後朝の文をもらった女性が、返歌として贈ったという設定です。

「ながからむ」は末永く変わらないだろうという意味で、「長い」は「黒髪」「乱れて」の縁語です。

相手から末永くあなたを想い続けると文が送られてきたけれど、それが本当かはかりかねて心乱れている、のです。

恋人への不安を表した繊細な歌であるとともに、「寝乱れた黒髪」のようにエロティックな表現まで盛り込んで、相手を煽る一面もあります。

平安時代の女性ならではの駆け引きだったのかもしれません。

 

作者は崇徳院の生母・待賢門院に仕え、この一首は崇徳院の命で作成した『久安百首』の一つでした。

 

この時代、黒くつややかで長い髪ほどもてはやされたため、貴族の多くの女性が身長よりも長く髪を伸ばしていました。

この作者も髪を長くのばしており、その長い髪に、自分の気持ちを重ねて詠んだのでしょう。

一夜明けて、乱れてしまった髪のように、将来のことを考えると心が乱れてしまった、と。

 

 

 

 

待賢門院堀河は生没年不詳。

崇徳院が天皇の位を退いたのちは、待賢門院とともに出家して、仁和寺に入りました。

 

 

ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう: ドラえもんの学習シリーズ

ドラえもんの国語おもしろ攻略 百人一首で楽しもう: ドラえもんの学習シリーズ