本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第八十一首~第九十首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第八十一首から第九十首を一気に学ぶ

 

81首目

ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明の 月ぞ残れる

後徳大寺左大臣

 

今朝、ホトトギスの鳴き声がした方角をふっと眺めてみたが、有明の月が輝いているだけだった。

 

 

解説

「ホトトギス」は夏になると日本に飛来する渡り鳥で、初夏を代表する事物です。

そのホトトギスの鳴き声がしたので、急いでそちらを見たら、「ただ有明の 月ぞ残れる」だったというのです。

 

ホトトギスの初音を聞くのは風流の一つでした。

声を聞くために徹夜をする者もいたくらいです。

 

動物や鳥の鳴き声が詠まれた歌は非常に多くあります。

中でも、ホトトギスは鳥の中で最多で、『万葉集』などによく登場します。

 

作者は、上の句では「ホトトギスの声がした」と耳でとらえた情景をよみました。

続けて下の句では「有明の月がうかんでいた」と、目にうつった情景を詠んでいます。

 

 

後徳大寺左大臣は1139年生~1192年没。

権中納言定家のいとこで、歌以外にも管弦の才能にも長けていました。

平安時代末期の公卿で、平清盛と政争を繰り広げました。

 

 

 

82首目

思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり

道因法師

 

つれない人のことに思い悩み、それでも命だけはあるが、辛さに耐え切れず涙が溢れてくる。

 

 

解説

どうしてもふり向いてくれない相手との辛い恋愛に耐える「命」とそれでも耐え切れずあふれ出てくる「涙」を対比させ、生きることの苦悩を詠った歌です。

 

一般的には恋の辛さを詠った歌と言われているが、作者の年齢などを鑑みて、「過ぎ去った人生そのものへの哀悼」とする解釈もあります。

 

ちなみに作者は崇徳院に仕えていたころ、部下に与える報酬を着服したそう。

憤慨した部下に着物をはぎ取られ、人前で裸にされたとのことです。

また、60歳をすぎても町なかでいさかいを起こして刃物を振り回したり、歌の判定に納得がいかないと判者に泣きついたりもしたと言われています。

 

道因法師は1090年生~1182年没。

80歳を過ぎてから出家し、晩年は比叡山で暮らしました。

90歳を超えてからも、歌合に出席したそうです。

 

 

 

83首目

世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

皇太后宮大夫俊成

 

世の中には悲しみから逃れる方法などないものだ。

思いつめて入ってきた山奥にさえ、悲しげな鹿の声が響いている。

 

 

解説

平安時代から鎌倉時代の初め、世の中は大変不安定で、作者の友人たちは次々に出家していました。

親しくしていた西行法師もその一人で、27歳だった作者にとっては大きな衝撃だったようです。

俊成も出家しようか迷いながら、山の中を歩き、鹿の鳴き声で出家の迷いを拭い去りました。

 

「道こそなけれ」は「方法がない」という意味です。

 

 

皇太后宮大夫俊成

1114年生~1204年没。

百人一首を選定した藤原定家の父親。

63歳で病におかされ、ついに出家します。

91歳で亡くなるまで、和歌をよりどころとして暮らしました。

後鳥羽院に仕え、『千載集』をまとめました。

 

 

 

84首目

ながらへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき

藤原清助朝臣

 

もしこの世に長く生きていれば、今のつらいこともまた懐かしく思い出されることでしょう。

つらいと思っていた昔が、今では恋しく思い出されるのですから。

 

 

解説

父との不仲により、不遇な青春時代を送った作者による、悲哀と希望の歌です。

『続詞花集』という歌集をまとめていましたが、完成間近で天皇が亡くなってしまいます。

そのため『勅撰集』という「箔」がつかずじまいになってしまいました。

 

「ながらへば」は「生きながらえていたら」で、「このごろ」はつらいことの多い現在を指しています。

 

 

藤原清輔朝臣は1104年生~1177年没。

『続詞花集』の撰者であり、父は藤原顕輔。

和歌のよみ方などについて解説した『袋草紙』や『奥義抄』を書きました。

 

 

 

85首目

夜もすがら もの思ふころは 明けやらで ねやのひまさへ つれなかりけり

俊恵法師

 

一晩中、つれないあなたのことを想って悩んでいるこのごろは、早く朝になってほしいのに、なかなか夜が明けなくて、朝日が差し込むはずの寝室のすき間さえ薄情に思えてきます。

 

 

解説

待っても待っても現れない恋人に一晩中想いをよせ、眠れずに朝を迎えた心情を表現した歌です。

 

この歌を詠んだ俊恵法師は男性です。

当時の時代背景を考えると、男性は待つ側ではなく、訪ねる側というのが常識でした。

この歌は、彼が女性の立場に立って詠んだ歌なのです。

 

「ねやのひまさへ つれなかりけり」という心理描写について、

「ねや」は「寝室」のことで、「ひま」は「すき間」を示します。

「さえ」には恋人だけでなく、寝室のすき間さえ」という意味が込められており、「つれなし(冷淡な、薄情な)」の連用形に詠嘆の助動詞「けり」をつけることで、「薄情に思えてくる」という心境を巧みに表しています。

 

百人一首の歌には「もの思ふ」という表現がよく出てきます。

「もの思ふ」は恋に思い悩む歌の決まり文句とされ、多くの恋歌に使われています。

 

 

俊恵法師は1113年生~1191年没。

大仏で有名な奈良県東大寺の僧でした。

祖父の源経信、父の源俊頼とともに、3代連続で百人一首に歌が選ばれています。

『方丈記』で知られる鴨長明の師でもありました。

作者の寺「歌林苑」ではよく歌合が開かれ、道因法師や藤原清輔朝臣などが出入りしていました。

 

 

 

86首目

嘆けとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな

西行法師

 

嘆き悲しめといって、月がもの思いをさせるのでしょうか。

いや、そうではありません。

それなのに、まるで月のせいであるかのように、流れ落ちる涙ですよ。

 

 

解説

「月の前の恋」というお題で詠まれた想像の歌です。

 

しんと静まり返った月夜に恋しい人を思い出し、流れ落ちてしまった涙。

その涙を月の姓にしたけれど、切なく苦しいこいごころはごまかしきれな、という心情を詠んでいます。

 

月がもの思いに耽る様子を表現するためによく用いられるモチーフであることを利用した、技巧的な一首になっています。

 

この歌では、月がわたしにもの思いさせると涙の理由を月のせいにしています。

このように擬人法を使った歌は百人一首にもたくさんあり、「夜もすがら~」や山桜を擬人化した「もろともに~」など、人間に語りかけるような表現が多くみられます。

 

ちなみに西行は「ねがはくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの 望月のころ」との歌通り、桜の季節に亡くなりました。

 

 

西行法師は1118年生~1190年没。

北面の武士として鳥羽上皇に仕えていましたが、23歳で出家しました。

出家前の名は佐藤義清。

『新古今集』の中では、最も掲載数が多い。

 

 

 

87首目

村雨の 露もまだひぬ 槇の葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮れ

寂蓮法師

 

にわか雨が通りすぎていき、まだその露もかわかない杉や檜の葉のあたりに、早くも霧が立ち上っている秋の夕暮れだなあ。

 

 

解説

木立ににわか雨が降ったあと、時間とともに変化する雨粒の様子を細やかに描写した歌です。

 

「村雨」はにわか雨のこと。

「槇」は真木、檜や杉のことです。

山間では、雨がやんだあと、木々からうっすらと霧が立ち上ることがあります。

 

「雨」「露」「霧」と形を変える水滴が際立って表現されています。

秋といえば紅葉というイメージからひと味違った一首となっています。

 

雨がよく降る日本では、雨の降り方や降る季節によって、さまざまな呼び名があります。

村雨のほかにも、春にしとしとと降る「春雨」、梅雨時に降り続ける「五月雨」、秋から冬にかけて降ったりやんだりする「時雨」など、和歌のなかにも様々な雨が詠まれています。

 

 

寂蓮法師は生年不詳~1202年没。

藤原俊成の養子でした。

『新古今集』の撰者になるも、途中で亡くなりました。

 

 

 

88首目

難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ 身を尽くしてや 恋ひわたるべき

皇嘉門院別当

 

難波の入り江に生える葦。

その葦を買った根っこの一節のように短い、ひと夜の仮寝の相手。

そんな相手なのに、生涯かけて恋い焦がれなくてはいけないでしょうか。

 

 

解説

掛詞が多用されている歌です。

「難波江」は摂津国難波の入り江のことで、当時は葦が群生する湿地帯でした。

葦は屋根を葺くのに使用されていたので、当時の人々にはなじみ深いものだったのでしょう。

 

葦の茎の節と節の長さが「一節」であり、短いことの象徴となっています。

歌では「ひとよ」と表現されていて、これが「一夜」との掛詞です。

 

さらに、葦の刈り根と掛かっているのが「仮寝」です。

旅先の仮の宿のことです。

つまり、刈り根の一節と仮寝の一夜で、わずかな間を表現しているのです。

 

「みをつくし」は、入り江を航行する船の目印として立てられた杭「澪標」と、身をほろぼすほどの恋を意味する「身を尽くし」との定番の掛詞になっています。

「葦」や「刈り根」「一節」「澪標」は縁語で、和歌でもよく登場する一群です。

 

作者の皇嘉門院別当は、右大臣兼実の家で開かれた歌合でこの歌を詠んだと言われています。

テーマは「旅宿に逢ふ恋」でした。

 

 

皇嘉門院別当

生没年不詳。

源俊隆の娘ですが、名前も詳細も不明です。

 

 

 

89首目

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする

式子内親王

 

私の命よ、絶えるのであれば絶えてしまいなさい。

このまま生きながらえてしまえば、秘密の恋を耐え忍ぶことができなくなり、人に知られてしまっては困るから。

 

 

解説

百人一首を代表するような恋の歌です。

「玉の緒」はもともとは首飾りなどで使う玉を貫いた緒(紐)のことで、ここでは「魂(玉)をつなぐ緒」を象徴しています。

 

「弱りもぞする」からは、ままならない自分の気持ちに懊悩する悲しみが伝わってきます。

 

詠み人の式子内親王は加茂神社斎院を勤めあげましたが、叔母に呪詛をかけた疑いや、九条兼実による財産横領、同母弟・以仁王の挙兵に連座など、波乱の人生を歩みました。

歌壇活動の記録は少ないですが、残る作品はどれも質が高く、三分の一以上が『千載和歌集』に掲載されています。

 

ちなみにこの歌は、定家との関係のことを詠んだ歌とも言われています。

というのも、定家の父親、俊成が、定家の部屋に入るとこの歌があったために、二人の関係を知った、と言われているのです。

 

 

式子内親王は1149年生~1201年没。

後白河天皇の第三皇女で、加茂斎院。

 

 

 

90首目

見せばやな 雄島の海人の 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず

殷富門院大輔

 

あなたに見せたいものです。

恋い焦がれるあまり流した血の涙をぬぐい、紅にそまってしまった私の袖を。

あの雄島の海人の袖でさえ、濡れに濡れても色が変わらないというのに。

 

 

解説

雄島は陸奥の枕詞であり、宮城県の景勝地・松島にある島の一つです。

和歌では「海人」と合わせられることが多くあります。

雄島の海人の袖は波で濡れるが、私の袖は恋の涙で濡れるといった連想が、和歌の世界では定番だったのです。

 

もともと、この歌は歌合の際に作者が100年ほど前の歌人・源重之が詠んだ「松島や 雄島の磯に あさりせし あまの袖こそ かくは濡れしか」を本歌取りして詠んだものです。

 

本歌取りとは、昔の名歌の一部を引用したり、アレンジして歌うことで、相応の知識とテクニックが必要になります。

殷富門院大輔は本歌取りの作品の多い歌人です。

 

「血涙」は中国古典に由来し、紀元前の『韓非子』にも登場します。

本来は怒り、悲しみ、悔しさなどから流す涙のことですが、当時の日本の歌壇では「強い恋心」のキーワードとして使われていました。

 

 

殷富門院大輔は1130生~1200年頃没。

若いころから後白河上皇の第一皇子・殷富門院に出仕。

女房三十六歌仙のひとりに数えられ、同時代の小侍従がよきライバルだったと言われています。

 

小学生のまんが百人一首辞典 改訂版

小学生のまんが百人一首辞典 改訂版