本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第九十一首~第百首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第九十一首から第百首を一気に学ぶ

 

91首目

きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む

後京極摂政前太政大臣

 

コオロギが鳴いている、霜がおりた夜の寒いむしろの上で、着物の片方のそでをしいて、一人で眠るのだろうか。

 

 

解説

ここでいうキリギリスは、現在でいうコオロギのことです。

「霜夜」はそのまま「霜の降る夜」を示し、「さむしろ」は「筵」と「寒い」の掛詞になっています。

いかにも、寒々しさを際立たせる描写です。

 

「衣かたしき」は「衣片敷き」です。

これは平安時代の風習を理解しておく必要があります。

当時、男女が共寝をする場合には、お互いの衣の袖を枕代わりにしていました。

つまり、衣を片方しか敷かない=独り寝の夜、ということです。

 

それが強調されるのが下の句の「ひとりかも寝む」で、「ひとりで寝るのだろうか」という疑問を呈しています。

 

もともとは「さむしろに 衣片敷き こよひもや 我を待つらむ 宇治の橋姫」『古今和歌集』詠み人知らず、と「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む」『拾遺和歌集』柿本人丸、を本歌取りしたものだと言われています。

 

妻に先立たれた作者が、となりに誰もいない寒い夜の寂しさを表現した一首です。

 

 

後京極摂政前太政大臣は1169年生~1206年没。

本名は九条良経。

土御門帝治下で摂政、太政大臣を務めました。

『新古今集』の仮名序を書きました。

 

 

92首目

わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かわくまもなし

二条院讃岐

 

私の着物の袖は、引き潮の時でも見えない沖にある石のように、ひとは知らないけれど乾く暇もないのです。

 

 

解説

「潮干」は、潮の水位が一番低くなることです。

その時にさえ「見えぬ 沖の石」と詠っているので、この石はほとんど海中にあることになります。

つまりずっと、濡れている石です。

 

そして、その石と同じくらい濡れているのが「わが袖」です。

古来より、袖が濡れる、のは、あふれる涙をぬぐうためであって、なぜ涙があふれるかといえば、つらい恋をしているから、なのでした。

濡れる袖は恋の涙の暗喩です。

 

「石に寄する恋」といいうテーマで詠んだ一首、「寄物陳思」がもとになっています。

これはモノに想いを寄せて詠う『万葉集』の時代から見られる手法です。

 

この歌は和泉式部の「わが袖は 水の下なる 石なれや 人に知られで かわく間もなし」という歌の本歌取りになっています。

 

この歌があまりにも鮮烈だったのか、二条院讃岐は「沖の石の讃岐」とも呼ばれたと言います。

 

 

二条院讃岐は1141年生~1217年没。

源頼政の娘で、二条天皇に出仕。

以仁王挙兵の関係で出家しました。

女房三十六歌仙のひとりに選ばれるなど、歌の才能を評価され、勅撰集にも数多くの歌が掲載されています。

 

 

 

93首目

世の中は 常にもがもな 渚こぐ 海人の小船の 綱手かなしも

鎌倉右大臣

 

世の中は常に変わらないであってほしいなあ。

波打ち際をこいでいく漁師の小舟が綱で引かれていく様子は、しみじみと心を動かされるものです。

 

 

解説

鎌倉の海で眺めた光景を詠んだ歌です。

漁師が引き綱を引く様子をとり上げて、変わることのない穏やかな日常が、ずっと続いてほしいという願いが込められています。

 

 

鎌倉右大臣は1192年生~1219年没。

鎌倉幕府をひらいた源頼朝と北条政子の次男・源実朝。

兄の急死により12歳で将軍となり、政治の世界に翻弄され、最期は28歳の若さで暗殺されました。

実朝は和歌やけまりなど京の文化にあこがれましたが、生涯一度も行けませんでした。

 

 

 

94首目

み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり

参議雅経

 

吉野の山の秋風が夜更けに吹き渡り、昔離宮があった吉野の里は冷え込み、衣をうつ砧の音が寒々と聞こえてきます。

 

 

解説

奈良の吉野山はかつて天皇の離宮があり、栄えた里です。

現在でも桜や紅葉の名所ですが、この歌の吉野は冬。

にぎやかさとは無縁で、寒風吹きすさぶ夜、「衣うつ」音だけが響くのです。

 

坂上是則の「み吉野の 山の白雪 つもるらし ふるさと寒く なりまさるなり」の本歌取りです。

かつて天皇の離宮があった地として栄えた場所が、ひっそりと姿を変えてしまったさびしさも感じられます。

 

砧というのは、木づちや石の台のことです。

当時、衣服の布はかたかったため、衣を打つのは晩秋の女性の役目でした。

 

 

参議雅経は1170年生~1221年没。

後鳥羽上皇の近臣として活躍しました。

また、『新古今集』の撰者のひとりで、けまりの才能にも長け、飛鳥井流の祖となりました。

 

 

 

95首目

おほけなく 憂き世の民に おほふかな わが立つ杣に 墨染の袖

前大僧正慈円

 

身の程知らずな発言ですが、このつらい世に生きる人々に、覆いをかけてあげましょう。

この比叡山に住み始めてから身に付けている墨染のそでを。

 

 

解説

10才のときに父親を亡くしたことをきっかけに出家し、延暦寺で修行をはじめた頃の作者が詠んだ、僧としての決意表明の歌です。

当時は貴族の時代から武士の時代へと転換期を迎えており、疫病なども蔓延していました。

作者はそんな世の中を法力で救う決意を歌にしたのです。

 

歌が「おほけなく(おそれ多くも)」で始まるところにも、作者の謙虚な姿勢が表れています。

 

 

前大僧正慈円は1155年生~1225年没。

比叡山延暦寺を統括した高僧です。

30代後半で、天台宗の最高位の僧侶になりました。

西行法師と並ぶ僧侶歌人。

『新古今集』には91首の歌が収録されており、これは西行に次ぐ二位です。

 

 

 

96首目

花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

入道前太政大臣

 

桜の花を誘って散らす、はげしい風が吹く庭の、ふりゆくものは雪のような花ではなく、私の身なのだなあ。

 

 

解説

「ふりゆく」のひと言で、嵐で桜が「降りゆく」様と、自分が「古りゆく(老いていく)」様とを描き、自らの老いを実感しています。

 

作者は富も名誉も手にしていましたが、少しずつ年老いて、確実に死へ向かっていることにも気づきはじめていました。

舞い落ちていく花びらと置いていく自身を重ねた、繊細さを感じさせる一種です。

 

公経の繁栄の象徴は西園寺という別荘です。

この場所はのちに足利義満の手に渡り、金閣を建てたとされています。

 

 

入道前太政大臣は1171年生~1244年没。

本名は藤原公経。

鎌倉前期の歌人で、定家の義弟。

承久の乱では幕府側の味方につき、のちに政治の実権を握りました。

 

 

 

97首目

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ

権中納言定家

 

いくら待っても来ない人を待つ私は、松帆の浦の浜辺で夕方に焼かれている藻塩のように、あなたに恋焦がれ、この身をじりじりと焼かれるような想いでいます。

 

 

解説

小倉百人一首の選者である藤原定家本人による自選歌です。

恋人を待ち焦がれる女性の気持ちを詠った歌で、自らの一首を選べないでいた定家が、ある女性からの助言で選出したと言われています。

 

「まつほの浦」は、兵庫県淡路島北端にある海岸の地名で、「待つ」の掛詞になっています。

この地域では古くから製塩が盛んで、当時は海水を染み込ませた藻塩を焼き、水に溶かしてから煮詰めるという製法がとられていました。

「焼くや藻塩」という表現は、沿岸で海藻が焼かれる情景を表し、次の「こがれ」を導き出す序詞になっています。

 

「こがれ」には、「藻塩が焼けこげること」と「好きな人に恋い焦がれること」という二つの意味が込められており、浜辺の風景と女性の気持ちを重ねています。

 

「つつ」は反復の接続助詞で、「その状態が続いていること」を示しています。

定家は、このように心情を風景に重ねて読む心象表現を得意としていました。

 

「まつほの浦」は、百人一首以前は『万葉集』に一首、この地名が詠まれた歌があるだけでした。

百人一首にこの歌が選ばれたことから、歌枕として定着したと言われています。

 

 

権中納言定家は1162年生~1241年没。

『新古今和歌集』や『新勅撰和歌集』を選出したほか、『毎月抄』などの歌論書も執筆しました。

 

 

 

98首目

風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける

従二位家隆

 

楢の梢を涼しげな風がそよいでいる。

ならの小川の夕暮れはすっかり秋の気配となっている。

六月祓の行事だけが、今が夏であることの証になっているなあ。

 

 

解説

藤原道長の娘が後堀河天皇の中宮になるときに贈られた「屏風歌」です。

 

「ならの小川」は、奈良ではなくて京都市北区にある上賀茂神社のそばを流れる御手洗川のことです。

「風そよぐ なら」で、樹木の「楢」も掛かっていることがわかります。

「みそぎ」は6月30日に行われる神事「六月祓」を示しています。

 

古来より、6月と12月の晦日には、半年ごとの穢れを浄化するために大規模な神事を行っていました。

6月の神事は「夏越しの祓」ともいわれ、現在でも各地の神社で茅の輪くぐりが行われています。

上賀茂神社では現在でも、穢れを乗せた人形を「ならの小川」に流す神事が、厳かに行われているのです。

 

 

従二位家隆は1158年生~1237年没。

鎌倉時代初期の公卿。

『新古今和歌集』の選者のひとり。

藤原俊成の弟子で、寂蓮の婿養子だったといわれています。

後鳥羽上皇の院歌壇で活躍。

 

 

 

99首目

人も愛し 人も恨めし あぢきなく 世を思ふゆゑに もの思ふ身は

後鳥羽院

 

人を愛おしいと思うときもあれば、うらめしいと思うときもある。

この世をつまらないと思うがために、あれこれと思い悩んでしまう、私は。

 

 

解説

この歌を詠んだ当時、後鳥羽院は院政を行い、権力をほしいままにしていました。

が、武士を勢力を増す鎌倉時代において、朝廷と幕府との間で上手くいかないこともあったのでしょう。

 

この歌の「人」は、世の中にはいろんな人がいるという解釈が一般的ですが、一人の人間の二面性を指すという見方もあります。

 

 

後鳥羽院は1180年生~1239年没。

4歳で天皇になるも、19歳で譲位しました。

第82代天皇。

のちに「承久の乱」のため隠岐に流され、最期は流刑地で崩御。

 

 

 

100首目!

百敷や 古き軒端の しのぶにも なほ余りある 昔なりけり

順徳院

 

宮中の古びた軒のはしに生えているしのぶ草を見るほどに、いくらしのんでもしのびつくせない、昔の天皇の治世であることよ。

 

 

解説

貴族文化の終焉を感じさせる歌です。

作者が天皇であった二十歳の頃、宮中で詠まれた歌ですが、当時は貴族に変わって、武士が政治を執り行っており、映画を誇った平安の王朝は衰退していました。

 

行き詰った皇室の未来を嘆いた作者が、平安中期の頃の華やかな時代をしのび、軒のはしに生えた「しのぶ草」に掛けて詠んだものです。

 

和歌の才能に優れていた作者は、佐渡へ流された後もなお、和歌を詠み続けたと言われています。

 

「ももしき」というのは宮中のことで、「たくさんの石で築いた城」からできた言葉です。

「しのぶ」は「しのぶ草」と「(昔を)しのぶ」という二つの意味がこめられた掛詞です。

 

しのぶ草は家の軒先などに生える草のことで、家や庭が荒れている様子を表しています。

 

 

順徳院は1197年生~1242年没。

後鳥羽天皇の皇子で、第84代天皇。

和歌の才能にめぐまれ、親交のあった権中納言定家から和歌を習いました。

承久の乱に敗れ、佐渡へ流されその地で生涯を終えました。

 

 

 

まとめ

天智天皇と持統天皇の親子ではじまり、後鳥羽院と順徳院の親子で終わる百人一首です。

その間の歌は、ほぼ時代順に並んでいます。

その期間は約600年分。

 

「ももしき」は、天智天皇がおさめた都(近江京)もさしていて、天智天皇の歌を思い起こさせることで、百首が輪のように繋がるしかけがあるのかもしれません。

 

百人一首がよくわかる

百人一首がよくわかる