本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【おすすめ絵本】『水曜日の本屋さん』【読み聞かせ】

 『水曜日の本屋さん』

水曜日の本屋さん

水曜日の本屋さん

  • 作者: シルヴィネーマン,オリヴィエタレック,Sylvie Neeman,Olivier Tallec,平岡敦
  • 出版社/メーカー: 光村教育図書
  • 発売日: 2009/11/01
  • メディア: 大型本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 『水曜日の本屋さん』

光村教育図書

シルヴィ・ネーマン:文

オリヴィエ・タレック:絵

平岡敦:訳

 

あらすじ

学校がお休みの水曜日、わたしは、いつも本屋さんへいく。

すると、いつもきまって店にくるおじいさんがいた。

 

わたしは絵本が大好きだけど、おじいさんが読んでいる本は、それとはまったくちがっている。

おじいさんは、ぶ厚い本を少しずつ読んでいた。

 

題名を見て、わかった。

それは戦争の本だった。

 

どうしておじいさんはそんな本を読むんだろう?

戦争の本がおもしろいのかな。

 

絵本を読んでいると、くすくす笑うこともある。

おじいさんは、ときどきポケットからハンカチをとりだし、ゆっくり涙をふいていた。

 

わたしが見ているのに、ある日、おじいさんが気がついた。

「年をとると、涙もろくなってね」

本当に、それだけなの?

 

いつもよりいくのが遅くなったある日、おじいさんはもう帰りじたくをしていた。

何をするのもゆっくりのおじいさん。

店を出るとき、本屋のおねえさんに、

「この本が、売れてしまわなければいいけれど」

といっていた。

 

そんなに好きな本なら、どうして買わないのかしら?……

 

 

感想

余白と余韻にあふれた一冊です。

水曜日の本屋さんには、やさしい、静かな時間が流れています。

 

わたしは絵本を、そして、おじいさんはぶ厚い戦争の本を読んでいて、ときおり涙しているおじいさんを、わたしはそっと見ていたりします。

 

本屋さんというよりも、どこか図書館のような場所で、登場人物もわたしとおじいさんと本屋のおねえさんだけです。

 

でも、そこにある見えないドラマが、読み進めているうちに少しずつ浮かび上がってきます。

 

読者は、純真無垢なわたしといっしょに、おじいさんのふしぎな行動にいろいろなことを考えさせられます。

いつもゆっくりじっくり読んでいる本があって、どうして、買わないんだろう?

お店を出ていくおじいさんの丸まった背中は、まるでサンタクロースのようで、背負ったふくろには何が入っているんだろう?

 

ラストはやさしい気もちで本を閉じることができました。

静かで温かな、冬の日のろうそくの明かりのような絵本です。