本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

『字のないはがき』角田光代、向田邦子、西加奈子【新刊情報】

絵本ナビの新刊情報をながめていると、すごいメンツの作品を見つけてしまいました。

 

それがこちら。

字のないはがき

字のないはがき

 

作者を見ると、角田光代、向田邦子、西加奈子となっています。 

 

出版社による内容紹介を引用します。

【教科書にも載っている実話を絵本化!】
このお話は・・・
脚本家、エッセイスト、直木賞作家である
故・向田邦子の作品の中でもとりわけ愛され続ける
名作「字のない葉書」(『眠る盃』所収、1979年講談社)が原作。

戦争中の、向田さん一家のちいさな妹と、
いつも怖いお父さんのエピソードを綴った感動の実話です。
向田邦子さんのちいさな妹・和子さんが主人公。
ぜひお子さまと語り合って欲しい作品です。

【あらすじ】
戦争時代、ちいさな妹が疎開するとき、お父さんはちいさな妹に、
「元気なときは大きな○を書くように」と、たくさんのはがきを渡しました。
しかし、大きな○がついたはがきは、すぐに小さな○になり、やがて×になり・・・。

【直木賞作家2人の夢の共演!】
当代人気作家の角田光代と西加奈子の最強コンビで
美しい絵本によみがえりました。
大の向田ファンで知られる角田光代の渾身の描写と
西加奈子の大胆な構図と色彩をぜひ堪能してください。 

 

原作は向田邦子さんであり、それを絵本用に文に起こしたのが角田光代さん、そして、絵本のための絵を描いたのが西加奈子さんということで、本が好きな方なら、これがどれほど豪華なメンツかはわかっていただけるかと思います。

 

『字のないはがき』

原作は教科書にも載った文章で、こちらのサイトで読むことができます。

 

 

それにしても、なんだか凄い本になっていそうです。

まだ、発売されていないので、予想でしかないのですが。

 

サラバ! (上)

サラバ! (上)

 

ご存じの方も多いかと思いますが、西加奈子さんは、小説だけでなく、絵画での表現についても注目されています。

こちらの記事に、画家としての活動に関するインタビューが掲載されていますので、よろしければ。 

画家としての才能も発揮する直木賞作家、西加奈子インタビュー | Portraits | THE FASHION POST

 

天は二物与えたりするのでしょうね、選ばれた人には。

単純に、好きで好きで、つきつめてきわめた結果なんでしょうけども。

 

どんな風に完成されているのか、楽しみです。

 

www.nahdaannun.com

 

www.nahdaannun.com

 

www.nahdaannun.com