本棚のすき間

絵本や小説、図書館についてなど、本全般について書いています。

『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延 大ヒットしそうな本

以前は土日のどちらかに分担場所の掃除をするようにしていたのだけど、この頃は休日はもう楽しいことだけをやると決めている。

なので、土日にしない分、月曜日にやることになる。

 

塾の仕事に専念してから、午前中は時間があるので、そこで掃除をする。

なので、月曜日はいろんな意味であまり嬉しくない。

 

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

 

先日、スーパーの本売り場にてふと見つけたこの本が面白かった。

ライティングの技術的なことはそんなに、というかぜんぜんないのだけど、それでも読み終わってもの凄くためになった気がするふしぎ。

 

自分が読みたいことを書く、ということが大切ということで、自分もこのブログを書いてきてもうすぐ一年だな、と。

ビジネス的に始めたわけではないし、わりと好き勝手なことばかり書いているブログだからいいんだけど、自分が読みたいことってなんだろうって考えてしまった。

 

これを書いたらこういう人に読んでもらえて、役に立てるかもしれないなと思いながら書いたことはあるけど、そんな風に考えたことはたぶんない。

自分が読みたいことを自分で書くって、むずかしい。

 

 

『読みたいことを、書けばいい。』はライティング系の本ではあるのだけど、読みものとしても面白かった。

ビジネス書の棚の前で立ち読みをしながら、笑ってしまうのをこらえなくちゃいけないくらい。

 

笑える文章が書ける人ってほんとに凄いと思う。

小説で言ったら、

国語入試問題必勝法 (講談社文庫)

国語入試問題必勝法 (講談社文庫)

 

清水義範さんの『国語入試問題必勝法』も大笑いしたし、

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)

 
くっすん大黒 (文春文庫)

くっすん大黒 (文春文庫)

 

町田康さんの文章もじわじわ笑いがこみあげてくるから好き。 

 

漫画みたいに、絵がとびこんできてわかりやすく笑えるというのとはちょっと違って、身体の奥の深いところに響いてくる感じがする。

笑えるおすすめの小説、ぜひ教えてください。

 

www.nahdaannun.com

 

www.nahdaannun.com