本棚のすき間

読書・書店・学校図書館についてのあれこれ

【百人一首】第二十一首~第三十首 現代語訳と解説 まとめ

百人一首 第二十一首から第三十首を一気に学ぶ 百人一首 第二十一首から第三十首を一気に学ぶ 今来こむと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな 訳 解説 吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ 訳 解説 月見れば ちぢにも…

【百人一首】を第一首から学ぶ(81・82)

百人一首を第一首から学ぶ(81・82) 81首目 ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明の 月ぞ残れる 後徳大寺左大臣 訳 今朝、ホトトギスの鳴き声がした方角をふっと眺めてみたが、有明の月が輝いているだけだった。 解説 「ホトトギス」は夏になる…

【図書館】学校の怪談【本当にあった怖い話】

私が勤務している小学校の図書館は、アレが出るということを転任前から聞かされていました。 前任の先生から聞いていた話では、まず、カウンターに貸出用のパソコンがあるのですが、そのパソコンをシャットダウンしても、電源が勝手に入ってしまうとのこと。…

学校司書じゃなくなった夜に思うこと

突然ですが、これを読んでくださっているあなたは、子どもの頃、本は好きでしたか? 子どもの頃から本が好きで、今も好きという方。 子どもの頃は本が好きだったけど、今はそうでもないという方。 子どもの頃は本が好きじゃなかったけど、今は好きという方。…

【百人一首】を第一首から学ぶ(79・80)

百人一首を第一首から学ぶ(79・80) 79首目 秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ 左京大夫安顕輔 訳 秋風によって長く引いた雲と雲の切れ間から、こぼれ出る月の光は、なんと清く澄み切って明るいことでしょう。 解説 崇徳院…

【百人一首】を第一首から学ぶ(77・78)

百人一首を第一首から学ぶ(77・78) 77首目 瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ 崇徳院 訳 川が岩にせき止められて二つに分かれてもまた合流するように、今は離れ離れになってもまた逢おう。 解説 崇徳院は天皇の子として産…

【百人一首】を第一首から学ぶ(75・76)

百人一首を第一首から学ぶ(75・76) 75首目 契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり 藤原基俊 訳 あなたが約束してくれた、させも草の露のような恵みのお言葉を命のように大切にしてきたのに、ああ、今年の秋もむなしく過ぎていく…