本棚のすき間

絵本や小説、学校図書館のあれこれ

【レビュー】『日本村100人の仲間たち The HOPE』

新型コロナウィルスの話題を、以前ほどあまり耳にしなくなってきました。 八月後半辺りから、どことなく、新規感染者数等への関心が薄れはじめ、それまでの意識がなあなあになってきているような感じも(自分だけかもしれませんが)。 いま、なあなあと言い…

作家になってからのこと

久しぶりのブログだ。 なんだろう、この実家のトイレのような安心できる感じ。 最近のことをつらつらと書いてみる。 小説。 読む方じゃなくって、書く方の話。 このブログでそういう話をしたことがあったかは忘れてしまったけど、ずっと、ひっそりと小説を書…

「反省」という名のもとでする読書の話

罪を犯してしまった生徒の「反省」として、読書をさせることになったので何か適当ないい本はないかと、学年主任の先生が図書館に来た。 個人的には、読書は何かを「反省」するために行うものではないと思っているし、学校司書としても、そのような意図で、読…

高校の司書になって三ヶ月目の反省と分析

高校の司書になって、3か月が経った。 そんな感じがしないのはコロナのせいなのだろうか。 ここまでの3か月間の統計をとって、昨年度の同月の貸出数との比較をしてみた。 小学校の図書館に勤務していた時も、貸出数とかっていうのは目安にしかならないと思…

虫愛ずる女子とげらげら笑う男子

朝の図書館にはあい変らずあんまり人が来ない。 どちらかというと、朝のホームルームが終わって、一時間目が始まるまでの間の時間にふらっとやって来る。 漫画とライトノベルが人気。 まあ、高校だしそんなものなのかな。 お昼休みになって十分程経つと、常…

中村航さんの純文学とライトノベルの話

最近、この本を読んだ。 BanG Dream! バンドリ (電撃文庫) 作者:中村 航 発売日: 2019/01/10 メディア: 文庫 中村航さんの作品で、いわゆるライトノベルのレーベルとされる電撃文庫から出ているもの。 中村航さんをどれだけ好きかについては、この記事に書い…

高校司書一年目の今年度の目標

分散登校が続いている。 六月になればどうやら通常登校に戻るようだけど、どうなんだろう。 東京ではまたクラスターが発生したとかいうニュースも見かけたし、どこかの学校でクラスターが発生した、ということになれば、また休校、分散登校になる可能性は高…